特集 2020年2月17日

「カロリー消費量」を競う、カラオケ大会が楽しかった

カラオケには、機種によってカロリーの消費量を計る機能が付いている。歌唱後、モニターに消費カロリーが表示されるのだが、あれってどうやって計っているのだろうか? 本当に正確なんだろうか? また、より多くカロリーを消費する歌い方のコツなどはあるのだろうか?

歌が下手な僕だが、カロリー消費量を競う勝負だったら勝てるかもしれない。そこで、カラオケ「DAM」を運営する第一興商に、歌唱におけるカロリー消費の仕組みを伺い、「カラオケのカロリー消費選手権」を開くことにした。

※カラオケでカロリーを表示する機能は、DAMシリーズのみに搭載されています

1991年生まれ埼玉育ち。編集プロダクション「やじろべえ」所属。服飾大学を出るも服が作れず、ライター・編集者を志す。

前の記事:日帰り出張が楽しくなる、ビジネスマンのための「新幹線マイルール」

> 個人サイト 小野便利屋

カロリー消費量は人によってバラバラ

というわけで、さっそく第一興商さんに、カロリー消費についてのアレコレをぶつけてみた。

—なぜカロリー消費量をカラオケに搭載するようにしたんですか?

「歌うだけでカロリーを消費できるということを世間に周知し、健康やダイエットの意味でも利用してほしかったからです。なお、1999年から導入を開始しました」(第一興商担当者、以下同)

—カロリー消費はどのように計算されているんですか?

「過去にスポーツクラブの協力を得て、『声の大きさ』と『発声している時間』を実験によるサンプルデータとかけ合わせ、算出しています。あくまでもデータ上の計算のため、数値は曲の長さ、曲調だけでなく、歌う人の年齢や体格、歌い方によっても変わります」

—どうすれば、より多くのカロリーを消費できるのでしょうか?

「消費カロリー値が高い曲を選ぶことが重要です。特徴としては『感情を込めて力強く歌うバラード曲」、『アップテンポで激しい曲」、『歌唱時間(発声時間)が長い曲」の3つです。さらに歌い方のコツとして“大きい声は消費カロリーが高いため、お腹に力を入れた腹式発声で歌唱すること”を意識するといいでしょう」

—消費カロリー値の高い曲だと、どのくらいの値までいきますか?

「例えば『睡蓮花』(湘南乃風)は21.3kcal、『Blizzard』(三浦大知)は20.2kcalを消費します。ちなみに、20kcalの消費は、体重55kgの方が約6分間(分速80m)ウォーキングしたときの運動量に相当します(出典:keisan)。また、消費カロリーの高い曲は毎年ランキングで発表しています」

なお、参考までに2019年のランキングが以下である。

2019年
1位「GOOD NIGHT BABY」あいみょん/18.7kcal
2位「Hoodstar」ヒプノシスマイク[Division All Stars] /18 kcal
3位「愛にできることはまだあるかい」RADWIMPS/17.3 kcal
4位「正解(18FES ver.)」RADWIMPS/17.3 kcal
5位「そっけない」RADWIMPS    /16.7 kcal
6位「ドレミソラシド」日向坂46/16.1 kcal
7位「Sing Out!」乃木坂46/15.8 kcal
8位「ハルノヒ」あいみょん/15.7 kcal
9位「君に届くまで」Little Glee Monster/15.5 kcal 
10位「恋人失格」コレサワ/15.4 kcal

※株式会社第一興商 通信カラオケDAM調べ。 2019年に通信カラオケDAMに配信した全楽曲の中から、 2019年のカラオケリクエストランキングトップ300を調査対象とし、 消費カロリー標準値が高い上位10曲を抽出

上位には、人気の歌手・曲が並ぶ。ヒット曲はカロリー消費という観点でも優れているようだ。最近太り気味の筆者としても、積極的にあいみょんを歌っていきたいと思う。

さて、ここからが本題。教えてもらったことをふまえ、競技化してみたい。

上手さじゃない、カロリーを競え!

題して「カロリー消費選手権」。歌の上手さではなく、カロリー消費量で競う大会である。

001.jpg

参加者は、左から林さん、べつやくさん、筆者の小野、北向さん、三土さんの5名。ルールは以下の通りである。

<ルール説明>

●歌うのは「課題曲」と、各々がチョイスする「カロリーを消費しそうな曲」の2曲

●1kcal=1ポイントとし、2曲の合計ポイントが高い人が優勝

●歌詞やメロディーを大きく変えなければ、歌い方のアレンジはOK

●(じゃんけんで決めた)歌う順番は三土さん、林さん、北向さん、べつやくさん、小野

以上。シンプルだ。なお、フェアに戦いたいので、第一興商さんに聞いたカロリーを消費する「曲の特徴」や「歌い方のコツ」は参加者に共有している。

002.jpg

まずはドリンクを選ぶ。ここから闘いは始まっていた。

三土「炭酸は喉に負担がかかるかな」

小野「僕は烏龍茶にします」

北向「烏龍茶は油分を分解するため避けたほうがいいですよ」

べつやく「温かい飲み物がいいんじゃない?」

林「コーヒーは大丈夫そうだね」

飲みたいものではなく、発声への影響を考慮する面々。真剣に取り組んでくれて有難い。

003.jpg

また、林さんは「喉を守るため」に部屋でもマフラーをとらず、

004.jpg

べつやくさんはのど飴や薬を持参。

大きな声でカロリーを消費するために、各々なりの調整が見受けられた。

<第1部 課題曲部門>

005.jpg

課題曲はレミオロメンの「粉雪」にした。「感情を込めて力強く歌うバラード曲」「歌唱時間(発声時間)が長い曲」というカロリーを消費する曲のポイントにマッチし、かつ、幅広い世代が歌えそうな曲でもある。ちなみに平均消費カロリーは14kcalとのこと。最低でもここは超えたい。

トップバッターは三土さん。カラオケにはあまり行かないという。

006.jpg

サビまでのメロディーはうろ覚えとのこと。探り探り歌いながら、サビまでの気持ちを盛り上げていく。

007.jpg

そして、待ってましたと言わんばかりにサビの「こなぁ〜〜〜ゆき〜」でカロリーを稼いでいく。

008.jpg

しかし、(カロリー的に)結果はふるわず。三土さんの粉雪は9.8kcal。平均消費カロリーである14kcalを下回ってしまった。声も出ていたし、最後までしっかり歌い切ったのになぜだろう? 三土さんの歌唱を受け、それぞれの分析が始まる。

林「歌い終わりはもっと伸ばした方がいいのかな?」

北向「できるだけ多く声(音)を入れた方がカロリーを消費できるんじゃないですか?」

べつやく「サビだけじゃなくて、歌い始めから大きな声を出した方が良さそう」

009.jpg

以上をふまえ、林さんのトライ。「粉雪」は初めて歌うそうだが、歌い出しから声量はマックス。喉をしっかり開き、歌の上手さを捨て「カロリーをとりにきている」ことが分かる歌い方だ。

序盤で飛ばしすぎたかサビの「こなぁ〜〜〜ゆき〜」がかすれるなど失速したが、全体的にパワフルなパフォーマンスだった。

010.jpg

得点(カロリーのこと。以下同)は12.6ポイント。平均点には満たないものの、分析のかいあって大きくスコアを伸ばすことができた。この時点でなんとなくカロリーを消費するメソッドは掴めてきたように思う。

011.jpg

しかも、林さんの歌唱は消費カロリーだけでなく、歌詞の理解も高かったようだ。

「表現力にシビれました」と機械は言っているが、林さん本人は特に表現した覚えはないとのこと。やや疑わしい分析レポートだが、カロリー消費とは関係ないためスルーしておこう。……いや、もしかしたら、感情を乗せることもカロリー消費に影響しているのか。

012.jpg

続いて、北向さんの挑戦。北向さんは元演劇部ということもあり、感情移入はもちろん、腹式発声もお手の物。

013.jpg

さすが演劇仕込みの腹式発声の歌声は力強く、よく通る。ただ単に大声を張り上げているという感じではない。

そして、カロリーとは関係ないが北向さんは歌が上手い。歌の採点もカロリーも、ハイスコアが出そうだ。

014.jpg

しかし、結果は11.9ポイントと低め。……あれ?

015.jpg

もしかしたら、途中で自分に合ったキーに調整してしまったことが原因かもしれない。うまく歌いたいという欲が仇となったか。

016.jpg

分析レポートでは高音域に難ありと指摘されていた。全体的にキーを上げることでAメロやBメロは歌いやすくなったものの、サビの「こなぁ〜〜〜ゆき〜」で躓き、思った以上の声量が発揮できなかったのではないだろうか。

カロリー消費カラオケ。単純な競技かと思ったら、意外と奥が深いのか……。

017.jpg

4番手のべつやくさん。腹式発声がしやすいスタンディングスタイルだ。さらに、この日のために「粉雪」を聞きまくり、さらに猛練習を重ねてきたとのこと。どこで盛り上げ、どこでカロリーを消費するか、戦略もばっちりだろう。

018.jpg

しかしながら、結果は11.8kcalと、またも平均の14kcalにさえ届かず。

これだけ準備し気合を入れて臨んだ僕らが平均にさえ届かないとは……。カラオケファンのレベルの高さがうかがえる。みんな、どんだけシャウトしているのか(もしくは我々の声量が極度に細いのか)。

019.jpg

最後は筆者の出番。DAMに聞いたコツに加え、独自のメソッドも取り入れたい。実はマイクを45度の角度に持つと、声をよく拾うという噂を聞いたことがあるのだ。優勝したいので、みんなには内緒にしておいた。

(※後で調べたらマイクの角度はヘッドの部分としっぽの部分が水平になるように持つといいらしいです。つまり、間違っている)

020.jpg

マイクの持ち方に加え(間違ってたけど)、初っ端から大きな声を出すことでカロリーをばんばん稼ぐ。音程やビブラートなどは度外視。声を「強く」発することだけに一点集中し、渾身の「こなぁ〜〜〜ゆき〜」を決めた。

021.jpg

得点は13.4ポイント。本日のベストスコアだ。

名前 課題部門 自由部門 合計
三土 9.8ポイント    
12.6ポイント    
北向 11.9ポイント    
べつやく 11.8ポイント    
小野 13.4ポイント    

というわけで、前半戦が終了。いったん、ここまでに得られた知見を整理しておこう。

●歌い終わりはいけるところまで伸ばす(なんなら次の歌い出しとつながるくらい)
●歌い出しからマックスの声量で歌う
●歌詞を理解する
●息が最後まで保てるキーに設定する
●スタンディング
●うまく歌いたいという気持ちを捨てる

これらをふまえ、後半戦は各々が考える「カロリー消費量が高いと思う曲」を熱唱していく。

いったん広告です

<第2部 自由部門>

022.jpg

まずは前半であまりカロリーを消費できなかった三土さん。

三土「大きな声が出しやすい曲をちゃんと考えてきましたよ」

023.jpg

三土さんの自由曲は「大地讃頌」。いきなり、合唱曲というトリッキーなチョイスがきた。

たしかに、自然と口を大きく開く合唱曲なら声を出しやすいかもしれない。歌唱時間も長く、スローテンポのため腹式発声を意識しやすいメリットもある。クレバーな三土さんらしい、練られた選曲といえる。

024.jpg

アルトパートを独唱する、三土さんの迫力ある歌声が響き渡る室内。これは20ポイントの大台にのったかもしれない。

025.jpg

あっけらかんとした表情にも見えるが、きっと二人の心には強く響いていることだろう。

026.jpg

気になるポイントは……と思ったら、出ない?

027.jpg

どうやら、カロリー消費量は「採点対応」の曲でなければ、算出ができないようだ。そして、大地讃頌は採点対象ではなかった。まあ合唱曲だしな。

028.jpg

というわけで急遽、三土さんには別の曲でトライしてもらった。

次に選曲したのは童謡「ドナ・ドナ」。やけくそになってしまったのだろうか?

029.jpg

と思いきや、カロリー消費を狙いドナ・ドナをロック調に歌い上げる三土さん。

三土「荷馬車がぁ〜!! 揺れるぅ〜揺れるよぉ〜!!」

激しいアレンジを加え、ひたすらにシャウトしている。市場に売られていく子牛の危機感がものすごく伝わってくる。歌詞をめっちゃ理解しているといえよう。

030.jpg

結果は7.6ポイント。表現力はすさまじかったが、カロリーにはつながらなかった。曲が短すぎたか。

林「今の三土さんみたいに、歌詞以外の部分の声って加算されてるんですかね?」

小野「マイクが拾った声の分は反映されている気がしますね」

べつやく「ドリカムみたいに間奏中もアドリブで歌った方がいいのかもね」

031.jpg

林さんの自由曲は「赤いスイートピー」(松田聖子)。これまた意外だ。どこにカロリー消費ポイントがあるのか聞いてみたら「好きだから(選んだ)」とのこと。なるほど、好きだからこそ(カロリー消費のコツである)感情を込められるというのはあるかもしれない。

032.jpg

序盤のしっとりしたパートも、元気よくハキハキと力いっぱい歌い上げる林さん。のっけから全開で飛ばしたことにより、本来は徐々に盛り上げ情熱的なサビを迎える曲の良さが消えてしまった。しかし、カロリーはかなり消費できていそうだ。

林「赤い〜スイートピィーーーーー、ピィーーーーーー、ピィーーーーーー」

高いキーは苦手な林聖子ちゃん。勢い余ってのりピーみたいになってしまったが、スコアはどうだろうか?

033.jpg

9.4ポイント。まずまずの結果だ。

なお、歌詞以外の部分を歌うべきか否か問題だが、とりあえず余計な付け足しをどんどんしていこうということになった。

034.jpg

3番手は北向さん。選曲は「トイレの神様」(植村花菜)だ。

選曲理由を聞くと「これ、とにかく長いんです」とニヤリ。なんと9分52秒もあるという。一般的な流行歌(って、いま言わないですね)は4分前後のものが多いため、ほぼ倍だ。ということはカロリー消費量も倍になる。がっつり勝ちにきたな、北向さん。

035.jpg

確かに、めちゃめちゃに長い曲である。ぜんぜん終わらない。しかし、悔しいかな北向さんの歌がうまいので聴けてしまう。さらに「歌詞以外の部分も歌う」メソッドをしっかり実践し、絶叫する。

北向「おばぁ〜〜〜ちゃ〜〜〜ん〜〜〜」

036.jpg

9分52秒を歌い上げた北向さんは疲労困憊。これはものすごい記録が出そうだ。

037.jpg

なんと20.1kcal!! 大会レコード、とんでもないスコアが出てしまった。これは誰も越えられまい。

038.jpg

しかし大会は続く。4番手はべつやくさん。選曲は「天城越え」(石川さゆり)である。初の演歌だ。
サビの歌唱時間が長く、腹式発声で力強く、感情を込めて歌う演歌は、確かにカロリー消費によさそう。天城越えならぬ、トイレ越えなるか?

039.jpg

べつやく「ヘーイ、天城越え! Yeah〜」

間奏をラップで埋め、カロリーを稼ぐべつやくさん。天城山を越えようとする2人が、ダボダボの服のイメージになった。これでは「天城 go ahead」だ。情緒ゼロ。

040.jpg

歌唱後、むせながら崩れ落ちる、べつやくさん。本当に天城峠を越えたかのような疲れっぷりである。

041.jpg
その疲労とは裏腹にカロリーは伸びず、消費量は11.6kcalだった。

042.jpg

そして、最後は前半戦1位の筆者。自由曲は大きな声が出せるようにと「大声ダイヤモンド」(AKB48)をセレクト。これまでバラードが多かったため「アップテンポで激しい曲」で攻めることにした。

余談だが筆者はかつて、ファンだった大島優子とのチェキ会で撮った写真を誰かにさらされ「きもいオタク」としてネットで中傷された過去がある。その悔しさもぶつけたい。

043.jpg

曲のイントロ中にはMIX(サイバー、ファイバーみたいなやつ)を入れ、カロリーを稼ぐ。

044.jpg

なのに結果は12.5kcalと、やはり北向さんには届かず。歌って踊って、コールまでしたのになあ。でも、考えてみたら踊りはカウントされないし、ついでにいうと間奏中に歌詞以外の余計な声を入れてもカロリーは加算されないらしいです(後で第一興商に追加取材して分かった)。……ラップもMIXも意味がなかったとさ。

045.jpg

名前 課題部門 自由部門 合計
三土 9.8ポイント 7.6ポイント 17.4ポイント
12.6ポイント 9.4ポイント 22ポイント
北向 11.9ポイント 20.1ポイント 32ポイント
べつやく 11.8ポイント 11.6ポイント 23.4ポイント
小野 13.4ポイント 12.5ポイント 25.9ポイント

というわけで、今回の優勝者は北向さん。
「感情を込めて力強く歌うバラード曲」かつ「歌唱時間が長い曲」という2大セオリーを忠実に守ったことが勝因でしょう。おめでとうございます!!

いやあ、しかし楽しかった。普段のカラオケだとうまく歌おうとしてつい「置き」にいってしまうが、カロリー消費カラオケはそんなこと気にせず熱唱できる。歌い終わりの爽快感がすごいのだ。

おまけ

少し時間が余ったため、今度は逆に「カロリー消費量の低い歌」を探してみることにした。

046.jpg

「トイレの神様」の歌唱時間が長かった分、今度は歌唱時間の短い曲を探してみた。すると、1分26秒の「かえるのがっしょう」を発見。

047.jpg

それぞれ、ウィスパーボイスや高い声などで試行錯誤。筆者もできるだけカロリーを消費しないよう、口をあまり開けず、リラックスした体勢で歌唱してみた。三次会の深夜3時くらいのカラオケで、こういう人を見たことがある。

048.jpg

しかし、どんなに省エネで歌ってみても1.4Kcalを下回ることはできなかった。もしかしたら、これが限界値なのかもしれない。


歌が下手でも勝てるのがいい!

カロリーを消費することに重点を置いたカラオケ大会。それぞれの工夫や頑張りが結果に表れ、なかなか楽しい遊びだった。何より、歌が下手でも一番になれるところがいい。

ちなみに、筆者がこの日に飲んでいた、りんごジュースのコップ1杯あたりのカロリーは約92kal(46kcal/100ml)。ということは、「粉雪」を7回も歌わないといけない計算となる。カロリーを摂取するのは簡単なのに消費するのって、めちゃめちゃ大変なんですね。

049.jpg
「わかめの唐揚げ」というトリッキーなメニューに食いつく一同
▽デイリーポータルZトップへ

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓

 

今日のみどころ