特集 2023年11月30日

暗器!弾が発射できるホウキを作った

竹ぼうき砲で「仕事」をしよう

仕込み杖という武器がある。一見すると普通の杖のようだが、中には刀が隠されているあれだ。座頭市のやつだ。

ちょっと変わった普通のホウキだ

この竹ぼうき砲も普通の箒に見えるから暗殺にぴったりである。身近なものを暗殺道具に改造するのもそれっぽくてかっこいいじゃないか。

筒から飛び出た引き金の部分が異形感を醸し出しているが、もし職務質問を受けたら肩にかけるためのパーツと言ってごまかそう。

「ほら、箒って重いので肩にかけて持ち歩きたいじゃないですか」

 先端に空いた穴はリップクリームホルダーですと言えばいい。リップクリームはそのまま弾にもなるからうってつけである。

ポリス『その穴はなんだね?あやしい!逮捕だ!!!』
「リップクリームを入れておくのに丁度いいんですよ」
「ほらね」
いったん広告です

それではお待ちかね、さまざまな暗殺のパターンをお見せしよう。

パターン1:すれ違いざま

画質が荒くてよく分からないかもしれないが、確かに缶が倒れているだろう。

すれ違いざまに銃弾を叩き込んでいるのだ。記事冒頭で見せたような大仰な構えは必要ない。これぞ暗殺の極意なり。

パターン2:草葉に隠れて

敵に存在を悟られないように身をかがめてじっくり狙いを定めるのもいい。

自分では草の中に身を隠せているつもりだったが、動画を見るとまったく隠れられてなくてビックリした。

主観だけで生きられたら人間は幸せですよ。

いったん広告です

パターン3:ホウキにまたがって飛ぶ練習をしている魔女っ娘と見せかけて

ホウキにまたがって飛ぼうとしている魔女っ娘見習いと見せかけて股間から発射、である。

こんなに愛らしい魔女っ娘がいたら、誰でも立ち止まって応援したくなるに決まっている。そこを仕留めるのだ。

人間心理の穴をついたクレバーな手法といえる。

恐怖を感じさせないのが一流の掃除屋だ

まさかこんな間抜けに仕留められるとは夢にも思わないだろう。それこそが暗殺の妙味なのだ。

パターン4:ホウキにまたがって飛ぶ練習をしている魔女っ娘と見せかけて②

2(ツー)も撮った。

即日アニメ化が決定してもおかしくないワンパク魔女っ娘ぶりである。

怨恨の面構え

さて、名残惜しいがここらでお別れの時間だ。

まとめの代わりにこれまでの暗殺テクをつなぎ合わせた動画をお届けしよう。スプレー缶が倒れる音が心地良いよ。

それじゃあな。あんまり俺を舐めないほうがいいぜ?いつでも掃除(きれいに)してやるからよ!

入っちゃいけない所に弾が飛んでいったりもして。子供の頃にこういう瞬間あったなあ
<もどる ▽デイリーポータルZトップへ

banner.jpg

 

デイリーポータルZのTwitterをフォローすると、あなたのタイムラインに「役には立たないけどなんかいい情報」がとどきます!

→→→  ←←←

 

デイリーポータルZは、Amazonアソシエイト・プログラムに参加しています。

デイリーポータルZを

 

バックナンバー

バックナンバー

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ