特集 2017年7月29日

グンタイアリに噛まれてわかったこと

!
アマゾンは危険な生き物の宝庫である。

水中にはピラニアにデンキウナギ、カンディル、ワニ。
陸上にはジャガー、サソリ、毒ヘビ…。
恐ろしくも、心惹かれるアンタッチャブルたち。
そんな彼らに出会うべく、僕は密林へと足を踏み入れた。

※この記事は、生物採集の専門サイト「Monsters Pro Shop 」の記事を一般向けにリライトしたものです。
自然と冒険のデジタルメディア Monsters Pro Shop 編集長
「五感を通じて生物を知る」をモットーに各地で珍生物を捕獲している。
にょろにょろした生き物がすごく好き。

前の記事:キノボリウオは本当に木に登るのか? 捕獲・実験・試食レポート

> 個人サイト Monsters Pro Shop

アマゾン最強は……アリ!

日本とは比較にならない密度で危険が潜む、アマゾンの熱帯雨林。
日本とは比較にならない密度で危険が潜む、アマゾンの熱帯雨林。
そして無事に様々な危険生物との邂逅を果たし、意気揚々と奥地から引き上げる道中。中継地点として立ち寄った村で、思いがけず「ヤツら」と出遭った。
訪れたガイアナ共和国の小村はお祭りの最中。音楽に合わせて踊る子どもたちにはどこか照れがあるように見える。元イギリス領だったこともあり、他のラテンアメリカ国家に比べて国民性はやや物静かな印象。
訪れたガイアナ共和国の小村はお祭りの最中。音楽に合わせて踊る子どもたちにはどこか照れがあるように見える。元イギリス領だったこともあり、他のラテンアメリカ国家に比べて国民性はやや物静かな印象。
村の傍を通る赤土の道。そこを彼らは横切っていた。
村の傍を通る赤土の道。そこを彼らは横切っていた。
赤土むき出しの道を、焦げ茶色の帯が横断しているのに気付いた。

蛇行して流れる様は、まるで小さなネグロ川のようでもある。
大きなアリを発見
大きなアリを発見
アリの行列であることはすぐにわかった。しかし、やけに規模が大きい。
これはもしかしてアレか。あの悪名高いアイツらなのか。
なんかヤバそうなオーラが出てる…。あっ、これグンタイアリだ!
なんかヤバそうなオーラが出てる…。あっ、これグンタイアリだ!
最強の昆虫は何か?
という議論を、虫好きが数人集まって始めたとする。
やっぱり王座はカブトムシかクワガタか。いや、人をも倒す毒を撃つオオスズメバチだろう。いやいやいや、カブトムシに蜂の針が通るわけが…。
と、これがこんな具合になかなか白熱するのである。
…だがそんなものは所詮、一個体の格闘能力についての考察でしかない。
一方で、今眼前を行進しているアリたちにはすべての虫、いやすべての生物が恐れをなす。まさに地上最強の昆虫。
その名は、「グンタイアリ」。
「その名は!」とか言わなくても、テレビや本でもよく見るから、みんな知ってるかもしれないけど。
不幸にも彼らの進路に飛び出した昆虫が餌食に。一瞬のうちにたかられ、バラバラにされてしまうので被害者の正体すら判別できず。
不幸にも彼らの進路に飛び出した昆虫が餌食に。一瞬のうちにたかられ、バラバラにされてしまうので被害者の正体すら判別できず。

兵隊アリのアゴがスゴい!

グンタイアリは一般的なアリと違って、自分たちで巣を作り定住することをしない。
進む先で遭遇する生物たちを手当たり次第に狩りながらジャングルをさすらい続けるという、やたらバイオレンスなジプシースタイルで生きるアリなのである。
「軍隊蟻」の名は言うまでもなく、圧倒的な数と兵力で前進、殲滅を繰り返す様からついたものだ。
よく見ると、体の大きさや形の違うアリが共に行動している。小さいのが働きアリで大きいのが兵隊アリだ。
よく見ると、体の大きさや形の違うアリが共に行動している。小さいのが働きアリで大きいのが兵隊アリだ。
数にモノを言わせるスタイルで進軍するグンタイアリだが、他のアリと同様、個体によってそれぞれ役割が異なっている。
特に戦闘・防衛の場面で重要な役割を果たす「兵隊アリ」のビジュアルがなかなか凶烈である。
グンタイアリの「兵隊アリ」。軍隊で兵隊。ソルジャーの中のソルジャー。
グンタイアリの「兵隊アリ」。軍隊で兵隊。ソルジャーの中のソルジャー。
身体は働きアリに比べて数倍ほども大きい。
それだけでも目立つ存在なのだが、特筆すべきは何と言っても異様に大きく発達したアゴである。
死神の持つ大鎌のように湾曲し、その先端は針のように鋭い。クワガタ顔負けの迫力だ。
顔自体は小さな複眼がちょんちょんと並び(視力はほとんど無いらしい)、なかなかマヌケでかわいらしいのだが、凶悪なアゴとのアンバランスさがかえって不気味でもある。

…そのキバ、本当に意味あるの?

…大きなアゴはたしかに恐ろしげだが、ここまで長い必要あるか?こんなに湾曲してなくてもよくないか?
…大きなアゴはたしかに恐ろしげだが、ここまで長い必要あるか?こんなに湾曲してなくてもよくないか?
「何このアゴ…。すっげー怖い。絶対ヤバイ。」
こんな凶器を振りかざされたら、人間だってビビってしまう。だが、冷静に見つめていると疑問が生まれてくる。
…別にそこまで長くなくてもよくない?
…長すぎて咬むとき力込めにくくない?
…デカすぎて逆に邪魔じゃない?
…そんなにカーブしてたら、うまくモノを挟めなくない?
なんとなく攻撃的に見えるがその実、理論的・合理的に観察すると全然敵を攻撃するのに向いていないのだ。
むしろ手鉤やピッケルのような「引っ掛ける」ことを目的とした形状であるように見える。
さっきは死神の大鎌に例えたけれど、アレも見た目は禍々しくても、所詮はただの草刈り道具だからね。
そういう見かけ倒し感をグンタイアリにも、実は前々からテレビ等で見かけるたびにビシバシ感じていたのだ。
この機会に事の真相を暴きたい。
ホントに強力な武器なのか。実はただのお飾りなのか。
確かめるべく、群れを護衛する兵隊アリの眼前に人差し指を突き立てる!
はい、ガッツリいったー。
はい、ガッツリいったー。
ああー!即座に咬まれた!
….でもたいして痛くない。ほんの少しチクチクする程度だ。アゴ先はズックリと深く突き立てられているが、肉を裂くわけでもない。
咬まれたのが皮の厚い指先だったこともあって、血もほとんど出ていない。
うわあ…。思った以上に大したことないんですけど…。
やはり見かけ倒しだったか…。結論を出しかけたその瞬間。
アリのしがみついた指先に「ヂガッ!」と強い痛みが走った。
何だ?咬まれた痛みとはまったく別物だが。
指先をアゴでホールドしたまま、必死にお尻の先端を指先に突き立てている。
指先をアゴでホールドしたまま、必死にお尻の先端を指先に突き立てている。
あ!こいつ毒針刺してる!ハチみたいに。
あ!こいつ毒針刺してる!ハチみたいに。
グンタイアリはハチ類と同じく、お尻に毒針を備えているのだ。近ごろ話題のヒアリと一緒だ。
あの痛みはこれに刺された際のものだったのである。しかも、何度も何度も何度でも刺し続けてくる。
と言っても、その痛みはミツバチに刺された場合の半分にも満たない程度である。たいしたことはない(アリやハチの毒は症状に個人差があるので注意)。
だが、気がふれたように腹端を突き立て続けるこのアリの攻撃性にたじろいでしまった。
さすがは地上最強として恐れられる軍隊の一兵卒。
何度試しても同じ結果に。痛みにも慣れてきた。
何度試しても同じ結果に。痛みにも慣れてきた。

ミツバチと同じ戦法か

と、ここで気づいた。
この大きなアゴは攻撃を目的とした武器ではない。真の武器である毒針による攻撃をより効果的なものにするための補助器具でしかないのではないかと。
一度標的に咬みつくと、鋭角に湾曲したアゴの先端が挟むように食い込み、容易には抜けなくなる。いわゆる「返し」として機能しているのだ。
指先が穴だらけにされていく。
指先が穴だらけにされていく。
こうなると、相手が自分より遥かに大きな動物であっても、そしてそれがどんなに暴れても、振り落とされることなく、ひたすら毒を撃ち込み続けることができるのである。直接、打撃を加えられて絶命するまでは。
同様の「己を犠牲にしながら攻撃を継続する」ことで有名なのが、同じく社会性昆虫であるミツバチだ。
彼らの毒針はそれ自体に返しを備えた銛先のような形状をしている。こちらは一度刺さると毒腺ごとミツバチから切り離されて敵の体表に残留し、主が亡き後もひたすら毒を注入し続ける。

グンタイアリもこれと同様の戦法を、異なる進化の過程で、異なる形で獲得したのだろう。
実に興味深い。
…と、僕は勝手に考えている。素人ながらに。
アゴが抜けずにバタつくグンタイアリ。お前自身も困ってるじゃねえか!
アゴが抜けずにバタつくグンタイアリ。お前自身も困ってるじゃねえか!
体の一部を引きちぎるミツバチと比べて悲壮さは控えめに感じられるが、命を賭していることに変わりはない。
大きな標的に一旦しっかり咬みついてしまうと、本当に自力でアゴを抜くことができなくなるのだ。
だが相手に一度咬みついたら離さないと言われるスッポンだって、実際は20分も放置すればたいていの場合は口を離してくれる。
グンタイアリも、そのうちどうにか自力でアゴを抜いてくれるのではと考え、その時を待ち続けてみた。
が、3時間以上が経過して攻撃の手が完全に止まっても、この個体は身動きが取れずにいた。軽くパニックに陥っているような挙動すら見せている。
あっ。やっぱり本当に、どうしても抜けないんだね。それを確認した上でそっと人力でアゴを抜いて解放してやる。
…まあ、すでに所属の部隊はどこかへ立ち去った後だったのだが。
咬みついてから3時間後。すっかりお疲れの兵士さん。もう毒針を刺してくることもない。
咬みついてから3時間後。すっかりお疲れの兵士さん。もう毒針を刺してくることもない。
身体の小さな働きアリも敵には果敢に咬みつき、毒針を叩き込んでくる。アゴがペンチのような形状をしているため、咬みつかれると兵隊アリに勝るとも劣らず痛い。
身体の小さな働きアリも敵には果敢に咬みつき、毒針を叩き込んでくる。アゴがペンチのような形状をしているため、咬みつかれると兵隊アリに勝るとも劣らず痛い。
患部(指の甲)の写真。わかりづらいが、画面中央が兵隊アリに刺されて腫れている箇所。左手を計12箇所刺されたが、腫れも痛みも数時間で引いた。(体質によっては重篤な症状を引き起こす恐れもあります。決して真似しないでください。)
患部(指の甲)の写真。わかりづらいが、画面中央が兵隊アリに刺されて腫れている箇所。左手を計12箇所刺されたが、腫れも痛みも数時間で引いた。(体質によっては重篤な症状を引き起こす恐れもあります。決して真似しないでください。)
ちなみにこちらはテキサスでヒアリに刺された際の患部(背景はレンジャーススタジアム)。毒アリの怖いところは確実に複数箇所を刺される点だろう。脚にびっしりたかられた時は熱が出た。
ちなみにこちらはテキサスでヒアリに刺された際の患部(背景はレンジャーススタジアム)。毒アリの怖いところは確実に複数箇所を刺される点だろう。脚にびっしりたかられた時は熱が出た。

チームワークは自然界でも最強の武器

たしかに個々の攻撃力は、毒ヘビやサソリと比べればたいしたものではないのないかもしれない。
しかし、グンタイアリのもっとも恐るべき点はその数と俊敏さである。うっかり彼らのテリトリーを侵した瞬間に、あの執念深さと毒針を備えたアリたちが、何千、何万と襲いかかってくる。そんな場面を想像すると、恐ろしさで背筋が凍ってしまいそうだ。まさに数の暴力。
どうか読者のみなさんも、アマゾンを旅する際はグンタイアリの行列をうっかり踏んだりしないよう気をつけていただきたい。
林床や草むらからトカゲやヘビが慌てて飛び出してきたら、それはグンタイアリが付近を進軍しているサインらしい。ここまで動物に恐れられる昆虫はやはりアリとハチの類だけだろう。社会性というのは、自然界における最強の武器なのかもしれない。
林床や草むらからトカゲやヘビが慌てて飛び出してきたら、それはグンタイアリが付近を進軍しているサインらしい。ここまで動物に恐れられる昆虫はやはりアリとハチの類だけだろう。社会性というのは、自然界における最強の武器なのかもしれない。
▽デイリーポータルZトップへ

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ

↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓