自由ポータルZ 2019年7月12日

「中央アジアの北朝鮮」・比叡山延暦寺は凄い~自由ポータルZ

石川です。来週末のヘボコンの準備が佳境に入ってきまして当日までのTODOリストを作ったのですが、大半が買い物でした。イベント運営の核心は買い物にあり、です。買い物くらいのTODOリストが一番気持ちがいいですよね。こなしててバリバリ丸がついていくので。

今日の自由ポータルです。

自由ポータルZとは
投稿はこちら


【入選】「中央アジアの北朝鮮」に行ってきた(トルクメニスタン)

001.jpg

[投稿者]Satoruさん (ウィーンと私と、旅する子どもたち
[コメント]ここまで書いてしまったので、たぶん私はもう再入国できないと思います。

koga.jpg

古賀及子のコメント

ヒー。面白かったです。本文にある「ここまで旅することができなかった者のぶんまで旅すること」そのすべてが詰まった記事でした。写真も全部うまくて泣けます。白い街のぞっとする美しさ! satoruさんの憎いところは中盤~後半に笑顔の地元の方々が出てくるところですよね。今回も堪能しました。

容易にはとれない旅取材ですが、入国ルートの手書きの絵だったり奥さんからの電話だったりいろいろな角度からとくべつなことをしているわけではない生活感が出ているのがよかったです。普通行けないところに行くゴリゴリの旅行者だって同じ生活者だしな…という特殊ななかの共感がありました。

ishikawa.jpg

石川大樹のコメント

ページ開いてファーストビューの時点で「中央アジアの北朝鮮」そして地獄の門、と2つのデカすぎるインパクトが同居しており、のっけからめちゃくちゃカロリーの高い記事でした。しかも最後まで退屈なところがいっこもないんですよね。全部興味深い。それも単に「ネタがいい」だけではなくて、しっかりした取材力(旅行力?)に裏付けられたこのエネルギー量、という印象でした。

旅行記って「旅行いきたい!」ってなる文章と、「もっと読みたい!」ってなる文章の両方あると思うんですよ。この記事はその後者の魅力が圧倒的で、ずっと読んでいたいです。強いて言うなら地獄の門の話をもうちょっと読みたかったですかね。しかしこのままでも十分な記事だったと思います!

hayashi.jpg

林雄司のコメント

デイリーっぽくないのではという声が編集部であったし僕も一瞬そう思ったんですが、最高に面白いです。
内容については石川と古賀がしっかり書いているのでこの「デイリーっぽい」という落とし穴について書きます。


納豆を1万回かき混ぜたり、ペリーになりきってパワポを作ることは可笑しいですよね。ばかだなーと思います。
でもそれは手段です。その結果と過程で、知らなかったことを見つけることが実はいちばん興奮するところです。
いまいる世界をよく分かりたい。世界の見え方が更新される瞬間が"おもしろさ"だと思います。
(納豆を1万回混ぜることは納豆を1000回までしかかき混ぜてなかった世界をアップデートしています)

我々は記事を書くとき、結果としてばかっぽくなることは多々あるのですが、一応毎回なにか発見できないかと期待しています。行動の可笑しさを「デイリーっぽい」と思わせてしまっていたらごめんなさい。
そこではなくて、世界を広げてくれるものを期待しています。


だからトルクメニスタン旅行記は最高です。デイリーポータルZが求める記事でした。

 

【入選】比叡山延暦寺は凄くないとこも凄い

002.jpg

[投稿者]あでぃすさん (あでぃすでぃす
[コメント]ご存知比叡山延暦寺に行ってきました。

koga.jpg

古賀及子のコメント

構成かっこいいですねー! 物語の「起」まで終わったところでオープニング曲が流れる映画みたいです。
白いもやのたつ写真に力があって文章の軽さとのギャップも効いてました。
西塔の森の3本の木、めちゃめちゃかっこいいですね。ああいうゲームっぽいところでイベントが起こらないの、一周回った現実を感じますよね。 

ishikawa.jpg

石川大樹のコメント

僕も、いきなり無言でランキングから始まる変な構成やべーな、と思いました。この構成自体面白いのですが、それ以上に「いろんな構成をためす」っていうのがすごく大事だなと思ってまして。そういうのってもう探求心じゃないですか。ある程度の数書いて自分の型ができてくると手癖で記事を書けるようになりますが、そこに安住はせんぞ、というこの気概は常に買いたいです。
あとは完全に自分の好きなところだけ紹介する姿勢も良かったです。階段、森、道。これが上の記事で出てきた地獄の門みたいな知らない場所だと完全に消化不良ですが、延暦寺ですし。メジャーなスポットだからこそできることですよね。と褒めつつ、それでいてちょっとだけ寺の写真も載せてるところにもバランス感覚を感じました。

 

林がコメントでいいことを書いてしまったのでプレッシャーを感じますが、この機会にこのコーナーの掲載基準みたいなところを少し書いてみたいと思います。

掲載記事を選ぶ時の視点として、
「他人のブログの記事としてどうか」
「デイリーに載せるならどうか」
の2つがあります。3人がバラバラに選んでおり特に打ち合わせたりしてないのですが、なんとなくの傾向として、新しい投稿者の方は前者、常連になってくると後者に基準が移ってくる印象があります。後者の方がガチ評価ですね。

2回くらい載ったけどそのあと全然載らなくなった…というような方は、今日林がコメントしたような点を意識していただくといいかもしれません。

ではまた来週!

自由ポータルZのバックナンバー

▽デイリーポータルZトップへ

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ

↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓