特集 2016年9月14日

ローカルアイスまんじゅうが美味くて面白い

同じ「アイスまんじゅう」という名前でも全く違うものが売られているぞ。
同じ「アイスまんじゅう」という名前でも全く違うものが売られているぞ。
三重県の桑名市に行った際にアイスまんじゅうが売られていたので食べてみるとめちゃくちゃ硬かった。

これ、俺が知ってるアイスまんじゅうと違う!と思ったら、この桑名市がアイスまんじゅう発祥だとか、他にも作っている所があるとの情報が。

どんなものかと食べに行ってみたらば、美味いし面白かった。
1983年三重県生まれ、大阪在住の司法書士。
手土産を持参する際は消費期限当日の赤福で受け取る側に過度のプレッシャーを与える。

前の記事:日本一やかましい祭りのやかましくなさがすごい

> 個人サイト owariyoshiaki.com

アイスまんじゅうにも色々あるぞ!?

私は三重県出身なのだが、知っているアイスまんじゅうは丸永製菓という福岡県の会社のものだった。周りは柔らかいバニラアイスで中にはねっとりとした餡がたっぷりと入っている。
俺の知ってるアイスまんじゅうはコレ。
俺の知ってるアイスまんじゅうはコレ。
柔らかくて美味い。
柔らかくて美味い。
まんじゅうがアイスになったらこうだろうなというイメージを実現した感じで、“I love you”を “月が綺麗ですね”って訳しそうなアイスである。
形はどことなく似ているか…?
形はどことなく似ているか…?
あずきバー並に硬い
あずきバー並に硬い
それに対して桑名で食べたアイスまんじゅうはガッチガチに固く、まんじゅうをアイスにしたら?って考えてまんじゅうをそのまま凍らせた感じ。“I love you”は“めっちゃ好きやで”って訳しそう。

コレが結構嫌いじゃない(訳すと結構好き)。

アイスまんじゅうでもこれだけ違うものが福岡県と三重県で息づいているのが面白い。全国流通していないアイスまんじゅうを何軒か巡ってみたら、それぞれに特徴があり、オモシロ美味かったのでお伝えしたい。

好き嫌いから生まれたソウルフード

桑名アイスまんじゅう御三家の一つマルマン
桑名アイスまんじゅう御三家の一つマルマン
まずやってきたのはマルマンというお店。店構え的に駄菓子屋さんのような感じかと思っていたが入ってビックリ。
アイスの金型とか初めて見たぞ。
アイスの金型とか初めて見たぞ。
生産しており、貯蔵している冷蔵庫。
生産しており、貯蔵している冷蔵庫。
意外にも中は生産工場であった。昔っからココで作っているようで1日1000本とか作るそうだ。予想以上に規模が大きい。
工業的…。って思ったが、アイスの持ち手は割り箸で、家…?って思った。
工業的…。って思ったが、アイスの持ち手は割り箸で、家…?って思った。
こちらのアイスまんじゅうは比較的柔らか目なのでいきなり噛んでも歯は折れない。が、硬いは硬い。あんこ部分と練乳部分の甘さのバランスが良い。

元祖って書いてあったので「こちらが発祥なんですか?」って聞いてみると「おじいちゃんの代からで、かなり昔やからそうなんじゃないの?」って言っていた。ふわっとしてる。
イラストが良い。
イラストが良い。
アイスまんじゅうの他にアイスキャンディの「フルーツ」と「コーヒー」があったのでフルーツも購入。
フルーツ。持ち手の棒が割り箸で斜め。
フルーツ。持ち手の棒が割り箸で斜め。
バナナがポックリとしていて、バナナ感満点。
バナナがポックリとしていて、バナナ感満点。
ホームランバーっぽいサッパリとしたバニラにみかん、パイナップル、バナナが入っていて素材感がしっかりとしていて美味い。

前述のアイスまんじゅうを全国発売している丸永製菓の白くまアイスバーにどことなく似ている。アイスまんじゅうといい、アイスバーといい、福岡と三重はつながっているのか。
フルーツ嫌いだった店主。
フルーツ嫌いだった店主。
と、思いきや「フルーツのアイスバーって実はこの人が果物嫌いだったからお母さんが作ったんですよ」と奥さんが言い、照れくさそうにする店主。

全国規模で発売してる商品と似てるなーと思ったら起源はまさかの子供時代の好き嫌い。

そこからこのクオリティの商品が生まれて、“思い出の味”とか“夏といえばコレ!”と言われるソウルフード的な存在になっているなんて、料理漫画かよ。
▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ

↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓