短い記事 2022年1月26日

純露・黄金糖・黄金物語、べっこう飴舐め比べ

あなたは、どのべっこう飴が好き?!

私はべっこう飴が好きです。砂糖と水を煮詰めて自分で作ることもありますが、既製品を買った方がラクチンです。

スーパーに売っているべっこう飴は、純露・黄金糖・黄金物語の3種類、見た目はほぼ同じです。何がどう違うのか調べました。

1987年埼玉生まれの栃木育ち・群馬県在住。
週末は群馬の温泉を巡っています。
漫画やイラストを描いたり、それに付随した講師もたまにしております。(動画インタビュー)

前の記事:こんがりトーストとは、何か

> 個人サイト Nuki

買ってきました。べっこう飴

私が把握しているべっこう飴製品は、純露・黄金糖・黄金物語の3つです。

スーパー・ドラッグストア・百円均一をまわって購入しました。

001.jpg
純露が私の中ではお馴染みのやつです。が、なんかいつも黄金物語買っちゃうんだよね〜。

3つ舐め比べるぞ〜!と、それぞれの成分表示を確認。すると、黄金糖と黄金物語の成分表示の数字が全く同じです。

あれ?と思い商品説明表を見ると、黄金糖と黄金物語は販売者が違うだけで製造者が一緒でした。えー!知らなかった!そうだったんだ!製造者は「株式会社 黄金糖」です。やっぱり見た目・味共に一緒でした。(先に成分表示を見てしまった先入観かもしれませんが…)

と、いうことは、黄金糖と純露の舐め比べになります。
黄金糖・黄金物語と純露の成分比較も載せます。

002.jpg

1粒の重さと炭水化物量がほんの少し違うだけです。
ちなみに発売年は黄金糖が1919年、純露は1971年。

個包装を開けて見比べると、純露の方が気持ち黄金糖より色が濃いです。だけど気泡がけっこうあります。黄金糖は、気泡がほとんどなく美しい。黄金糖は気泡が極力入らない技法で作っているそうです。(こちらの黄金糖の歴史が、たんたんと書かれていますが情熱が伝わってジーンときます。ぜひ読んで欲しい)

じっくり見たことないから気泡なんて気にしていませんでした。見比べることも今までなかったし…いい発見だ。舐めよう。

003.jpg

味は、純露の方が黄金糖よりほんの少し味が濃かったです。純露に比べると黄金糖はあっさり。短時間なので舐め比べられたのですが、片方だけ舐めたり、時間をあけたらわからないかも。

でもね、両方手に入れるのは難易度が高いのです。

はじめに「スーパー・ドラッグストア・百円均一をまわって購入しました」と書きましたが、9件お店を見てまわったのです。自転車で。寒かった〜。

1店に1種類しかありませんでした。見た目は同じだし、何種類も入荷する必要がないと判断したのかもしれません。

取り扱いが無いドラッグストアもありました。

004.jpg

まとめました。好きなのを探してもいいし、そこにしかなかったものでも大丈夫です。

飴コーナーに行ったとき、気にして見てみてください。

おまけ

005.jpg
見分け方は簡単です。個包装のデザインを見よう!

 

▽デイリーポータルZトップへ

デイリーポータルZのTwitterをフォローすると、あなたのタイムラインに「役には立たないけどなんかいい情報」がとどきます!

→→→  ←←←

 

デイリーポータルZは、Amazonアソシエイト・プログラムに参加しています。

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓

 

今日のみどころ