特集 2017年3月1日

現代版「いないいないばあ」絵本を作ろう

最近、流行っている動物などを導入した「いないいないばあ」絵本です
最近、流行っている動物などを導入した「いないいないばあ」絵本です
赤ちゃん向け絵本のド定番といえば「いないいないばあ」!

ボクは子どもいないのでアレですが、子持ちの知り合いに聞くと「いないいないばあ」絵本を読んであげると、赤ちゃんがガチで笑いまくるとのこと。

そんな、子育てに役立つ本だけあって、メチャクチャ売れているようで、類似絵本も多数出版されているようです。

このムーブメントにボクも乗っかりたい! ……ということで、他の絵本では出てこなそうな動物を使って「いないいないばあ」絵本・ニューバージョンを作ってみました。
1975年群馬生まれ。ライター&イラストレーター。
犯罪者からアイドルちゃんまで興味の幅は広範囲。仕事のジャンルも幅が広過ぎて、他人に何の仕事をしている人なのか説明するのが非常に苦痛です。変なスポット、変なおっちゃんなど、どーしてこんなことに……というようなものに関する記事をよく書きます。(動画インタビュー)

前の記事:少女漫画のコンタクトレンズは直径6cm

> 個人サイト Web人生

!
!
!
!
!
!
!
!
!
!
!
!
!
!
!
!
!

「いないいないばあ」タッチを習得したい

ストーリーはほぼない絵本なので、動物のバリエーションさえ増やせば、いっくらでも新作絵本を作れそうなもんなんですが、あの絵の独特な雰囲気がなかなか出なくて……。

瀬川康男さんが担当している元祖「いないいないばあ」絵本のあの絵。たぶん版画か、ハンコ的な手法だとは思うんですが、荒々しいタッチでありながら、動物たちがかわいくていいんですよね。

今回はフツーの絵の具っぽいタッチになってしまいましたが……いつかマネしたい!

とりあえず、お子さんのいる読者さんは、子どもに読み聞かせてみて、どんな反応だったか教えてください!?
▽デイリーポータルZトップへ

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ

↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓