特集 2019年9月26日

ペン回し世界王者にペン回しとペンの話を聞いてきた

これが世界を獲ったペン回しだ!

文房具ライターという仕事をしていると、いろんな文房具関係の人と知り合いになれる。その中には、世界チャンピオンというスゴい人もいる。

なんのチャンピオンかというと、ペン回しだ(文房具関係と言っていいのか微妙だけど)。

「ペン回しって指でペンをくるくる回すアレでしょ?」とか「そもそもペン回しの世界大会ってどんなんだよw」とか、そういう捉え方をしている人は、今からその考えがバキバキにぶっ壊されるので、ちょっと楽しみにして読むといい。いやマジで。

1973年京都生まれ。色物文具愛好家、文具ライター。小学生の頃、勉強も運動も見た目も普通の人間がクラスでちやほやされるにはどうすれば良いかを考え抜いた結果「面白い文具を自慢する」という結論に辿り着き、そのまま今に至る。(動画インタビュー)

前の記事:文房具で戦え!激戦ブングーファイブ

> 個人サイト イロブン Twitter:tech_k

ペン回し王者登場

こちらがペン回しチャンプのKay(ケイ)さん。世界でただ一人という、ペン回しのプロパフォーマーである。
普段はイベント出演とか、映画やCMでのペン回しシーンを監修したり…という活動をしている。最近だと、缶コーヒーのWeb CMで岡崎体育さんがペン回ししているのも、Kayさんが指導で入ってる。

001.JPG
めちゃシュッとした爽やかイケメンで、トークも上手く、かつ世界王者。書いてて腹立つぐらいの完璧超人だ。

数年前に知り合って以来、Kayさんには一度じっくりペン回しの話を聞いてみたいと思ってたのだ。

で、折良く今年の8月に中国で開催されたペン回しの世界大会で優勝したということで、「じゃあこのタイミングでインタビューさせて!」とお願いした次第である。

kidate.jpg
まずは優勝、おめでとうございます。おお、これが優勝トロフィー!
kay.jpg
ありがとうございます。今回のは「World Pen Spinning Alliance League」、通称WPSALという大会だったんですけど、これ、去年から始まった“世界初のオフラインのペン回し大会”だったんですよ。
kidate.jpg
え、オフラインの大会ってどういうことです?
kay.jpg
実はこれまでもペン回しの世界大会っていうのはあったんですけど、基本的に投稿された動画を審査するネット上のオンライン大会だったんですよ。なので、実際に世界中の強いペンスピナーが集まってその場でプレイするのは、WPSALが初なんです。

 
 

kidate.jpg
これがそのWPSALでの動画ですか。はー。なんか僕の知ってるペン回しと違う…

このWPSAL、各国で予選大会を勝ち抜いてきた強豪ペンスピナーが決勝会場の中国・広東省に招待されるというもの。
ステージ上でペン回しを行い、技術点と芸術点に分けて採点するフィギュアスケート的な試合形式である。

つまり、技の技術とかペンをドロップしないかといったテクニックの部分と、ステージパフォーマンスやオーディエンスの沸かせ方みたいなアーティスティックな部分を見ていたとのこと。
ちなみに出場選手は16名で、うち中国勢が10人+日本・ブラジル・タイ・ポーランド・アメリカ・ドイツの6カ国の争いだった。

kay.jpg
もちろん強い選手はいっぱいいるんですけど、それでも、わりと最初から「これは勝てるなー」とは思ってました。
002.jpg
ステージでトロフィーを受け取るKayさん。

 

kidate.jpg
自信あった?
kay.jpg
ルールが予選で1分30秒、決勝で2分のパフォーマンスをするというものなんですけど、ペン回しの世界では1分半ってめちゃくちゃ長いんですよ。
kidate.jpg
そうか、1つの技はあっという間に終わるから。
kay.jpg
そもそも1つの技が10秒とかなんで、それをつなげて1分半回し続けるのがすごく難しいことで。だけど僕は普段からイベントで3分とか回すパフォーマンスをやってるから、そういう構成もすぐ作れるし、人前で回す経験も誰よりも多い。負ける要素がまず無かった。 

ペン回し業界では動画を撮って公開するのがメインで、Kayさんのようにプロパフォーマーとして人前で演じている人は世界中を見ても他にいないそうだ。なるほど、それは圧倒的な強みだろう。

ペン回しは動画がすごい

実はこのインタビューをする1週間ほど前のこと。都内でペン回しのイベントがあるということで、こちらにもお邪魔していた。
会場内のあちこちでイベント参加者が話しをしながら、歩きながら延々とペンを回していて、この回転力を電力に変換できたらすごいだろうなー、と思わされるような異空間である。

003.jpg
会場内、どこを見てもペンが回ってる。たぶん1平米あたりの瞬間回転数(rp㎡)が世界一高い空間だったんじゃないか。

ステージ上ではペン回しの3on3バトルみたいなのも開催されていて、これがなかなか面白かった。

要するにダンスやフリースタイルラップのバトルみたいな感じで、対戦相手の目の前や頭の後ろとかで挑発するようにペンを回して、煽り合いをするのだ。で、最終的にオーディエンスの拍手が多かったもん勝ち、というやつ。

004.jpg
ペン回しバトルの様子。この緑のTシャツの人は相手を煽るのが天才的に上手くて、超面白かった。
kay.jpg
あー、あれ、面白かったですよね。ペン回しって、これまでの世界大会がオンライン上で争ってたように、手元の動画ありきの業界なんですよ。だから、あのバトルみたいなのはかなり新しい取り組みなんです。
kidate.jpg
あー、じゃあ、基本的にはみんな自分のペン回しを動画に撮って動画サイトとかにアップしてるんですね。 
kay.jpg
そうですそうです。めちゃくちゃ難しい技を、成功するまで何時間でも繰り返しトライするんです。技を完璧に決めるのは当然で、ここの緩急をもうちょっと強調させたい、とかそういうレベルでやってます。 
005.JPG
「ペン回し動画を撮るのは、書道に似てますね。ベストな一枚の作品ができるまで延々と同じのを書き続ける的な」。めちゃストイックな世界だ。

 

kay.jpg
もとは2000年代に韓国で始まったムーブメントなんですけども。その頃に、いろんな技をつなぎあわせて流れを作る“フリースタイル”という文化が生まれていたんですが、韓国の「ペンドルサ」というサイトがそのフリースタイルにかっこいい編集を施して動画作品にしてアップしたのが、コラボレーションビデオ(CV)というやつ。これが現在でもペン回しの一番ポピュラーな楽しみ方になってますね。
kidate.jpg
ほんとだ、YouTubeで「ペン回し CV」と検索すると、やたら格好いいのが出てきますね。
kay.jpg
で、そのCVの日本での最高峰が、毎年末に公開される「JapEn」です。これが日本のペン回しオールスターみたいなもので、出演できるのが業界的なひとつのステータス的な感じ。一番最新のが昨年末の「JapEn 14th」で、これは僕も最後にゲストで出させてもらいました。


 (しばらく視聴中)

kidate.jpg
うおっ、なんじゃこれ。編集もめちゃくちゃかっこいいな…
kay.jpg
うまっ!あー、これ上手いなー…(両手で回してるのを見ながら)反対の手の処理がめちゃすごいな…
kidate.jpg
あ、Kayさんが見てもやっぱり「上手いなー」とか思うんですね。
kay.jpg
いや、ここに出てる人はみんなすごいですよ。僕が見ても「え、いまなにやってるの?」って分からないレベルで。両手を使う系統の技を「ツーハンド」って言って、僕も昔は得意にしてたんですが…それでも最近は日本でツーハンドのスペシャリストが二人ぐらいいて、もうついていけないですね。いま見てた「JapEn 14th」にも出てた彼らですけど。
いったん広告です

ペン回し、テクニック進化の歴史

ところで、世界世界と言ってるけど、ペン回しをしてる人って世界中にそんなにいるのか、というのも驚きだった。

Kayさんによると、ペンスピナー人口は圧倒的に中国勢が多くて、次点で日本。他はそんなに多くないけど、でもその中でも各国のトップクラスはめちゃくちゃ強い、とのこと。

006.JPG
テクニックの話をするたびに「こういう技なんですけど」と実演が入る。そっちに驚いてしまって、なかなか話が頭に入ってこないぞ。
kay.jpg
2000年代前半は韓国がすごく強くて、さっきもCVの話でも出たペンドルサ勢が大活躍していました。最近はちょっと落ち気味かもですけど。コリアンスタイルは基本技ばかりを組み合わせてるんだけど、ただ、いざ自分でやってみるとめちゃくちゃ難しいんですよ。パッと見はそんなに面白くないんだけど、理解できるようになると「すごい高度なことやってる!」って。

現在の日本はそういったコリアンスタイルをインスパイアする形で進化してきたので、基礎力や構成面での評価が高いんだそうだ。

対して、海外勢は大技系をバンバン決めに来る、という。

kidate.jpg
すんません、そもそも大技・小技ってなんですか?
kay.jpg
一口には説明しづらいんですが…小技というのは、最も基本的なノーマル(中指で押し出して親指の周りを一回転させる)とかソニック(手の甲側でペンを素早く回転させて横へ移動する基本技)みたいな、指を使う系統ですね。
007.JPG
贅沢にも世界チャンプから「ノーマル」の指導を受ける、取材同行の編集石川さん(ペン回し未経験)。最終的に回せててたのですごい。
kay.jpg
一方の大技系というのは、空中制御というか、ノンストップで回転させ続けるものですね。「パワートリック」とも言います。2009年の世界大会でタイの人がこのパワートリック系をガンガン決めて優勝したんで、それからしばらくはパワー全盛時代でしたね。こういう感じのやつ。

 

008.gif

kidate.jpg
すげぇ、確かに「大技!」って感じですね。これは流行るの分かるわ。
kay.jpg
ただ、パワートリックは連発してもあんまり代わり映えがしないというか…みんな同じことをしてるように見えちゃうんですね。なので、最近はそれに日本っぽい構成力をプラスして良い感じに落ち着かせるようになってきました。 
kidate.jpg
それにしても、技もいっぱいあるんですね。さっきの動画を見ても、いろんなことやってんなー、ぐらいしか分かんなかったんですけど。
kay.jpg
そうですね。2年ぐらい前から「フィンガークロス」系も流行り始めました。指を交差させる感じの技なんですけど、2017の世界大会で優勝した人がこれのスペシャリストで。
009.jpg
あんまり得意じゃないんですけど…と言いつつフィンガークロスの実演。見てるだけでこっちの指が折れそうな動きだ。
kidate.jpg
やっぱり、優勝した人の雰囲気はみんな取り入れていくんだ。そういう感じで進化していくんですね。
kay.jpg
新しい技もいろいろ出てきますしね。基本的な技は命名ルールがあるので、勝手に名前がつけられないようになってるんですけども。そこに当てはまらない新技は作った人の名前がつくんですよ。「クーロンコンボ」とか「レックストリック」とか。
kidate.jpg
体操競技みたい。トカチェフとかシライみたいな。
kay.jpg
ちなみに、僕の名前が付いた「Kayストール」という技もあります。こんな感じですけど。

 

 

010.gif

kidate.jpg
おおおー、かっこいい!手の甲で一瞬ふわっと止まる感じが優雅!
kay.jpg
そろそろ自分の名前付きの技も欲しいなーと思って開発しました(笑)
kidate.jpg
ちなみになんですけど、さっき仰ってた技の命名ルールってどういうものなんですか?
kay.jpg
1997年に近藤英章さんという方が「私のペン回しの歴史」という日本で最初のペン回しサイトを作られまして、そこでまずノーマルやソニックといった技名が定着しました。で、近藤さんは、他にも技名が無駄に増えて混乱が広がらないように、親指から順番に123…と回転の軸になる指の番号をつけたり、接頭辞と接尾辞で元の技からどう変化したかを表すといった技名の表記ルールを作ったんですね。ソニックに対して接尾語で逆回転のリバースをつけて「ソニック・リバース」とか、そういう感じ。
kidate.jpg
うわ、思ってた以上に理論的なルールだ。
kay.jpg
実は近藤さんは理科の先生なので、有機化合物の命名法の概念をベースにしているそうです。

 

いったん広告です

どんなペン回してるのか気になる

ところで、文房具ライターとして気になるのは「いったいどういうペン回してんの?」という部分である。というか、どのペンを回せばあんなことができるのか知りたい。

そもそもKayさんが回してるのが、あきらかに僕の知らないペンなのである。これ、なんなの?

011.jpg
正直、最初からずっとKayさんが回してるペンが気になってた。
kay.jpg
ペン回し用のペンって、基本的に長いんですよ。長さでいうとだいたい20㎝ぐらいあって。
kidate.jpg
長い!普通の筆記用ペンってだいたい14~15㎝ぐらいだし。
kay.jpg
僕がいま回してたのは、WPSALを主催した中国の玩具/文房具メーカーの智高(zhigao)が作ってる最新モデルの「v42」というペン回し専用ペンです。智高のペン回しペンはいちおう書けるんですけど、単なる小さいバトンみたいな、書けないペンもいろいろありますね。
012.JPG
中国製のペン回し専用ペン「V42」(智高)
kidate.jpg

そうか、それでもいいんですね。書けるよりは、回しやすくバランス取れてる方が優先なんだ。

kay.jpg
最近だとこういうのもあります。これスゴいですよ。

と見せてもらったのは、なにやら両端にメカメカしいものがついたペンである。

kay.jpg
これ、回転数がカウントできるものです。クルクルクルって回すと…ほら、10回転しました、と出る。ボタンで切り替えると回転の最高速度も測れるんですよ。
013.JPG
回転数と回転速度が計測できるかっこいいペン(ただし書けないやつ)。
kidate.jpg
うわーなにこれ格好いいー!
kay.jpg
こういう専用ペン以外だと、既成のペンを自分で改造して2本をつなげて長くしたり、というのも普通です。改造用の素体として有名なのだと、パイロットの「G3」とか、あとはぺんてるの「R.S.V.P」ですね。

ぺんてる「R.S.V.P」って、基本的に海外販売用のボールペンだから、日本の店頭では手に入らないやつである。なので、日本のペンスピナーの人たちはわざわざ取り寄せたり、輸入ルートで購入したりしているのだ。

014.JPG
ペン回し業界では大メジャーな「R.S.V.P」。回すのに邪魔なクリップを削るなどの加工が施されてる。
kay.jpg
「R.S.V.P」は重心が若干後ろ寄りでクセが強いんですよ。なので、上手く回せる人が結構限られるんですね。これが回せると「おっ、できるなコイツ」という目で見てもらえるんで、ペンスピナーなら一人一本は必ず持ってる感じ。 
kidate.jpg

今までボールペンを「回しやすい」とか「これが回せると一目置かれる」って視点で見たこと無いから、話がめちゃくちゃ新鮮…! 

kay.jpg
あとは一般的なペンだと、一番オススメなのはニトムズSTALOGYの「低粘度油性ボールペン」ですね。これ、クリップが簡単にはずせるのと、前後のバランスがちょうど中央で取れてるのがすごくいい。
015.JPG
STALOGY(ニトムズの文房具ブランド)の「低粘度油性ボールペン」。これはクリップを外した状態。
kidate.jpg
そもそもニトムズ(掃除用のコロコロでお馴染みのメーカー)がボールペン出してるというのが一般的な知識じゃないし、そもそも前後のバランスが取れてるって、ボールペンの書きやすさで言えばマイナス要素なんですけども…!
kay.jpg
ほら、こんな感じで回せます。

 

 

016.gif

kidate.jpg
うおおお。
kay.jpg
こういう無改造ペンにこだわる勢もある程度いて、例えばドクグリ(パイロットの「ドクターグリップ」)に超こだわってる人もいます。元からドクグリはかなり回しやすいペンなんですけど、とはいえこの人は無改造のドクグリで世界大会3回ぐらい勝っちゃうんです。
kidate.jpg
そういうのもかっこいいですね。極めすぎた達人みたいな。
kay.jpg
その人のドクグリ、すごいですよ。10年以上使い込んでるから塗装は完全に剥げてるし、シリコンのグリップも半透明から白変しちゃって、手触りが別物になってる。写真撮らせてもらったんですけど、これ。
017.JPG
左がほぼ新品、右が達人のドクターグリップ。使い込むとこんなことになるのか!
kidate.jpg
なにこれ!なにこれ!
kay.jpg
ここまで使い込むと、シリコングリップがサラサラした感じになって摩擦がちょうど良くなるんです。だから、これを使うと新品のドクグリではできない技がガンガン決まるという…

 「ドクターグリップ」のシリコンは、経年変化で加水分解してベタベタした可塑剤(通称ドク汁)が染み出すから長期間使用には耐えない…というのが文房具界隈の一般常識である。

それを通り越すとペン回しに最適な手触りになるって、ちょっと想像を絶する話だ。マジかー。

018.jpg
これは僕のペン回し用ペンのコレクション。1本15,000円するやつとか、10年以上前の製品でいまプレミアついてるのとかあるけど、実はそんなに回せない。無駄コレクション。

僕は文房具ライターなので、ボールペンに関しては「書き味がいい」とか「筆記時の重量バランスが」とかそういう話ばかりしているんだけど、それとはまた異なる世界観でペンがここまでいろいろ極められているという事実がすごく新鮮で面白かった。


お願いするとどんな技でもその場でサッと見せてくれるKayさん。テクニックがすごい上に、やたら気さくな世界チャンピオンである。

ところで、去年ぐらいに文房具界隈の飲み会にKayさんが来てくれたことがあったのだが、彼はその場にあるどんなペンでもホイホイと回してしまうのだ。

その様子に対抗意識を燃やした文具勢が「Kayさんが回せないペン」を探すのにやっきになったのだが、結果としてKayさんが一本だけ回せないペンがあったのだ。

それが「亡くなった父の形見のモンブランですが…」と差し出されたもの。見ていたこちらとしても、その精神攻撃はズルいなと思った。

019.jpg
インタビュー前にペン回しを見にきた編集長林さん。なんでこれがあんな回り方をするのか、と訝しんでる。

 

▽デイリーポータルZトップへ

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓