デジタルリマスター 2023年11月6日

秋のプールで情緒を感じたい(デジタルリマスター)

水のない秋のプール

調べると秋のプールは先に書いた駒沢公園のプールみたいに大体はフェンス越しからしか見ることができなかった。それでは情緒はなく結局は出歯亀になってしまう。さてどうしたものかと思っていたら、立川にある昭和記念公園内のプールなら誰でも少しだけだけれど入れることが分かった。

11_photos_v2_x2.jpg
レインボープールと言うそうだ

ここもメインとなるプールはフェンス越しに見ることになるが、一部のプールは水が抜かれた状態で誰でも入ることができる。従業員でもない限り、プールといえば水が入っているのが当たり前だから、からの状態のプールはどこか目新しい。

12_photos_v2_x2.jpg
なんか情緒がある
13_photos_v2_x2.jpg
水の代わりに枯葉。情緒だよ

本来あるもの(水)がないというのは情緒があった。そして、楽しかった。実は僕はお風呂以外では濡れるのが嫌で、海には行くけれど浜辺まで。プールなどにはもう何年も行っていない。高校時代はプールの授業があって、嫌で嫌で仕方がなくて本気で栓を抜いてやろうかと考えていた。だから、水のないプールは、僕にとって初めてプールを楽しいと思った瞬間だったかもしれない。

14_photos_v2_x2.jpg
幼児プールも楽しい

幼児プールにもデパートの屋上の寂れた遊園地を見た時のような情緒があった。また幼児プールは子供のいない僕には入る機会がないので新鮮だった。もし夏場に僕が入ろうものならば、そのプールで子供を遊ばせていた親御さんは一斉に子供をプールからあげると思う。だから、秋のプールは僕のような人にとってはある意味、立ち入り禁止の向こう側にいけるチャンスなわけだ。

15_photos_v2_x2.jpg
楽しくて10枚くらい撮りました
水のないプール
情緒:☆☆☆
楽しさ:☆☆☆☆☆
いったん広告です

フェンス越しにメインのプールを見る

レインボープールには先に書いたようなプール以外にも、今は入れないけれどスライダーもあるし、流れるプールもある。きっと夏場はレインボープールと名づけたくらいなのだからとても綺麗なのだろう。しかし、秋のレインボーは緑一色だ。

16_photos_v2_x2.jpg
おぉ~緑
17_photos_v2_x2.jpg
新緑の季節だ

日本では虹は7色と言うことになっているが、国や地域によって5色だったり、6色だったりする。2色と言うところもあるそうだ。だから、レインボーが緑一色でも問題ないのだと思う。秋の虹は1色なのだ。

18_photos_v2_x2.jpg
秋のレインボー(1色)を見る

具体性のない情緒がある

フェンス越しだけれどこのプールには情緒があった。
秋の海には、昔の恋人が結婚したと聞いた時のような情緒があった。そして、このプールには昔の恋人の名前をインターネットで検索するかしないか悩んでいる時のような情緒を感じた。プールの情緒は、海と比べると少し具体性にかける情緒なのだ。

19_photos_v2_x2.jpg
情緒を感じますな~

同じフェンス越しでも、駒沢公園のプールでは情緒を微塵も感じず、こちらのレインボープールでは情緒を感じたのは規模だと思う。こちらは先にも書いたようにスライダーや波の出るプールなどがあり、夏場はものすごく活気があったことが容易に想像がつく。そういう夏場うるさかったところが静かだと情緒を感じるのだと思う。

20_photos_v2_x2.jpg
秋のプールの風物詩「エア水かけ合い」。情緒ですな
規模の大きなプール
情緒:☆☆☆☆

海が遠い人はプールで情緒を

人は情緒を感じたい生き物だ。じゃないと、泳ぐでもなく水着の女性がいるわけでもないこの季節に海に行く理由がない。人は情緒を感じたいのだ。そして、秋の海が情緒を一番感じることができる場所なのだと思う。でも、家が海から遠いとか、海なし県とかだって場合もある。そういう時は規模の大きなプールをオススメしたい。水がないプールもあればなおよしだ。情緒の宝庫で、思わず情緒不安定になりそうだった。

21_photos_v2_x2.jpg
アスレチックとしても楽しい

 

<もどる ▽デイリーポータルZトップへ

banner.jpg

 

デイリーポータルZのTwitterをフォローすると、あなたのタイムラインに「役には立たないけどなんかいい情報」がとどきます!

→→→  ←←←
ひと段落(広告)

 

デイリーポータルZは、Amazonアソシエイト・プログラムに参加しています。

デイリーポータルZを

 

バックナンバー

バックナンバー

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ