特集 2018年11月23日

いまが見納め・京急大師線沿線散歩

線路ジャッキアップのための構造物か!

さて、7つめの終点駅「小島新田駅」に向けて歩きはじめたところ、線路の上になにやらやぐらのような鉄骨構造が現れた。

061.jpg
なんだろう、あの構造。
062.jpg
ここはたぶん地下から再び地上に線路が上がってくるあたり。ということは……
063.jpg
などと言い合っていたところ、良いタイミングで、ちゃんと解説板が掲示されていた。すばらしい。
064.jpg
おお、これ、現在のレールをもちあげて、地下経由の線路に切り替えるための、ジャッキアップのための構造なんだ!(川崎市・京浜急行電鉄株式会社「京浜急行大師線(東門前駅付近~小島新田駅付近)連続立体交差の工事について」より抜粋)

地下に線路が敷設されおわり、さあいよいよ地上の線路から地下に切り替えるぞ、っていうときに、現在ある地上の線路を持ち上げる。それに必要な構造物だ。

「これって、東横線のときと同じだ!」と参加者一同。そしたら、

065.jpg
掲示に「東急建設」の文字が。東横線のときのノウハウを提供か(ほんとうにそうかどうかわかりませんが)。
066.jpg
東横線の時みたいに一晩で「それっ!」ってやるんでしょう。そのときは見に来よう。近所だし。楽しみ。

ようやくゴール

さて、ようやくこの散歩も終わり。いろいろ脱線しながら楽しく歩いていたら、3時間ぐらいかかってしまった。

067.jpg
終点の駅ホームが見えてきた。
068.jpg
ここが最後。小島新田駅。
069.jpg
駅前の野生っぽいセブンイレブンがかわいい。
070.jpg
みなさんおつかれさまでしたー。

「せっかくだから」ってこわい

と、これで終わりのはずだったんですが、ここで気になるものを見つけてしまいまして。

終点のさらに先、JRの貨物線を越えたところに気になるカーブが(赤で囲った部分)。

071.jpg
せっかくだから、と行ってみたら、すごくキュートなカーブ。住宅と町工場がやんわりと並んでいる。いい。
072.jpg
参加者のひとりが、昔の航空写真をとりだした。それを見ると……
073.jpg
実は、かつて小島新田は終点ではなく、まだ先に線路が延びていたのだ。これは1947 年の航空写真。範囲は前出のマップとおなじ。赤い部分がくだんの箇所。(国土地理院「地図・空中写真閲覧サービス」より整理番号 ・USA/コース番号 ・M377/写真番号 ・8/撮影年月日・1947/07/24(昭22)に加筆)
074.jpg
つまりこれは「トレインハウス」だ。こんな近所にあったとは!
075.jpg
そしてさらに「せっかくだから」と、工場を見に行っちゃいました。川崎に来たら、そりゃあ見に行っちゃうよね。

もし興味がわいたら、ぜひ。今のうちですよー

すごく地味な内容になってしまった。もし「今のうち見ておこう」って思った人がいたらうれしいです。見に行ってみてください。
epi02.jpg
帰りは電車に乗りました。3時間かかったのが、10分で到着。電車って、速い!
epi01.jpg
あと、小島新田の近く「殿町」っていう地名が最近「キングタウン」と称されていて、「産業道路」の名前云々よりこっちのほうをどうにかした方が良いのでは、って思う。

 

<もどる ▽デイリーポータルZトップへ

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ

↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓