特集 2019年10月30日

パジャマを着てフォークダンスをしたら夢の中みたい

フォークダンスの一つ「ジェンカ」を踊っています

最近、仕事がうまくいっていない。遊びもおもしろくない。家の中でくさっている日々が続いている。現実はこんなにも厳しいのか……。そう思うことしきりである。

いや、現実がダメなら「夢」はどうだろうか。夢の中なら全てがハッピーだ。そこで「パジャマを着てフォークダンスを踊ってみる」ことにした。夢の中っぽいだろう。
 

本業は指圧師です。自分で企画した「ふしぎ指圧」で施術しています。webで記事を書くことをどうしてもやめられない。(動画インタビュー)


前の記事:築地の魚卵専門店で魚卵におぼれる

> 個人サイト ふしぎ指圧

夢の中みたいないいお天気

002.jpg
集まってしまった人たち

フォークダンスには相手が必要だ。代々木公園に集まってくれたのはライターの北向ハナウタさん(左)と、編集部の藤原浩一さん(右)である。
 

003.jpg
晴れてるな~

ここ数日天気が悪かったのだが、今日は過剰なほどの晴天だ。昨日までは家の中に閉じ込められていた人も多いだろう。みな、まるでそれを取り戻すかのように遊んでる。

この光景だけで夢の中のように思えてくる。絶好の「パジャマを着てフォークダンスをしたら夢の中みたい」日和と言えよう。
 

004.jpg
準備は手早く

さっとパジャマに着替えて、ナイトキャップをかぶる。夢の中っぽくするための熊のぬいぐるみも持って来た。過去に似たような企画を2回やっているので、もう手慣れたもんである。

005.jpg
最高だな

パジャマになると、ここ最近の憂鬱な気持ちが嘘のように消し飛んでゆく。思わず走り出してしまった。

すぐ近くにはドッグランがある。僕はさきほどパジャマを準備しながら、犬が走り回っている様子をなんとなく横目で見ていた。今の僕はあの犬と同じだ。
 

006.jpg
ほんと最高

メガネを外しているので(なぜなら夢の中ではメガネは不要だから)この時の僕は前がよく見えていない。それなのに全力疾走しながらこんなにニコニコしている。

これはやべえやつだな……。そう思えるのは、後になってからの話だ。

撮影している編集部の古賀さんが「あー、夢っぽいですね、いいですね」と褒めてくれたので、僕はうれしくてしょうがない。

なお念のために書いておくと、公園での撮影許可はとっている。パジャマではしゃぐことは、誰にもとがめられない。
 

いったん広告です

野外でのパジャマ未体験の2人も合流
 

007.jpg
緊張気味の2人

北向さんと藤原さんもパジャマになった。こちらに近寄ってくる2人の足どりがなぜか重い。

008.jpg
素足でやってます

聞いてみたら「裸足で草の上を歩くとゴツゴツしていて、なんか恐い感じがする」とのこと。確かに草って意外と固い。僕は2人に言われて初めて気がついた。
 

009.jpg
3人集合してキメの写真を撮った

2人の表情がまだ固いけど、だいぶ夢の中っぽいのではないのだろうか?

とりあえずフォークダンスを始めたい。事態が進行するにつれて2人の緊張も解けていくことを期待しよう。
 

パジャマでジェンカを踊る
 

010.jpg
これからジェンカを始めます

まずはフォークダンスの中でもかんたんな「ジェンカ」をやってみたい。一列に並んで肩を前の人の手に置く。
 

011.jpg
左足を出す
012.jpg
右足を出す
013.jpg
前にジャンプ
014.jpg
後ろにジャンプ

さらに前に3回ジャンプする。うん、やっぱりかんたんだ。

015.jpg
ワハハハハ

僕たち3人の表情を見てほしい。満面の笑みである。なにがそんなに楽しかったのか、と言われるとちょっと思い出せないのだが、これは「苦しみのない夢の世界」ではないだろうか。

いま「3人の表情」と書いたが、先頭にいるぬいるぐるみの熊の表情も笑っているように見えはしないか。特に口元。

ぬいるぐみが笑うのは夢の世界の出来事である。やはりパジャマを着てフォークダンスを踊ると夢の中みたいになるということが証明された。

……と思うんですが、どうでしょうか。
 

オクラホマミキサーを踊る

016.jpg
オクラホマミキサー

次はオクラホマミキサーだ。2人一組になって、対面の人と手を繋ぐ。

017.jpg
タンタタタンタタ…… タンタタタンタタ…… タンタタタンタタ タッ タッ タッ

テトリスの時に流れるあの音楽だ。あるいは途中で「パンッ」という手拍子が小気味よく入る。

018.jpg
ぬいぐるみ入れたら全然できなかった

やってみたのだが、けっこうむずかしい。ジェンカにくらべて振り付けがやや複雑である。

さらに熊のぬいぐるみを入れたのが、よくなかった。なにがなんだかわからないことになってしまっている。

しかしなにがなんだかわからない夢というのも実際にはあるので、これはこれでありなのかもしれない。
 

 

だるまさんが転んだ

019.jpg
だ~る~ま~さんが

せっかくだからいろいろやってみた方がいい。「だるまさんが転んだ」が始まった。

020.jpg
ころんだっ!

やばい。強烈に夢の中みたいな写真が撮れた。
 

021.jpg
まーてー

この写真も夢の中みたいだ。光の加減ででそう見えるのだろうか。それとも「追いかけられる」というシチュエーションだろうか。

見れば見るほどに既視感を感じる。ふしぎとしか言いようがない写真だ。
 

022.jpg
みんな若くない

ここまでやってみたらみんな息切れしてしまった。夢も楽ではない。
 

だんだんわからなくなってきた

023.jpg
はっけーよーい

相撲をとってみることにした。悪ノリ、という気もするが、最初からずっと悪ノリをしている可能性も否定できないために、止める者はいない。
 

024.jpg
のこったー

この光景は夢っぽいだろうか? 僕には判断がつかなくなってきた。

025.jpg
かったー

判断がつかないのは夢の中から出てこれていないからかもしれない……。
 

026.jpg
組体操「やぐら」

逆光で人の顔がよくわからない。こういうのって夢でよくある光景だと思う。ただ、組体操をする夢、というのは見たことがないけれど……。

027.jpg
スヤスヤ…… スヤスヤ……


寝ている光景が一番夢っぽいのでは? と思って撮ったのだが、たんに「よく寝ている人」の写真になってしまったかもしれない。3人とも寝ている人の演技がうますぎる。

いったん広告です

撮影を終えて

後日、参加した2人の感想を聞いてみた。
 

028.jpg
北向ハナウタ
撮れた写真と同じくらい参加した側も夢の中のような気持ちでした。個人的には生まれてはじめてフォークダンスを踊れたので、人生でやるべきことをひとつクリアできた気がします。
眼鏡を外して視界がぼやけた中で走ったり踊ったりしたら変なテンションが上がったのか、その日は少し小走りで帰りました。
029.jpg
藤原浩一
最初は裸足と裸眼への戸惑いがありましたが、あっという間に慣れました。
斎藤さんの熊のぬいぐるみがやはり夢感を高めてましたね。斎藤さんの夢に入れてもらってありがとうございました、という感じです。
裸眼で写真の確認がほとんどできなかったんですけどそんなことどうでもいいくらい張り切って楽しめました。

2人とも信じられないくらい丁寧でポジティブな感想である。ちなみに撮影には僕の妻も同行していたのだが、「楽しそうでうらやましかった」と言っていた。みんなが幸せになれた一日だったと言えよう。



 


夢は醒めるもの

今日は楽しかったが、また明日からつらい毎日が始まる。夢は醒めるものなのだ。またもしどうしようもなくつらくなったら、また僕はパジャマで走り回るのだろう。

その時には、またこのように公開するのでみんな見てくださいね。

▽デイリーポータルZトップへ

デイリーポータルZのTwitterをフォローすると、あなたのタイムラインに「役には立たないけどなんかいい情報」がとどきます!

→→→  ←←←

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓

 

今日のみどころ