特集 2023年1月9日

名古屋のお茶漬けは浜乙女

東海地方でお茶漬け海苔といえば浜乙女である。

地元を離れて30年、あのまろやかな味が懐かしい。

年明けに実家の愛知に帰省するので、久し振りに食べてこよう。

「健やかなるときも、病めるときもアホなことだけを書くことを誓いますか?」 はい、誓います。 1974年生まれ。愛知県出身、紆余曲折の末、新潟県在住。

前の記事:編集長!大雪で撮影ができなくなってしまいました

> 個人サイト 日本海ぱんく通信

懐かしの浜乙女CM

浜乙女は名古屋に本社のある海苔加工メーカー。そこの代表的な商品であるお茶漬け海苔は、昭和30年、名古屋駅付近で誕生し、地元では50年以上愛されつづけている。

東海地方でお馴染みのCM

 日本中でお茶漬け海苔のCMといえば北島のサブちゃんが歌う「は〜るばる〜来たぜ鮭茶漬けぇ〜」だった頃、東海地方だけは、この民話風のでえたらぼっちのCMであったのだ。

夜行バスで実家の名古屋へ

それではさっそく実家に帰ろう、と乗り込んだ夜行高速バスは4列シート。

隣の席は、私と同年輩の男性だったが、私の領域にまではみ出して座る彼と期せずして密着するかたちとなってしまった。

2.jpeg
名古屋着

そのままバスは出発し、7時間に及ぶ地獄のような一夜を過ごして名古屋に到着。

飛び降りるように降車し、名古屋駅の改札を通ると…

3.jpeg
Suicaの残高も偶然758

であった。だから何だと言われても困るが。

実家着

懐かしの実家に到着すると、今年80歳になる母ちゃんが方々から集めた

4.jpeg
銭蛙
5.jpg
たぬき
6.jpeg
アメジスト
7.jpeg
and more

などなど、縁起物の置物で溢れており、我が実家ながら絵に描いたような実家感を感じることになった。

浜乙女はスーパーにある

さて、それではさっそく浜乙女を買いに行こうとコンビニやドラッグストアに行ったが…

8.jpeg
永谷園
9.jpeg
永谷園オンリー

浜乙女が売っておらず、地元を離れている間に浜乙女は亡くなってしまったのかと焦ったものの

10.jpeg
愛知のスーパーといえばナフコ

祈るようにして入ったスーパーには…

11.jpeg
浜乙女健在!

きちんと浜乙女があった。さすがはフレッシュフーズのナフコチェーンだよなあ。

浜乙女と永谷園の比較

ふたたび実家に戻って浜乙女をよく見てみよう。

12.jpeg
昔ながらのデザイン

配色は主に緑と黄色で、山、城、橋、笠、お茶のイラストが描いてあり、よくみると二つの笠にはそれぞれ「弥次」と「㐂夛」と書いてある。

東海道中の旅の途中で一休みどうですか的なイメージだろう。

では、中身もじっくり見てみよう。

13.jpeg
中身

粉は、愛知県西尾産の抹茶を使用とのことである。

永谷園とならべてみると…

14.jpeg
永谷園との比較

こうして比べてみると、浜乙女は永谷園のものよりも、海苔やあられがショートサイズ。その分あられの数が多い。

また永谷園の方が粉の方がはっきりした緑色である。

実食

それではいよいよ、浜乙女のお茶漬けを食べていこう。

15.jpeg
ご飯にふりかけて
16.jpeg
熱めのお湯を注ぐ

懐かしい海苔の香りがする。

17.jpeg
うわあ、うちの実家だああ

お茶漬けはタイミングが肝であるので、素早く…

18.jpeg
いただきます
19.jpeg
サラサラサラ
20.jpeg
これこれ

名古屋というとイメージ的に味が濃いと思われそうだが、逆にあっさりしている。名古屋メシ唯一の薄味メニュー。

21.jpg
永谷園と浜乙女の比較表

表にするとこんな感じなので参考にしてほしい。

いったん広告です

世界の山ちゃんにあったメニュー

今は無くなってしまったが、何年か前まで手羽先で有名な世界の山ちゃんには、この浜乙女をご飯に混ぜ込んで作ったおにぎりがあった。

22.jpeg
ご飯に混ぜて
23.jpeg
おにぎりにする

このおにぎりだけでもじゅうぶん美味しいのだが、油まみれになった口の中をさっぱりさせる効果が抜群なので、手羽先とコンビを組むと最高である。

世界の山ちゃんには、この機会にぜひ復活を検討していただきたい。


母ちゃんに詰め寄られる

懐かしい味に再会できた。しかも実家で再会できたことが嬉しく、浜乙女は実家の一部だ、と母ちゃんが集めた置物と記念撮影。

24.jpeg
浜乙女は実家の味
 

その後も「まったく、どんだけ開運したいんだよ」と実家の置物コレクションをパシャパシャ撮影していたら隣の部屋で寝ていた母ちゃん(一人称がワシ、もしくは俺。僕はいい歳をして、この人が怖い)が起きてきて

「お前さっきから何やってんだ!」

と詰め寄られてしまった。

「いや、ちょとお茶漬けをね、撮っていたんだよ」

と答えたら

「フンッ」

と答えて襖をピシャリと閉めて、再び寝に入った。

これもまた実家の味だ。

▽デイリーポータルZトップへ
20240626banner.jpg
傑作選!シャツ!袋状の便利な布(取っ手付き)買って応援してよう

 

デイリーポータルZのTwitterをフォローすると、あなたのタイムラインに「役には立たないけどなんかいい情報」がとどきます!

→→→  ←←←

 

デイリーポータルZは、Amazonアソシエイト・プログラムに参加しています。

デイリーポータルZを

 

バックナンバー

バックナンバー

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ