自由ポータルZ 2021年10月1日

ペヤングの対概念・ナラタケモドキを食べた~自由ポータルZ

編集部 石川です。お昼に先週買ったサニーレタス食べようとしたら、バッタが出てきました。珍しい!!

よく冷蔵庫で一週間も生きてたな、と思います。バッタの意外な生命力。

今週の自由ポータルです。

自由ポータルZは毎週金曜日に更新の記事投稿コーナーです。読者の方が執筆した記事をご紹介しています。

自由ポータルZとは
投稿はこちら

インターネットにラブとコメディを振りまく、たのしいよみものサイトです。

前の記事:第三世代の孫は無条件にかわいい / チラ見せはげます会

> 個人サイト デイリーポータルZ

【もう一息】「ペヤング」の対概念「シオールド」を作って食べる

001.jpg

[投稿者]三戸 満平さん (note
[コメント]皆大好き「ペヤング」は「ペア」と「ヤング」がその名の由来。ならば「シングル」で「オールド」のための焼きそばだってあってもいいんじゃないかと思って作ってみました。

koga.jpg

古賀及子のコメント

あるものがあって、その真逆を考えるというのは言葉遊びではよくやりますが、企画にしても生きますね!

肝はなにしろ、「ペヤングの要素の抽出」と「その対となる真逆の要素の抽出」これにかかっているわけですが、全要素がうまくいっていて笑いました。特に肉に鴨を選ぶあたりの選球眼に震えます。

>「大人になればなるほど薬味を喜ぶなぁ」
>少しでいいからいいお肉を

文章も軽いのに説得力があって好きです。

仕上がりも「うん、わかってたけど美味い!!」と書いてあるそのとおり、ちゃんと絶対にうまいだろうと思わせる見た目で拍手でした。

 

【もう一息】ナラタケモドキは可食キノコだが食べて後悔した件

002.jpg

[投稿者]トモさん (東京でとって食べる生活
[コメント]有名な食用キノコである"ナラタケモドキ"をとって食べてみた話です。美味しかったんですが、食べた後にものすごく後悔してしまいました。今回はメンタル成分多め!

ishikawa.jpg

石川大樹のコメント

素人はキノコを採って食べてはいけない、というのはよく聞くフレーズですが、実際食べるとどうなるのか……の生々しいレポートでした。

こういう切り口の「食べちゃいけなさ」は想像してなかったな…と思いつつも、なにかやらかしてしまったとき一般の人間の行動としてはものすごく思い当たるところがあり、発見と共感の両方ある記事で面白かったです。さんざん懲りた後にしれっとレシピが載ってるのも悪びれない感じで笑いました。

後半に文字が続くので、何かしら写真や画像があるといいと思いました。ネットで検索してるところでもなんでも。

うまく色文字や箇条書きを使って読みやすくはなっているのですが、やっぱり写真があった方がライブ感というか、リアルな手触りが出るんですよね。

 

【もう一息】【なんで】「鬼滅の刃ウエハース」と『ミッドサマー』の対象年齢は同じ

003.jpg

[投稿者]川鵜さん (川鵜戦記
[コメント]お菓子コーナー最大の謎に迫りました。

ishikawa.jpg

石川大樹のコメント

正統派のリサーチ記事だったので驚きました。

面白かったのですが……やっぱり結末、知りたいですよね!

とはいえこれって難しくて、デイリーのようなメディアであれば取材ってことで広報部にきけるのですが、個人ブログだと限界があるかもしれないですね。

僕がやるとしたら、数社に同じような事例を見つけて、同じように問い合わせて、たぶん似た回答が返ってくると思うので、それを個々の会社の回答ではなく一般論として掲載するかも。ちょっと手間のかかる技ですが。

あとせっかく興味深いテーマなので、タイトルは現状のものより、テーマそのままでもよかったかもと思います。「鬼滅シールの対象年齢は6歳以上、鬼滅カードの対象年齢は15歳以上、なぜ!?」的な。

それからもういっこ、前半、事例紹介と制度の話を行ったり来たりしてるので、ここ整理するとよかったかも。

…と改善点をたくさん書いてしまいましたが、テーマ自体がとても面白かったので、トータルでは良い記事だったと思います!次回作も期待しております。

 

Tips:画像を適切に入れる

ネットの記事は、本に比べて画像が多いことが期待されています。
できるだけ文字ばっかりにならないように、適切なペースで画像を入れましょう!

具体的には、200~300字くらい文字が続いたらいったん画像を挟みたいですね。
もちろんもっと短くてもOKです。
どんなに長くても、画像なしで本文だけで一スクロール分が埋まってしまうようなことは避けたいです。

入れる画像がない場合でも、文章の順番を工夫して、画像の入れられる構成に考え直します。難しければ、余談的に関係ない画像を入れるかですかね。

あとは視覚に関する記述があるところでは、できるだけ画像を入れたいですね。「目の前に突然、海が現れた」みたいな文があったらその景色が見たいわけですよ。「変わった形の車が停まっていた」とかもそうです。
これはその写真を持っていないとできないので、取材のときは書く文を考えながら行動することを心がけるといいですね。

ではまた来週!

自由ポータルZのバックナンバー

▽デイリーポータルZトップへ

デイリーポータルZのTwitterをフォローすると、あなたのタイムラインに「役には立たないけどなんかいい情報」がとどきます!

→→→  ←←←

 

デイリーポータルZは、Amazonアソシエイト・プログラムに参加しています。

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓

 

今日のみどころ