特集 2021年7月22日

沖縄のおばあちゃんにはAirPodsが島らっきょうに見える

沖縄のおばあが「今の若い子はなんで島らっきょうを耳に挿しているのか?」と聞いてきた、みたいな話が少し前に話題になった。

発売当時から他県ではうどんに見えると言われてきたAirPodsが沖縄のおばあちゃんには島らっきょうに見えるのか。こんなところで県民性が。

おばあちゃんには「あれは島らっきょうじゃなくAirPodsだよ」と言いたいけど、お年寄りは大事にしたいので島らっきょうのようなAirPodsを作りたい。

大阪出身。沖縄に流れ着いて10年ぐらい。「ぱちめかす」という沖縄方言が、やることと響きのギャップがあって好き。

前の記事:ドラゴンフルーツ型の茶碗でごま塩ごはんが食べたい


なぜ耳に島らっきょうを?

最初に書いたのがすべてなのだが、とあるおばあちゃんの
「いまの若者はなぜ耳に島らっきょうを挿すのか?」
という問いに真摯に向き合いたいというのが今回の工作である。

rakkyopods01.jpg

おそらく、だけど確実に、おばあちゃんが勘違いしたのはApple製のAirPods。
白いワイヤレスイヤフォンである。

rakkyopods13.jpg

そしてこれが島らっきょう。
島らっきょうは、沖縄県独自のラッキョウの品種。
本土で栽培される一般のラッキョウに比べると、小型で香味が強い。天ぷらや甘酢漬け、塩漬けなどにして食べられるほか、チャンプルーの具材にも使われる(wikipediaより)。

rakkyopods02.jpg

並べてみよう。
私のはAirPods Proなのだが、AirPodsはコードの短いような部分が直線的なので、もっと似ているのだと思う。
ただどちらにせよ、このままじゃ島らっきょうが土で汚れすぎている。

rakkyopods03.jpg

洗って外の薄皮を剥くと島らっきょうが2つに分かれてしまった。
ところで洗った島らっきょうってめちゃくちゃセクシーじゃない?

rakkyopods04.jpg
1本分ならAirPodsとしては細すぎる
rakkyopods19.jpg
カットしてみるともはや島らっきょうっぽくない
いったん広告です

AirPodsの島らっきょう化計画

rakkyopods05.jpg

ということはギリギリまで洗ったこの形で、AirPodsを作るのが良さそうである。

...でも待ってくれ。
AirPods Proは3万円したんじゃ。島らっきょう化させるには高すぎるんじゃ。

rakkyopods06.jpg

ということで、耳栓を用意した。100円だった。これなら安心!

rakkyopods08.jpg
粘土で島らっきょうの部分をつくる
rakkyopods09.jpg
完成

rakkyopods10.jpg

これは...。
あまりにも特徴のない形すぎて不安しかないが、色を塗ったら島らっきょうっぽくなってくれると信じている!

rakkyopods11.jpg

色といっても先の方の緑色と土の汚れしかないけど。

rakkyopods12.jpg

できた。

いったん広告です

見比べてみよう

rakkyopods14.jpg

AirPods

rakkyopods15.jpg

島らっきょう(偽物)

rakkyopods16.jpg

AirPods

rakkyopods17.jpg

島らっきょう(本物)

rakkyopods18.jpg

島らっきょう(偽物)


...。
おばあちゃん、島らっきょうを耳に挿すのは変だわ。やっぱり耳に挿してるのはAirPodsだわ。
沖縄からは以上です。

▽デイリーポータルZトップへ

デイリーポータルZのTwitterをフォローすると、あなたのタイムラインに「役には立たないけどなんかいい情報」がとどきます!

→→→  ←←←

 

デイリーポータルZは、Amazonアソシエイト・プログラムに参加しています。

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓

 

今日のみどころ