特集 2022年6月22日

アンパンマンにいそうでいないキャラを考えよう

アンパンマンにまだ登場していない食べ物をキャラ化してみました

キャラクターの種類がメチャクチャ多いことでも有名な『それいけ!アンパンマン』。一説には2300体以上もいるとかいないとか……。

それだけいれば、この世のあらゆる食べ物を網羅していそうですけど、食べ物の種類はそれ以上に多いということで、意外とまだキャラクター化されていない食べ物も多いんですよね。

……ということで、アンパンマンにいそうだけど実はいないキャラクターを勝手に作ってみました。

1975年群馬生まれ。ライター&イラストレーター。
犯罪者からアイドルちゃんまで興味の幅は広範囲。仕事のジャンルも幅が広過ぎて、他人に何の仕事をしている人なのか説明するのが非常に苦痛です。変なスポット、変なおっちゃんなど、どーしてこんなことに……というようなものに関する記事をよく書きます。(動画インタビュー)

前の記事:文字だらけの雑誌表紙がさらにエスカレートしていました

> 個人サイト Web人生

2206_アンパンマンのキャラ_イラスト_001_01.jpg

2206_アンパンマンのキャラ_イラスト_001_02.jpg

2206_アンパンマンのキャラ_イラスト_001_03.jpg

2206_アンパンマンのキャラ_イラスト_001_04.jpg

2206_アンパンマンのキャラ_イラスト_001_05.jpg

いったん広告です

いてもよさそうな子どもたちの人気者

アンパンマンに出てくる食べ物キャラは、やはり基本的には子どもたちが好きな食べ物がメインです。パンやかつ丼、おむすび、お寿司やギョウザ、ハンバーガー……。

そんな中、子どもたちが大好きなあの料理はまだキャラ化されていないようです。

006.jpg
フライドポテトマン

「ポテトくん」「ポテトほあんかん」「ポテトン」「ジャガじいさん」など、じゃがいもモチーフのキャラクターはたくさんいるのに、なぜかいなかったフライドポテトのキャラ。子どもたちの中では、じゃがいも料理で人気ナンバー1だと思いますけどね。

揚げたてアツアツのフライドポテトで敵をぶっ叩いて戦うんでしょう。

あの「パンマン」に気を遣っているのか?

同じく、子どもたちのド定番大好物のアレもキャラ化されていません。

011.jpg
カレーライスマン

主要キャラとして「カレーパンマン」がいる手前、カレーライスの方は推しづらいという理由がありそうですが……。カレーパンよりもカレーライスの方が身近ですよね?

ちなみにカレー関連だと「カレーパンマン」の他、「カレーナ」「カレールーくん」「カレーどんまん」などがいます。

なぜカレーライスよりもカレー丼を優先したのか……!? 頭に皿を乗っけると、キン肉マンの「カレクック」みたいになっちゃうからかな?

ほとんどいない飲み物キャラ

種類の食べ物キャラがいるのに対し、ほとんどいないのが飲み物キャラ。哺乳瓶の形をした「みるくぼうや」くらいしか確認できませんでした。

「お茶づけサクサクさん」「チャツミちゃん」「ティーポットマン」などがいるので、この世界にも「お茶」は存在するんでしょうけど……。

ということで、子どもが大好きなあの飲み物をキャラ化!

005.jpg
コーラぼうや

ジュース系のキャラ、いそうでいないんですよね。「甘い飲み物はよくない」という教育的配慮からなんでしょうか!?

「コーラぼうや」は、怒ると「コーラ!」と言って、頭から炭酸を吹き出させると思います。

ちょっと前に流行った飲み物キャラ

もうひとつ飲み物キャラを。安定した人気を保っているコーラに対し、数年前にドカンと流行ったあの飲み物から……。

008.jpg
タピオカーナちゃん

ブームのタイミングで出てきていてもよさそうなものですが、長寿番組だけに、安易に流行には飛びつかないという方針なんですかね? 確かに「ティラミスマン」とか「ナタデココマン」とか「カスピ海ヨーグルトくん」とか「紅茶キノコちゃん」とかいないもんな……。

あっと言う間にブームは過ぎてしまいましたが……

ついでに、タピオカミルクティーブームのちょい後にブームがやってきたアレも。

007.jpg
マリトッツおじさん

パンの仲間だし、いてもいいのになぁ。

おそらくお腹のすいた子どもに、クリーム部分を中心に食べさせるんでしょう……気持ち悪いな。

もう食べられなくなってしまったあの料理

ブームとは逆方向に、もう食べられなくなってしまったアレもキャラ化しておきました。

010.jpg
レバさしくん

かつてはとても人気があったのに、今や違法な存在となってしまった悲しい少年。どんなにお腹をすかしている子どもがいても、決して頭を食べさせるわけにはいきません。

いったん広告です

なぜか多い「おしょう」キャラ

ここで、アンパンマンキャラのネーミングも分析しておきましょう。

やはり多いのが○○マン。

その他、○○くん、○○ちゃん、○○さん、○○おじさん、○○おばさん、○○じいさん……などなど、食べ物の名前に、この辺の接尾辞をつけると大体キャラ名になるというおおざっぱなフォーマットです。

さらに、○○おうじとか、○○ひめなんかも多いのですが、意外と人数がいるのが「○○おしょう」。

年寄り感、偉い人感、師匠感あたりを演出するのに便利な言葉なんでしょうか? それでは新しいおしょうキャラも作っておきましょう。

009.jpg
てばさきおしょう

頭を子どもに食べさせるときも、骨の抜き方の作法など、いろいろと口うるさそうなおしょうです。脂ぎってヌトヌトな手で木魚をたたいたりするんでしょうな。

魚介類キャラを一気に増やしておきましょう

お寿司系キャラを中心に、「てっかどんまん」「いくらどんちゃん」「アサリどん」「シジミちゃん」「エビくん」など、そこそこ人数はいるものの、他の料理に比べるとまだまだ少ない魚介類キャラ。この機会に一気に増やしてしまいましょう。

012.jpg
サザエさん
014.jpg
カツオくん
013.jpg
ワカメちゃん
015.jpg
アサリちゃん

いてもよさそうな感じはするけど……。どうして魚介類キャラがなかなか増やせないか、理由の一端が見えてしまった気がします。


キャラ量産の原動力となっている優秀なフォーマット

テキトーに選んだ食べ物に体をくっつけて、アンパンマンっぽい目・口・鼻を描き込むだけで、簡単に『アンパンマン』ワールドの住人っぽいキャラクターが作れてしまう、優秀なフォーマット!

これだけ膨大にキャラクターを量産できた理由がわかります。

原作者のやなせたかし先生が亡くなって以降も、おそらくキャラクターは増え続けているはずですが、そこで違和感をまったく感じないのは、アニメの制作者たちが、このフォーマットを完璧にマスターしているからでしょう。

それでも新キャラに悩んだら……「サザエさん」あたりを採用してください!

▽デイリーポータルZトップへ

デイリーポータルZのTwitterをフォローすると、あなたのタイムラインに「役には立たないけどなんかいい情報」がとどきます!

→→→  ←←←

 

デイリーポータルZは、Amazonアソシエイト・プログラムに参加しています。

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓

 

今日のみどころ