特集 2017年1月16日

ドライマンゴーやドライアップルを日本酒で戻すと美味しい大人菓子になる

ドライパイン

次はドライパイン。
キノコみたいですが、干しパイナップルです。
キノコみたいですが、干しパイナップルです。
輪切りのパイナップルがそのまま干されています。大きいので適度に割って日本酒に浸し、一晩冷蔵庫に入れます。
色のせいか、がんもどきか何かのようにも見える。
色のせいか、がんもどきか何かのようにも見える。
取り出してみると、かなりパイナップルの香りが強くします。柔らかくはなっていますが、繊維がしっかりしているのか、箸で引っ張っても切るのは大変です。
見た目よりもかなり生パイナップルだ。うまいな!
見た目よりもかなり生パイナップルだ。うまいな!
食べてみると、色は茶色くなっているが、食感は生のパイナップルにかなり近くなっています。水気が少な目のやや硬いパイナップルぐらいでしょうか。

パイナップルの甘味が日本酒の風味と良く調和していて大変おいしいです。パイナップルの強い酸味はあまり感じません。日本酒ではメロンやパイン、ブドウ的な風味を持つものがあるので、その傾向の強いものを飲んでいるような感じにもなります。
!
次行きます。
<もどる ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ

↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓