特集 2017年6月5日

レバーを味噌で煮て油に漬けるとうまくなる。赤いウインナーでもね。

赤ウインナーの味噌オイル漬け

最初は赤いウインナーを味噌オイル漬けにします。
塩コショウで炒めただけでいい酒の肴になる。
塩コショウで炒めただけでいい酒の肴になる。
作る手順は同じです。切り分けたソーセージを日本酒で煮て、煮立ったところに調味料を入れる。山椒ではなく、黒胡椒が入ります。弱火でしばらく煮て、荒熱をとったら瓶に詰め、唐辛子とオリーブオイルを入れたら出来上がりです。
ややお菓子的な色合い。
ややお菓子的な色合い。
加熱時間はレバーの半分ぐらい。使った赤いウインナーの量が100g程度だったので、調理時間は短めです。
見た目は焦げ目の無い赤ウインナーの味噌炒めといったところか。
見た目は焦げ目の無い赤ウインナーの味噌炒めといったところか。
ひと晩置いて味を馴染ませてからの試食です。心なしか、ウインナーの赤い色が調理前よりも明るくなった気がします。
おお!これはなかなかいいね。
おお!これはなかなかいいね。
味は油と味噌で炒めたウインナーという感じがありますが、焦げたところがなく、どことなく落ち着いた上品な味わいを感じます。旨味が滑らかに伝わってくるようで、クセのある肉の香りも抑えられています。

以前、赤いウインナーを低温の油で煮てタコのウインナーを作った時は物足りなさを感じましたが、これは味噌の味でそういった事はありません。むしろ炒めるよりも濃厚です。

ウインナーの変わった食べ方としてアリかもしれません。
オススメ度:☆☆☆☆
次にいきます。
<もどる ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ

↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓