特集 2018年2月6日

進化したすたみな太郎と今こそ向き合う

すたみな太郎が好きだという記事です。
すたみな太郎が好きだという記事です。
「すたみな太郎」というお店を知っているだろうか。寿司や焼肉などが食べ放題のお店である。

名前は聞いたことがあったのだが行ったことがなく、先日行ってみたところ夢ごこちのような体験、そして興奮冷めやらぬ熱い夜となり、これは皆さん行った方がいいと思ったのでその魅力と同時にすたみな太郎の進化した姿をお伝えしようと思う。

そして、行ってみたくなったら誘ってください。
1988年神奈川県生まれ。普通の会社員です。運だけで何とか生きてきました。好きな言葉は「半熟卵はトッピングしますか?」です。もちろんトッピングします。

前の記事:肉におぼれるもっこすらーめんを食べる


これがすたみな太郎だ

覚えてもらいたいことは「すたみな太郎は最高」ということである。どのように最高なのか説明しようと思う。

まず、看板を見てほしい。これだけですたみな太郎に来た気持ちになる。

色々と世知辛いことがある世の中であるが、焼肉、寿司、デザート食べ放題の言葉を見るだけで笑顔になってしまうだろう。
特に「この先GO!GO!」が気持ちを前向きにしてくれる。
特に「この先GO!GO!」が気持ちを前向きにしてくれる。
そして、コロコロコミックに出てきそうなキャラクターもいい。
そして、コロコロコミックに出てきそうなキャラクターもいい。
すたろーくんという。公式サイトによると新しく開店したときやお祭りのときくるらしい。そして、握手をすると幸せになれるという噂がある。ほぼ神様だ。
そしてこれが、夢へ支払う値段。
そしてこれが、夢へ支払う値段。
安い、高い、色々な意見があると思う。でも大切なのは値段じゃない。すたみな太郎を体験するということなのだ。なので時間は120分にしてほしい。それが夢を味わえる時間、誰もがシンデレラに変身できる時間なのだから。
世界中の幸せがここにある。平和の象徴として「SUTAMINATARO」が世界共通語になるらしいです。
世界中の幸せがここにある。平和の象徴として「SUTAMINATARO」が世界共通語になるらしいです。
そして食べ物だ。ここにある食べ物を好きなだけ食べることができる夢のバイキング方式である。普段の生活で抑制している欲望を解放しよう。他の人が食べたそうだから頼んだり、最後の1個だからと遠慮したりなど、そういう気づかいはいらない。すたみな太郎ではあなたのしたいように生きればいいのだ。(ただ残すのを禁止されている店舗もあるので食べきれる量を取ろう)
野菜、惣菜、寿司、焼肉。バランスよくなんてクソくらえの精神的で食べるのが楽しい。
野菜、惣菜、寿司、焼肉。バランスよくなんてクソくらえの精神的で食べるのが楽しい。
最初に取った食べ物たち。世の中にある全て料理がテーブルに集まったと言っても過言ではない。
最初に取った食べ物たち。世の中にある全て料理がテーブルに集まったと言っても過言ではない。
寿司を食べながら肉を焼く、食の自由を表した画像です。
寿司を食べながら肉を焼く、食の自由を表した画像です。
個人的に一番好きなのは味噌もつ鍋。もつがたくさん入っていて味もおいしい。
個人的に一番好きなのは味噌もつ鍋。もつがたくさん入っていて味もおいしい。
そして、すたみな太郎は食をエンターテインメントと提供している店でもある。料理をお皿に盛るだけではなく、自分で作れる料理もある。
例えばラーメンを作ることができる。
例えばラーメンを作ることができる。
誰もが1度はしたかった湯切り体験ができるのはうれしい。めちゃくちゃお湯を切った。
誰もが1度はしたかった湯切り体験ができるのはうれしい。めちゃくちゃお湯を切った。
きっとご飯でお腹が満たされたと思う。しかし、それだけではすたみな太郎は終わらない。デザートも充実している。そして、そこでも食のエンターテインメントが楽しめるのだ。
もしかしたら見たことのない料理に見えるかもしれないがクレープを焼いているところ。
もしかしたら見たことのない料理に見えるかもしれないがクレープを焼いているところ。
出来上がったらフルーツや生クリームなど好きなトッピングを乗せて食べることができる。
出来上がったらフルーツや生クリームなど好きなトッピングを乗せて食べることができる。
ソフトクリームの機械もある。ぼーっとしているとびっくりするぐらいの量のソフトクリームを食べることになるので注意しよう。
ソフトクリームの機械もある。ぼーっとしているとびっくりするぐらいの量のソフトクリームを食べることになるので注意しよう。
ケーキやプリン、アイスやシャーベットなど、この世の全てのデザートがすたみな太郎にはある。わたがしも作れるので無敵。
ケーキやプリン、アイスやシャーベットなど、この世の全てのデザートがすたみな太郎にはある。わたがしも作れるので無敵。
ここまで見て理想郷はここにあったのだと思う人も多いだろう。しかし、正直に言うと「おいしい料理を食べたい」と思ってくるとがっかりすると思う。色々なものをお腹いっぱい食べる場所であり、おいしいものを食べたい人向けのお店ではない。おいしい食べ物も多いがそこそこの物もある。頭を空っぽにして満腹になるまで食べるそれがすたみな太郎である。

今回行った友人の感想である。

「食べ放題はワクワクする。調べずに行ったのでお店に入る前から、どんな感じなのかなとそわそわしていた。 入ると活気があり親子連れや多く、全体的に若い人が多い印象だ。 みんなワクワクしている、なにせお寿司や焼き肉、ラーメンなど何でもある。 テーブルに並んでいる様なんて、王様じゃないだろうか。ここは食べ放題の殿堂だった」
子供の頃以来、久しぶりにライチを食べたらしいのだが「ライチのポテンシャルが全然発揮されてない。」と言っていた。
子供の頃以来、久しぶりにライチを食べたらしいのだが「ライチのポテンシャルが全然発揮されてない。」と言っていた。
そんな素敵なすたみな太郎だが、欠点として郊外にあることがあげられる。地元の方々には嬉しいがほとんどの店が駅から遠く、近くにない人は気軽に行けない。もっと気軽に行きたい。その欠点を克服したのがすたみな太郎NEXTである。
▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ

↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓