特集 2018年2月13日

つくろう! 嵐を知らせる小瓶「ストームグラス」

!
中にできる美しい結晶の形で、天気変化や嵐の近づきを知らせる小瓶があるという。

その名も「ストームグラス」。

ドラッグストアにある材料で作れるというので自作してみることにした。

果たして嵐を予知できるのか。
1978年、東京都出身。漂泊の理科教員。名前の漢字は、正しい行いと書いて『正行』なのだが、「不正行為」という語にも名前が含まれてるのに気付いたので、次からそれで説明しようと思う。

前の記事:鳥から揚げの全流派をマスターする(デジタルリマスター版)

> 個人サイト まさゆき研究所 新棟

まずは材料を紹介します

溶かす材料はこの3つ。

閉店間際のドラッグストアに駆け込んで一気に買ってきた。
急冷レスキュー用品、血圧改善の塩、タンスの防虫剤
急冷レスキュー用品、血圧改善の塩、タンスの防虫剤
よく見ると急いで買う意図が分からない組み合わせだ。
店員さんには「今すぐに血圧を冷やして下げながら、タンスの除虫をしたい人かぁ……」と思われたかもしれない。

実はオリジナルのレシピをアレンジしてある

厳密にはもちろん純正な薬品を使った方がいいんだけど、この材料だと、うまいことそれなりに必要な化学物質を得ることができる。

急冷レスキュー用品→ 硝酸アンモニウム
血圧改善用の塩→ 塩化カリウム
タンスの防虫剤→ 樟脳(しょうのう)

あとはこれに99%のアルコール(エタノール)も使う。
何かと便利なので、常備してあった
何かと便利なので、常備してあった
ところでこのレシピ、実はオリジナルをアレンジした代用レシピで、Wikipediaとかに書いてあるレシピとはちょっと異なる。

オリジナルの純正レシピだと
・塩化アンモニウム
・硝酸カリウム
・樟脳
となっているが、「硝酸カリウム」が、じつは爆弾の原料になるので、一般人ではあまり買うことができない。

というわけで、似た物質を使った代用レシピなのだが、結局水に溶かすので、「塩化」と「硝酸」とかが少し違っても大体同じものができるらしい。
!
なるほど。考えた人は気が利いている。

「これ、大胆なレシピだな!」と驚いたが、そもそも血圧改善の塩とか、実は半分は塩化カリウムじゃない不純物だし、全体的にけっこう適当でいいのかもしれない。
1.樟脳13g、急冷剤の中身2.5g、血圧改善の塩4gを計り……
1.樟脳13g、急冷剤の中身2.5g、血圧改善の塩4gを計り……
2.湯せんで温めながら、水30mLとエタノール40mLを加えて溶かす
2.湯せんで温めながら、水30mLとエタノール40mLを加えて溶かす
3.できた!(なんか濁ってるけど)
3.できた!(なんか濁ってるけど)
濁ってるのは、塩か急冷剤か、どちらかに入っていた不純物だろう。(これはこのあと1日ぐらい放っておいたら沈殿したから問題はあまりなかった)

ビンがだんだん冷めてくると、最初は星のような白い結晶が下りてくる。
おお! 雪みたいできれい!
おお! 雪みたいできれい!
このビンを気温の変化がある場所にさらに2~3日置いておくと、さまざまな形の結晶が成長してくるのだという。楽しみだ。

温度変化の大きそうな窓際に置いて、翌朝まで放置してみた。

プロの魂に火が付いた

翌朝、ストームグラスはこんな風になっていた。
真っ白!!! これ失敗なのか!?
真っ白!!! これ失敗なのか!?
本心を話そう。
ぼくの職業は理科教員なのに、最小単位が1gのキッチンはかりで3gの薬品を量るという、職業人として雑すぎる作業をここまで進めてきてしまった。

「適当でいい」という噂を鵜呑みにして、雑に計量したのが白化の原因かもしれない。
やはりここは真面目にプロの道具を使おう。
職場にある超精密はかり。最小単位0.001gまで量れます。
職場にある超精密はかり。最小単位0.001gまで量れます。
樟脳も13.000gぴったり量れる! チョー気持ちいい!
樟脳も13.000gぴったり量れる! チョー気持ちいい!
第2号完成! 不純物が入るからやっぱり濁るけどね……
第2号完成! 不純物が入るからやっぱり濁るけどね……
不純物をこんなにも正確に量って、自分でもいったい何の正確さを求めているのか分からなくなってきた。

なんかモヤモヤする。

ここまで来たらせっかくだし、純正レシピに従ったものも作ってみよう。
純正の原料。実はどちらも中学1年の実験で使うメジャー薬品
純正の原料。実はどちらも中学1年の実験で使うメジャー薬品
第3号完成! さすが純正一級試薬、全く濁り無し!
第3号完成! さすが純正一級試薬、全く濁り無し!
このようにして作った3つのストームグラスを室内に置き、3~4日観察を続けた。
最初は全部真っ白だったんだけど……
最初は全部真っ白だったんだけど……
結果から言うと、それなりに成功で、美しい結晶を作る秘訣もだいぶ分かってきた。

そして「嵐は本当に予測できるのか」という件も合わせて理科室で実験したので、次ページで詳しく報告したい。
▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ

↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓