特集 2018年8月1日

カップ麺に歌舞伎揚を入れるとすごい

正直、期待はしてなかった

余は満足してしまったので、もういいかなって思ったので蛇足かなと思いつつどん兵衛に歌舞伎揚を入れてみることにしました。
 まぁ、買ってきちゃったしな、くらいの感じだった。
まぁ、買ってきちゃったしな、くらいの感じだった。
ソフトサラダが赤いきつねとマリアーヅュしたので、歌舞伎揚げはどん兵衛に入れた。和風な味付けの歌舞伎揚げとと和カップ麺は合うはず。

投入したら『ジュ!』と音がしたので、きっと良いマリアージュになるのだろう。ダジャレですよ。
 ジュ、ジュジュッといい音がします。
ジュ、ジュジュッといい音がします。
 無意味なアップ。
無意味なアップ。
 テロンテロンになりました。
テロンテロンになりました。

最強マソアージュ

これまでの揚げせんとはレベルが違ってましたね。

食感としては、油揚げのようでいて、でも天ぷらのような油の香りとうまみがあり、それでいて米の味もする。

メチャクチャおいしい。

味わいとしては、キツネとタヌキの中間というか、いうなればタヌキツネ。ゴン、お前だったのか。いや、ゴンは関係ない(錯乱)。
 もはや歌舞伎揚なしのどん兵衛は物足りなく感じます。
もはや歌舞伎揚なしのどん兵衛は物足りなく感じます。
なんで誰も教えてくれなかったのだろう。

歌舞伎揚はこうやって汁に浸して食べるのが正解だ。そのまま食べるのはもったいない。
柔らかい歌舞伎揚こそ至高。
柔らかい歌舞伎揚こそ至高。

ラーメンとも親和する

柔らかくした歌舞伎揚のうまさに感動したので、こりゃラーメンでもいけるねって事で麺職人の柚子しお味にも投入。
 柔らかい歌舞伎揚おいしいよぅ、おいしいよぅ。
柔らかい歌舞伎揚おいしいよぅ、おいしいよぅ。
 ほらもう、トロトロだようぅ。
ほらもう、トロトロだようぅ。

で、思いついたのです

こりゃ、玉子とじにして丼にしたら絶対にうまい。
 玉ねぎを炒めて、創味の麺つゆで火を通したら歌舞伎揚を入れて煮込む。
玉ねぎを炒めて、創味の麺つゆで火を通したら歌舞伎揚を入れて煮込む。
玉ねぎ少々、歌舞伎揚2枚と玉子1個、麺つゆ。
溶き卵を入れて蓋をし、しばし待つ。
溶き卵を入れて蓋をし、しばし待つ。

歌舞伎丼

出来ました、名付けて歌舞伎丼。ミョウガと青のりをのせました。

はい。
遠目に見るとカツ丼っぽい。
遠目に見るとカツ丼っぽい。
味は想像付くと思いますが、玉子、玉ねぎ、甘辛、トロトロ、油、炭水化物です。
味は想像付くと思いますが、玉子、玉ねぎ、甘辛、トロトロ、油、炭水化物です。
普通に料理として定着しててもおかしくない美味しさでありまして、僕の中で歌舞伎揚は食材になりました。そのまま食べるべからず。
敗北を知りたい。
敗北を知りたい。
もうちょいつづきます。次のページへ。
<もどる ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ

↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓