特集 2018年6月25日

関東はもう梅雨明けするかもしれません~あと出し天気予報

これまであった旧・梅雨前線はボロボロになって消滅へ。かわって新・梅雨前線が登場。一気に北へジャンプして、7月なかばのような状態に。
これまであった旧・梅雨前線はボロボロになって消滅へ。かわって新・梅雨前線が登場。一気に北へジャンプして、7月なかばのような状態に。
1週間の天気予報を振り返って当たったかどうかを検証する週1連載。
勝敗とその理由を振り返ります。はたして今週の成績はどうだったのか。

(本連載は振り返りが中心で、詳しい予報は行っていません。予報が見たいかたはウェザーマップなどの専門サイトをどうぞ)
1977年滋賀生まれ。お天気キャスター。的中率、夢の9割をめざす気象予報士です。 好きな言葉は「予報当たりましたね」。株式会社ウェザーマップ所属。
ツイッターでも気象情報やってます。


前の記事:梅雨前線が本州で本気を出しそうです~あと出し天気予報

> 個人サイト ウェザーマップ・増田雅昭 ツイッター @MasudaMasaaki

1週間を振り返る(東京都心周辺)

1週間を振り返る(東京都心周辺) 予報は前日夜にこちらでやってます。
1週間を振り返る(東京都心周辺) 予報は前日夜にこちらでやってます。

梅雨時にしては予報はまずまずでしたが…

先週前半は予報が好調!

木曜(21日)は、晴れ間が予報ほど出てこなかったが、予報がむずかしい梅雨にしては、なんとか持ちこたえた。その後、持ち直して、金曜・土曜の予報はバッチリ。

そのまま逃げ切れるか…と思っていたのに、ゴール間近の日曜(24日)にズッコケ。

朝に少し降るかどうかと見ていた雨が、午前中はけっこう長い時間降った。しかも、昼頃からは予報以上に急に晴れて、気温上昇。

雨にも負けて、晴れにも負けて。右からパンチを食らったあとに、左からも食らったボクサーの気分だ。

関東のすぐ南にあった梅雨前線が北へ盛り上がったせいで、雨雲が思ったよりかかったのが敗因。盛り上がるのはサッカーだけにして!
梅雨時は、この成績でもガッツポーズレベルなんです
梅雨時は、この成績でもガッツポーズレベルなんです

【今週のみこみ】今週は太平洋産の空気でできた高気圧に注目

このまえの土曜(23日)に、沖縄で梅雨が明けたと思ったら、まさかまさかの本州でも梅雨明けの可能性が出てきた。

今週、梅雨前線は一気に北へ。7月なかばのような天気図になりそうだ。

関東から西では、夏空が広がって、連日30℃を超えるところも多い。とくに、今週は日本の南東側から高気圧が張り出すので、関東など東日本で晴天が長持ちする。太平洋の空気でできた、いわゆる夏の高気圧、太平洋高気圧だ。
南東側から太平洋高気圧が張り出して、関東周辺は夏空が長続きしそうな気配。
南東側から太平洋高気圧が張り出して、関東周辺は夏空が長続きしそうな気配。
気象庁は、この晴れを「梅雨明け」と判断するか?「梅雨の中休み」と判断するか?

ふつうは、「まぁ、また梅雨空が戻ってきますから」と梅雨明けは見送りになるが、南東側から張り出す太平洋高気圧が強く、関東は来週にかけても真夏のような天気の日が多くなりそうだ。

もし週末~来週も、晴れつづけそうなら、さすがに梅雨明けとなるはず。どうなるか、結果は来週!
!
今週の格言
『梅雨明けの判断に必要なのは、先の天気を読む力。
 先々まで晴天が見きわめられれば、記録的に早い梅雨明けも有り得る』

TEN-DOKU

前回(6/11)の出題は、「この天気図のときに起こったことはどれでしょう?」でした。
選択肢はこの4つ。

1)7月上旬なのに青森で霜が降りて遅い記録に
2)7月上旬なのに関東でやっと梅雨入り
3)7月上旬なのに早くも青森で35℃超え
4)7月上旬なのに早くも関東で梅雨明け
2004年5月31日。気象庁天気図。
2013年7月6日。気象庁天気図。
正解は「4)7月上旬なのに早くも関東で梅雨明け」でした。

梅雨前線が日本海まで北上していて、梅雨の後半戦に入っていることがわかります。

梅雨前線の北側は広範囲に雲が広がるのに対して、前線の南側はすぐ近くでなければ意外と晴れます。

さらに、画面右下に中心をもつ高気圧の等圧線をみると、沖縄あたりまでふくらんでいて、南で大きな高気圧(夏の太平洋高気圧)が育ってきているというのが分かります。

この形になると、前線から少し遠い関東は、梅雨明けの可能性が十分。このさき前線がもう戻ってこないと週間予報で分かった時点で、梅雨明けが発表されるパターンです。
なんか、今年の今の状況と似てますね。

ちなみに、この2013年は8月に、41.0℃の国内最高気温が出るなど、記録的な暑さになりました。はたして今年は?

「4番の関東で梅雨明け。南からの高気圧が梅雨前線を押しあげて夏入り…ですかね? (Hauruckさん)」

そのとおり!

「梅雨前線が関東よりだいぶ北上しており、太平洋高気圧に覆われて梅雨が明けた状態。(4さん)」

バッチリです!

「これは恐らく2013年7月6日の天気図。(だいちゃんさん)」

おぉ~。読みきりましたね!

「4)。小笠原の高気圧の張り出し具合と、時事的にみまして、これに。(ジャックsakuraさん)」

時事的に、という読み方もありですね。でも、たまに全然ちがう季節の問題を出すので気をつけて!(笑)

今週の定石はこちら。
今週の定石
『梅雨前線が日本海+日本の南東にある太平洋高気圧が強まる=梅雨明けへ』
(また梅雨前線が戻ってくることもありますが…)
今回、正解したみなさんはこちら。

はいまっとさん、前回サボりましたさん、小ライス,大盛りでさん、Hauruckさん、トムさん、だいちゃんさん、naraoさん、金星さん、雄大積雲さん、シアーライン。さん、おさかなマイスターさん、4さん、くにおさん、ベルヌーイさん、かぶるさん、イシロさん、ニノさま、ずん先生さん、さやちびさん、みゅーさん、ジャックsakuraさん、メロポンさん。

正解したみなさん、おめでとうございます!

今週の問題はこちら。

今週の問題

この日は横浜でシトシトと弱い雨が降ったりやんだりでした。その時の天気図は?

<答えはこの4つのどれかです>

1)
2)
3)
4)

(ヒント)

・まずはナシでいってみましょう!
解答はこちらから↓
理由などとともにお願いします。
正解は再来週(7/9)に!
編集部より:増田さんへの質問を募集しています。投稿はこちら。


▽デイリーポータルZトップへ

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ

↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓