特集 2018年10月24日

ペットボトルすげぇ

もうちょい頑張ってみた

ペットボトルの口を小さくするキャップを作ってみることにした。ペットボトルからペットボトルに水を注ぐときに便利かなと思ったからだ。

038.jpg
こういう形。
039.jpg
キャップであり、ボトル側の口も付いている。
040.jpg
水を細く出せる。

設計して作った。で、漏れた。

こういうものはとにかく水漏れとの戦いだ。

041.jpg
一発で水漏れ無しに作れることはない。


またしても試作を4回。白ばっかは飽きたので色を変えてみた。

042.jpg
左から右へ、細かく違ってる。
043.jpg
4回目にしてようやく漏れなくなったが、コーラ以外のキャップだと漏れる。

ペットボトルではなく、プラティパスというソフトボトルに付けると漏れる。

044.jpg
普通のペットボトルキャップなら漏れないけど、僕が作ったやつとプラティパスの組み合わせだと漏れる。

普通のペットボトルキャップとプラティパスの組み合わせは、微妙に噛み合わないのだけど水は漏れない。

なぜあんなに漏れないのか、なにがどうしてそうなるのか分からない。既存のペットボトルすげぇ。

あらゆるキャップがすごい

ペットボトルだけでなく色んな容器のキャップがすごい。下の写真はステーキソースの瓶。

045.jpg
このキャップがすごい。
046.jpg
完全密閉されるし注ぎやすい。
047.jpg
ちょっと開いた状態。

押し込むとパチンと閉じる。よく見ても、どうしてこのクリック感が出るのかよく分からない。

048.jpg
パチンと閉じる。そして漏れないし液だれもしない。神のキャップだ。

それだけでなく廃棄するときの分解方法まで神がかっている。引っ張ると簡単に切れて取れるのだ。

049.jpg
すごいよく出来てる。

設計できる気がしない。どこの天才だ、これ作ったの。

050.jpg
簡単に取れて、プラスチックとガラスを分けられる。

100円ショップのコレもすごい

100円ショップで買ったプラスチックのボトルもすごい。2本で100円なので1本50円。液体を入れても漏れない。

051.jpg
超よく出来てる。
052.jpg
蓋の裏側の構造がすごい。強度と密閉性と作りやすさが考えられている。

既製品、ホントにすごい。


現代社会、マジですげぇ

日常、何気なく使っている消耗品をよく見るとすごい叡智の塊だったりする。そのすごさは自分で作ってみるとよくわかる。ペットボトルは超凄い。

100円ショップの製品もすごいし、パソコンもスマホも自動車も本当にすごい。僕らは大量のすごいものに囲まれて生きていて、それらを作っているすごい人たちがたくさんいる。

すっげーなー、この世。

で、僕が使ってる3Dプリンターは4万円次世代機でも5万円くらいです。買うと楽しいのでみんなも買って色々作ったらいいですよ。

3Dプリンターも安いのによく出来ている。

<もどる ▽デイリーポータルZトップへ

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ

↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓