特集 2018年6月3日

似顔絵師さんの机の上は工夫と創造にあふれていた

描かれています
描かれています
細く長く、似顔絵を描く仕事をしている。毎日その仕事に従事している人が、ひもかわうどん(群馬のものすごく太いうどん)だとしたら、わたしは白髪そうめんくらいの細さではあるが、はじめて描いてからは16年、おこづかい程度ではないちゃんとした賃金をいただくようになってからは11年が経つ。

でも未だに似せて描くことに苦手意識がある。ひもかわうどんのごとく、似せることをずっと続けている人たちは、ほんとうにすごい。できれば、その姿を近くで見てみたい。描かれるのが自分の顔なことには、照れくささばかりがつのるのだが、勇気を出して描かれまくってみたい。5人に描いてもらった。

※この記事はとくべつ企画「〇〇放題」のうちの1本です。
1981年群馬県生まれ。ライター兼イラストレーター。飲食物全般がだいたい好きだという、ざっくりとした見解で生きています。とくに好きなのはカレー。(動画インタビュー)

前の記事:モノレールから見える「ポンジュース」の看板と記念撮影した

> 個人サイト たぶん日記

2人に同時に描いてもらう

まずは横浜ランドマークタワーに向かう。今年25周年を迎えた、みなとみらい地区でもひときわ目立つ高層ビルである。ここの69階、展望フロア「スカイガーデン」に似顔絵のお店「CEHF’S(シェフズ)」はある。
国内でも指折りの高所で描いてもらえる似顔絵である
国内でも指折りの高所で描いてもらえる似顔絵である
MATSさん(左)とSAKIさん(右)
MATSさん(左)とSAKIさん(右)
MATSさんは似顔絵歴14年。SAKIさんは6年、このお店の店長である。今日はこの2人が同時にわたしの似顔絵を描いてくれるという。そう、2人同時なのだ。なんという贅沢な事態なのだろう。
うれしさあふれる一方で、自分も描いていたせいか、人の仕事道具への興味が強い。席につくやいなやさっそく目の前のパレットが気になってしまっている
うれしさあふれる一方で、自分も描いていたせいか、人の仕事道具への興味が強い。席につくやいなやさっそく目の前のパレットが気になってしまっている
パレットの端に並んでいるさまざまな色は、固まった透明水彩絵の具とのこと。都度水で溶かしながら色をつくっていくのだという
パレットの端に並んでいるさまざまな色は、固まった透明水彩絵の具とのこと。都度水で溶かしながら色をつくっていくのだという
透明水彩絵の具を買ったら、まずチューブから出すんですよ。全部。
全部!!
と、会話をしているうちに似顔絵の執筆は始まっていた。振る舞いが自然すぎる。まずは鉛筆で下描きをし、おおよその構図をとっていく。
前に店頭で見て「これ誰が買うんだろう」と思っていた超でかいMONOが、目の前で使われていた
前に店頭で見て「これ誰が買うんだろう」と思っていた超でかいMONOが、目の前で使われていた
はっ……!消しゴムがでかい……!!
なんかいろんなものに反応しちゃってすみません!(注:いきなり出てきましたが、編集部の橋田さんは、この日同行をしてくれています)
わたしの画材への反応が過敏だ。さらに、顔も頭もぷらぷらと動かしまくっている。落ち着きがなさすぎるんじゃないだろうか。描かれている人なのに。
すみません!似顔絵描かれている時って、どういう風にしているのがいいのでしょう……?
いやいや、今が100点です。こうやって、話をして楽しくしているのがいいんですよ。じっとしてなきゃとか、ずっと前だけ向いていなきゃとか、ありませんから。いろいろ興味しめしてくれている時点で、100点ですね!
全肯定すぎるだろう。姫ってこんな感じなのだろうか。姫になった経験がないのでよくわからないが、学生時代ほぼとった記憶のない点数「100点」の衝撃は強い。

会話をどんどんふってきてもくれる。しかも復唱のしかたや相槌のタイミングが絶妙なのである。
ペンネーム、なんで『ネッシー』なんですか?
わたしの本名、同姓同名がすごく多くて。インターネットで名前を検索しようとすると、途中であきらめたくなるくらい多くて……
あきらめたくなるくらい!(復唱)
検索しやすいペンネームをつけたいなと思ったんです。
うんうん(相槌)
(相槌のタイミングが、聞き上手だ……)

ちょうどその頃、同僚がわたしの手の動きを見て、急に「ネッシーみたい」って言ってきたんです。脈絡なく。なんだそれはって思ったんですが、頭にこびりついてしまい……
「おお!!(大きい反応)
微妙な由来のいきさつまで、テンション高く聞いてくれたうえに全肯定である。

なお、その話の流れから、似顔絵の背景にネッシーを描いてもらうことが決定した。本物のネッシーを見たことがある人はおそらくいないので、各自の心の中にいるネッシーを描いてもらうかたちだ。
和気あいあいと話しながらなので、描かれていることに意識がむかいすぎず、緊張しない
和気あいあいと話しながらなので、描かれていることに意識がむかいすぎず、緊張しない
それにしても、MATSさんもSAKIさんも手の動きがめちゃくちゃ早い。口の動きが活発になろうとも、手の動きはそのまま。一定のスピードで安定を保っている。迷いがない。
描きながら迷ったらダメですね。描いている時は、今描いていることのちょっと先を考えています。というか、頭では考えていなくて、「手」という別の人格が動いています。
名言出た!
逆に、描いている時にしゃべらないでいると、すべての感覚が絵に集中しすぎてしまって、絵がぶれてしまうんです。顔を見すぎてしまうと、イメージが凝り固まってしまって。
なるほど。似るか似ないかは、見る量には比例しないのですね。
あと、似顔絵を描かずに話をするだけだったら、緊張してしまうかもしれません。筆を持つことで、気が大きくなるみたいなところがありますね。
絵と会話、両方ある状態がいいのか。
鉛筆で概ねかたちを決めたら、その上から、黒いサインペンで線を描いていく
鉛筆で概ねかたちを決めたら、その上から、黒いサインペンで線を描いていく
あれ、ペンのふたに修正液でなにか描いてありますね……
それ、日付です。買ったら書いておくんです。ペンは古くなるにつれて、出にくくなることが多いので。混雑する連休を迎えるのに、新しいペンを買いに行く時間がとれなかった時は、片っ端から試し描きして、ちょっと出るやつに、さらに印をつけておいたりもします。全然かっこよくないんですけど……
いやいや、そういう工夫が良いんですよ!
左手で画板をにぎりしめながら、がりがりと描き進めるSAKIさん
左手で画板をにぎりしめながら、がりがりと描き進めるSAKIさん
SAKIさんの主な画材はコピックである。コピックとは、アルコールのマーカーである。紙にアルコールが染み込んでいく過程が、手に馴染むまではちょっと使いづらい。でも馴染むと一変して、いろんな塗り方ができて楽しい汎用性の高いペンだ。
肌まわりを塗る用と、
肌まわりを塗る用と、
 それ以外のものが分別されている
それ以外のものが分別されている
2つにわけてあると、どの色を選ぶかの判断がつきやすいんです。色は、厳選して置いていて、けっこう少ないほうだと思います。
コピックは、集めだすと数百くらい余裕で所有できてしまうペンでもある。肌色だけで10色以上はある。20~30本は、ほかのペンであれば、多いと言われることもあるかもしれないが、コピックにとっては少ない。
描くの早いよね。
というかコピック、けしてベタ塗りに向いているペンじゃないのに、そのスピードで塗れるのがすごいです……!
ペンを寝かせて塗っています。大きい面を塗るときは、それでスピードを出しています。
そう言っている間もベタ塗りは止まらない
そう言っている間もベタ塗りは止まらない
一方MATSさんは、透明水彩で着色したあと、
一方MATSさんは、透明水彩で着色したあと、
修正液を手に持った!
修正液を手に持った!
修正液でなにか描いてる!
修正液はハイライトとして使用しています。
終始、特別な道具は使っていない印象だ。だけど、彼らが手に持つことによって、道具が特別になる気がする。道具を生かすも殺すも使い手次第なのか。ああ、使っている道具ぜんぶが気になる……!
と、コレはなんだろう
と、コレはなんだろう
ふと目に入った水色のボトル。こんな画材見たことない。
あ、それは化粧水です……。
肌のパリパリ感が尋常じゃなかった時に持ってきたやつ……。
ああああ、そうでしたか!
ここで、終始興奮気味に撮影をしていた橋田さんが、ほぼ完成したらしい似顔絵を見て、
すごい!!
と言い始めた。
できました!
できました!
!
!
!
!
ああああああ、おおおおおおおおお、やーーーーーーーーかわいい!
この時会話を録音していたのだが、音源を聞き返したら、上記みたいな悲鳴のようなものが大音量で入っていた。そうとう興奮していたらしい。だが無理もない。そこに描かれていたのは、わたしの成分を保持したまま、わたしより何倍もかわいくなった人だったのだ。
わたしより全然かわいいのに、わたしだなーってかんじが、します!
そして、ネッシーである。こういう生き物なのだとしたら、近所の川とかにいてほしい。だってかわいいのだ。似顔絵みたいにまたがったりしながら遊びたい。遊び相手になってほしい
そして、ネッシーである。こういう生き物なのだとしたら、近所の川とかにいてほしい。だってかわいいのだ。似顔絵みたいにまたがったりしながら遊びたい。遊び相手になってほしい
ちなみに、フレンドリーに会話を楽しみながらの似顔絵だからなのか、リピーターさんが多いそうで、さらには、リピーターさん同士の交流も行われているそうだ。
うちのお客さん、いちばん多い人は500枚以上描いています。それで、その人のお祝いごとには、常連さんが駆けつけたりすることもあります。
似顔絵コミュニティ……!
この日も、ちょうどわたしが描かれている途中で、小学校1年のころから通っているというリピーターさんが店にやってきていた。歳を聞いたら15歳。今日はじめてひとりでランドマークタワーを登ってきたのだという。記念すべき日に遭遇してしまった。
手、ネッシーになったつもりで撮ったはずなんだが、なんだろうこのわたしの手つき
手、ネッシーになったつもりで撮ったはずなんだが、なんだろうこのわたしの手つき
CEHF’S(シェフズ)
http://master-xebec.com
場所:横浜ランドマークタワー69階展望フロア「スカイガーデン」
https://www.yokohama-landmark.jp/skygarden/
価格:1人(バストアップ)2,000円(税別)
背景は2,000円(税別)追加
いったん広告です

100円ショップ活用法に感銘を受ける

次に向かったのは横浜ワールドポーターズ。5階にある「にがおえshop星の子」に向かう。
次に向かったのは横浜ワールドポーターズ。5階にある「にがおえshop星の子」に向かう。
描いてくれたのはみちるさん。
描いてくれたのはみちるさん。
まずは下描きから。
まずは下描きから。
みちるさんの頭の上あたりを見ていてくださいという指示があった。写真のわたしは照れているものの、絶妙に目が合わない位置なので、見つめていやすかった。
みちるさんの頭の上あたりを見ていてくださいという指示があった。写真のわたしは照れているものの、絶妙に目が合わない位置なので、見つめていやすかった。
そして、ホワイトボードを渡されたのである。
そして、ホワイトボードを渡されたのである。
ホワイトボードに好きなことを書いてください。似顔絵に添えます。名前でも、ポエムでも……
ポエムを書く人もいるんですか?
たまにいます。あいうえお作文のようなものを書かれた方もいました。
あいうえお作文!
(せっかくだからポエム書いてみたいけど、この場でいきなり思いつくだろうか……)
そして、やはり机の上にあるものが気になってしまう。まず気になったのが水差しのサイズである。バケツより水差しが大きい。
そして、やはり机の上にあるものが気になってしまう。まず気になったのが水差しのサイズである。バケツより水差しが大きい。
水差しが、大きいですね……!
園芸用のなんです。100円ショップで買いました。お店で見た時にはそんなに大きくなかったんですが、外で見たら大きかったんですよね。
100円ショップマジック……!
さらに絵の具をいれているものの形状が気になる。見たことあるようなないような。
さらに絵の具をいれているものの形状が気になる。見たことあるようなないような。
これも100円ショップのもので、携帯用の化粧水入れです。中には、絵の具を水で溶いたものが入っています。移動中、絵の具を漏れないようにしないとなんですが、これならば、液体を入れる前提でつくられているので。
生活の知恵……!
机上で大活躍する100円ショップたち。そして絵はするするとできていく。
机上で大活躍する100円ショップたち。そして絵はするするとできていく。
めちゃめちゃ早い!
みちるさんは2016年から似顔絵を描き始め、今年で2年目。描き始めた当初は、先輩と一緒に描きにいくこともあったという。
先輩にいろいろ教えてもらいました。でも、それが必ずしも自分に合うとは限らないともわかりました。描き方は人によって違いますね。
できました!
できました!
早い!わたしだ!
早い!わたしだ!
髪の毛のおだんごまで、さりげなく描いているようで、すごくわたしだ。

そして色の選定である。緑と黄緑、持ち物にあまり反映させたことがないのだが、好きな色なんである。なんの申告もしていなかったのに、好きな色を使ってもらえるとかなりうれしい。
トレーナー、早く描くために簡略しつつも、雰囲気が再現されているのが、となりに並ぶとわかる。
トレーナー、早く描くために簡略しつつも、雰囲気が再現されているのが、となりに並ぶとわかる。
ちなみにここまでの出来事、トータル10分くらいである。あっという間すぎて、ポエムは全く思いつかなかった。
にがおえshop星の子(星の子プロダクション)
場所:横浜ワールドポーターズ5階
https://www.yim.co.jp/shop/5f020.html
価格:1人1600円(税込)
いったん広告です

「横顔と正面の顔の印象が違う人は難しい」

次に向かったのは中華街だ。市場通りにある開運招福ストア「笑顔」というお店である。似顔絵描きのキャベツさんの周囲には、占い師さんがたくさんいた。占いと似顔絵。ショッピングセンターでたまたま隣同士なのは見かけたことがあるが、一軒のお店を共有しているのを見たのは、はじめてかもしれない。
よろしくおねがいします。
よろしくおねがいします。
黒い色鉛筆……?
黒い色鉛筆……?
これは、黒の色鉛筆ですか?
そうです。この色がよくて。特別な色鉛筆っていうわけじゃなくて、ごく普通のものですが。
色鉛筆はたくさんあるほうが安心するという。キャベツさんの似顔絵歴は約20年。イラストはそれ以前からずっと描いているそうだ。
似顔絵は、パーツの位置関係をしっかり描くのが大事です。たとえば、目と目の距離、鼻の下の長さ、顎の下の長さとか。あと、エラの位置。上にある人と下にある人がいるから。
エラの位置!すみません考えたことありませんでした。ところで似せるのが難しい顔って、ありますか?
正面から見た時と、横から見た時で印象が違う人は難しいですね。
横顔!ちなみにわたしはどうですかね。
横向いてみてください。……(正面と)同じですね。
(そうとは思っていたが、やっぱりそうなのか)
横顔にはその人らしさがでます。
描く時は、対象と少し距離をとるのがいいらしい。わたし、ぼーっとしているとどんどん体が前進してしまうので、「もうちょっと下がってね」と2、3回指示された。
描く時は、対象と少し距離をとるのがいいらしい。わたし、ぼーっとしているとどんどん体が前進してしまうので、「もうちょっと下がってね」と2、3回指示された。
下描きに使っているのはピンク色の鉛筆。水を塗ると絵の具のようになるタイプのものだという。
下描きに使っているのはピンク色の鉛筆。水を塗ると絵の具のようになるタイプのものだという。
肌色、一色しか使っていないのに、筆の使い方でグラデーションをつくっている。
肌色、一色しか使っていないのに、筆の使い方でグラデーションをつくっている。
時に筆の毛をぺたっと置き、時に筆の先端部分だけでさらさらと塗る。何が起こっているんだか、目の前の出来事なのに理解が追いつかない。
時に筆の毛をぺたっと置き、時に筆の先端部分だけでさらさらと塗る。何が起こっているんだか、目の前の出来事なのに理解が追いつかない。
一瞬金髪になり……
一瞬金髪になり……
茶色に染まった。余談だが、奥に置いてあるパンダのぬいぐるみ、ふくふくしていてかわいい。
茶色に染まった。余談だが、奥に置いてあるパンダのぬいぐるみ、ふくふくしていてかわいい。
おおーっ。
おおーっ。
そしてできた似顔絵がこちらだ。率直に言って美人である。
そしてできた似顔絵がこちらだ。率直に言って美人である。
わたしの成分がしっかり入っているのに、わたしより美しいのだ。と、正直に言わないと自意識が発狂するので書きました。もし願いがかなうのなら、パスポートの写真に使わせてほしい。10年ほくほくしていたい。

ちなみにキャベツさんも、実物よりきれいに描いた旨を公言していた。ですよねーと思いつつも、お世辞で「いやいや見たまんまの美しさですよ」とか言われるよりもずっとうれしい。
開運招福ストア「笑顔」
場所:横浜中華街 市場通り
https://ameblo.jp/hot-super-cabbage/
価格:1人1500円(税別)
いったん広告です

インターネットからも注文した

ちなみに似顔絵、ネットからも一件注文している。スキルを売買できるウェブサービス「ココナラ」から、MAY‘s Desighさんという方に依頼をした。

注文時には、この構図でお願いしたいという写真を1枚、そのほかに自分の顔の雰囲気が伝わりそうな写真を数枚、さらに、使ってほしい色と希望のテイストを伝えている。

写真の選定はかなり難航した。自分があらゆる写真でピースしすぎていているという発見もあった。
「なぜこんなにピースばかりしているんだろう」と自問自答しながら、ピースしていない写真を見つけた。構図用に送った写真(左)と、雰囲気把握用に送った写真(右)。
「なぜこんなにピースばかりしているんだろう」と自問自答しながら、ピースしていない写真を見つけた。構図用に送った写真(左)と、雰囲気把握用に送った写真(右)。
自意識も思い知った。どうしても、なるべく目を見開いているものを選ぼうとするのだ。恥ずかしさがつのり、ふとんに入りたくなる気持ちをこらえながら、1時間くらい悩んでいた。
目を見開いているのばかりではいけない気がしたので、これも送った。
目を見開いているのばかりではいけない気がしたので、これも送った。
テイストに関しては「ポップにお願いします」と書いたのだが、こちらも、文字に書いた瞬間心が悲鳴をあげた。自分で自分にポップと指定するのははじめてのことだ。

正直にいう。選んでいる途中はわくわくよりも苦しさが先行していたのだ。でも、そんなことはできた似顔絵を見た瞬間にぶっとんだのである。
自分とは思えないおしゃれさなのに、自分の成分も反映されている!わー!
自分とは思えないおしゃれさなのに、自分の成分も反映されている!わー!
自分の顔なのに、いろんなところに貼りたい。シールつくりたい!

ちなみにMAY‘s Desighさんは20年くらい、イラストレーターとデザイナーをしているそうだ。似顔絵をはじめたのは最近のこと。ふと友人から頼まれたことが契機になって、このアメリカンポップな似顔絵をつくるようになったのだそうだ。

デザイナーさんと直接やりとりを交わすのはほぼ初心者だったのだが、するすると試作が送られてくるそのスピードにびっくりした。わたしもちゃんと締め切りを守りたいもんだ。(と書いている今まさに締め切りを超過している)
ココナラ MAY‘s Desighさん
https://coconala.com/services/351160
価格:1人5000円(税込)
というわけで総勢5枚である。最高な経験をしてしまった。各似顔絵描きさんに感服するとともに、自分もはしくれとして、もっとちゃんと描きたいという気持ちも湧き上がってきた。細く続けていた似顔絵の仕事、白髪そうめんから、十割そばの細さくらいには精進したい気がしている。(でも本業のライター業もいっぱいいっぱいなのでどうしよう)

自分の顔ばかりなのに、うれしさしか募らない

正直、自分の顔ってそんなに何度も何度も見ていたいもんではない。わりとすぐにお腹いっぱいになる。だけど不思議なことに、似顔絵なら、目の前にたくさんあってもうれしさしか湧いてこない。まだまだ描かれてもいいような気さえしてしまう。

描かれている時間は、するっと「主人公」にさせてもらえる時間でもあった。
1億2千万人もいる国に住んでいるので、脇役でも、もらえるだけ十分だろうと淡々と過ごしていたが、主人公のようにあつかってもらえると、それはそれでうれしい。完成品だけじゃなく、過程の時間もふくめて楽しい。リピーターさんがいるという話もうなずける。

・特別な道具を使わなくても、道具が特別になる
・速く描くことが大事なので、そのための工夫にあふれている
・描き方に正解はない
・描かれている時間の会話など、すべて含めて、似顔絵


似顔絵ってすごい……。この絵をちゃんと飾っておきたいので部屋の掃除をがんばりたい。あと、さっきも描いたのだが、やっぱり自分ももっと誰かを描きたい。
▽デイリーポータルZトップへ

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓