特集 2018年9月19日

「ペヤング」のソースに一番合うカップ焼そばは「一平ちゃん」

「ペヤング」のソースを色んなカップ焼そばに入れてみました
「ペヤング」のソースを色んなカップ焼そばに入れてみました
みんな大好きな「ペヤングソースやきそば」。

「ペヤング」を「ペヤング」たらしめているとも言える、あのソースだけをボトルに詰めた「ペヤングボトルソース」が発売されたと話題になっていましたが、実物を手に入れたので色んなものにぶっかけてみました。

「ペヤング」にかける以外に、「ペヤングソース」のポテンシャルを引き出す食べ方はあるんでしょうか?
1975年群馬生まれ。ライター&イラストレーター。
犯罪者からアイドルちゃんまで興味の幅は広範囲。仕事のジャンルも幅が広過ぎて、他人に何の仕事をしている人なのか説明するのが非常に苦痛です。変なスポット、変なおっちゃんなど、どーしてこんなことに……というようなものに関する記事をよく書きます。(動画インタビュー)

前の記事:365日サンダルをはく男が選んだ最強サンダル「ジャスタブル」!

> 個人サイト Web人生

●「ペヤングソース」を色んなカップ焼そばに入れる

「ペヤングソースやきそば」(まるか食品)
「ペヤングソースやきそば」(まるか食品)

当たり前だけど、いつもの「ペヤングソースやきそば」。

ほかのと同じ「ペヤングボトルソース」を入れているのに、パンチ力が飛び抜けています。ガツンとスパイシーなソース味!

「ペヤング」のあのガツンと感、「ソース」のおかげだと思っていましたが、小袋の「スパイス」もかなり重要な役割を担っているのでは!?
「UFO」(日清)
「UFO」(日清)
「日清焼そば」(日清)
「日清焼そば」(日清)
メーカーが同じだけあって、同じソースをかけるとどちらも似た感じに。

もっちりとした太麺なので、「ペヤング」のチープな麺とはだいぶ食感が違って、生麺の焼そばに「ペヤングボトルソース」をかけた感じに似ています。

特筆すべきことといえば、中に入っている肉!
左の「日清焼そば」の肉、例の「謎肉」だよね?
左の「日清焼そば」の肉、例の「謎肉」だよね?
「UFO」には薄い豚肉の切れ端っぽい肉が入っているんですが、「日清焼そば」の方は明らかに「カップヌードル」の謎肉! 同じ日清ですからね。

「ペヤング」のソースを絡めた「謎肉」はメチャクチャ美味しかったです。単体で食べたい!
「バゴーン」(マルちゃん)
「バゴーン」(マルちゃん)
麺の見た目は「ペヤング」と一番似ている「バゴーン」ですが、食感にはわりと違いが。

「ペヤング」の麺がややパサパサしたザ・インスタントな感じなのに対し、「バゴーン」はしっとりと滑らかな食感。含まれる油分の量が違うんでしょうか?

個人的には「ペヤング」のチープさが好きだけど、その辺は好みの問題でしょう。
「一平ちゃん夜店の焼そば」(明星)
「一平ちゃん夜店の焼そば」(明星)
麺に練り込まれているというソースによる味への影響はほとんど感じませんが、全体的に甘みが。

コレはおそらくキャベツの甘み!

……というのも「一平ちゃん」の具は、肉ナシでキャベツ・オンリーという思い切った構成なんですよ。

カップ焼そばの味って、麺とソースで決まってくると思っていましたが、お湯で戻す時に「かやく」から出るエキスも味に大きく影響しているのかも!?

やっぱり「ペヤングソースやきそば」だよな……

結局、「ペヤングボトルソース」の一番いい使い方は「ペヤングソースやきそば」のソースをマシマシにすること……という結論に。

やっぱり「ペヤング」の味がサイコーすぎるんですよ。

しかし「ペヤング」感を追い求めないならば、ウスターソース代わりに何にかけても美味しく食べられました。つくづく有能なソースですよコレは。
焼そばと混ぜること前提だからか、わりと油が分離しているので、その他の食材にかける場合は事前によく振ろう!
焼そばと混ぜること前提だからか、わりと油が分離しているので、その他の食材にかける場合は事前によく振ろう!
▽デイリーポータルZトップへ

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ

↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓