特集 2016年8月5日

ヘボコン直前!不器用な人が作ったロボット中間報告

!
ロボットなんて作れない人たちが、自作の「自称・ロボット」を持ち寄り無理やりロボットバトルをする、そしてそれをみんなで見守るイベント、ヘボコン。
いよいよ今週末、初の世界大会「ヘボコン・ワールドチャンピオンシップ2016」を開催する。

いよいよ大会直前ということで、出場者(全員不器用!)から送られてきた、ロボットたちの製作工程を一挙ご紹介いたします!
インターネットユーザー。電子工作でオリジナルの処刑器具を作ったり、辺境の国の変な音楽を集めたりしています。「技術力の低い人限定ロボコン(通称:ヘボコン)」主催者。1980年岐阜県生まれ。(動画インタビュー)

前の記事:新兵器「撃てるメガネ」

> 個人サイト nomoonwalk

イベント詳細
ニフティ30周年プレゼンツ
ヘボコン・ワールドチャンピオンシップ2016
8/7(日) 18:00~
※チケットは完売。当日券が出る場合はTwitter等でお知らせします。

ニコニコ動画(日本語)、YoutubeLive(英語)にて生放送を行います。
詳細はこちら↓
http://portal.nifty.com/cs/stream/detail/160802197103/1.htm

出場ロボット紹介

まずは期待のルーキー、チーム「おしょうゆ」の事前構想を見てほしい。
イベント1か月前には数々の部品を取りそろえ、すでに準備万端。
イベント1か月前には数々の部品を取りそろえ、すでに準備万端。
ハイテクノロジーペナルティ(技術力の高すぎるロボットはペナルティを受けるルール)回避のため手加減を宣言する余裕ぶり
ハイテクノロジーペナルティ(技術力の高すぎるロボットはペナルティを受けるルール)回避のため手加減を宣言する余裕ぶり
完璧な設計
完璧な設計
本気すぎないか、これは技術力の低い人のためのイベントだぞ…。
という周囲の心配をよそに、緻密に設計されたロボットの実装は着々と進んでいる…かのように思われた。
かくしてイベント2週間前、7/18にアップされた最新画像。
4番に注目。全然違うものができてきてる…
4番に注目。全然違うものが出来てきてる…
製作過程で、一度ふりだしに戻った感。
そして週末に本番を控えた今週、僕の元に1通のメッセージが届いた。
あきらめた…ッ!
あきらめた…ッ!
事前の壮大な構想、途中で変更になる設計、そしてあきらめの早さ!

技術的な稚拙さだけでなく、作り手の意志の弱さや集中力のなさも重要な評価ポイントとなるのが、最近のヘボコンのトレンドである。
その点、イベント開始前から非の打ちどころのないパフォーマンスを見せつけてきた出場者であった。

つづいて別チームの作業風景もどんどん紹介していこう。
ロボットはまだ出来てないのですが、発射するお寿司ミサイルにネタを仕込むために、DMM.make AKIBAの超音波カッターを使わせてもらって、シャリをくり抜きました。 寿司爆弾をどうやって発射させるかが問題ですが、輪ゴムか何かで天高く舞い上がらせれるように頑張ります!(Tさん)
ロボットはまだ出来てないのですが、発射するお寿司ミサイルにネタを仕込むために、DMM.make AKIBAの超音波カッターを使わせてもらって、シャリをくり抜きました。 寿司爆弾をどうやって発射させるかが問題ですが、輪ゴムか何かで天高く舞い上がらせれるように頑張ります!(Tさん)
「口を動かす前に手を動かせ」というフレーズがあり、現場派の人間にとっては金言とされている。

しかしヘボコンになるとそれも度を越して、仕組みを考える前から作り始めてしまう。口ではなく、「頭を動かす前に手を動かす」という状況。聞きなれた言葉に言い換えれば「行き当たりばったり」である。

超音波カッターというハイテクな工具を惜しげなく投入したうえでなお、見る側に心配を余儀なくさせるプレーヤー。果たして寿司は本当に飛ぶのか!?
概形がぼんやりできました! たぶん象さんと(一応)豚さんは合体します。動力を強くするのとボディーの軽量化が今後の課題です(narajo☆mekabuチーム)
概形がぼんやりできました! たぶん象さんと(一応)豚さんは合体します。動力を強くするのとボディーの軽量化が今後の課題です(narajo☆mekabuチーム)
機体自体を見ると、この時点ではまだ完成形が見えず、未知数という感じ。

しかしながら、散らかった机の上の狭い空きスペースで作るという作業スタイルは、不器用な人独特のものである。初出場のチームながら、みなぎるポテンシャルを感じざるを得ない。
イカプロペラが出来ました。美しいです。(ちいとゆう)
イカプロペラが出来ました。美しいです。(ちいとゆう)
万華鏡のごとく、点対照に広がるイカの姿。それを美しいと感じる気持ちは理屈としてはわかるものの、残念ながらパッと見は完全にラフレシア系である。匂いが強そうなところも共通。
さらに絵のインパクトで見落としそうになったが、コメントに「プロペラ」と書いてある。まさか飛ぶ気なのか。イカで!?
▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ

↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓