特集 2017年1月16日

ドライマンゴーやドライアップルを日本酒で戻すと美味しい大人菓子になる

ドライアップル

次はドライアップル。
会社員時代、体に良さそうなお菓子ということでよく食べていたが、1日1袋食べていたのは食べ過ぎだったと思う。
会社員時代、体に良さそうなお菓子ということでよく食べていたが、1日1袋食べていたのは食べ過ぎだったと思う。
ふじリンゴのドライフルーツです。日本酒に浸し、一晩冷蔵庫に入れます。
いい色つやになった。
いい色つやになった。
取り出してみると、リンゴの爽やかな甘い香りと供に日本酒の香りが漂ってきます。
こりゃー、うまいな!
こりゃー、うまいな!
食べてみると、サクサクとした食感。アップルパイの中のリンゴをもっと瑞々しくした感じになっています。リンゴの甘味や香りが日本酒の風味と非常に良くあっている。

ちょっとアルコールを感じる大人のお菓子として大変美味しいです。煮ないで作る簡単リンゴのコンポートでしょうか。これ単体で食べても美味しいですが、色々なデザートにも使えそうです。
!
次行きます。
<もどる ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ

↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓