広告企画♪ 2016年7月26日

スマホを川の向こうの人に濡らさずに届ける方法

沈むし、転ける

盛大に転けた。足を取られ自分の体を制御できず、前のめりに水に倒れこんだ。スローモーションに感じた。事前の安藤さんとのディスカッションでは浮く、という結論に至っていたけれど、一歩目から感じていた。沈むと。
沈んでるんだよね
沈んでるんだよね
二歩目に希望を持った。一歩目で諦めてはいけないのだ。二歩目で状況が変わるかもしれない。そのように希望を持つことが、スマホが水没しない未来へとつながると思っていた。ただ二歩目も沈むし、やっぱり転ぶ。
完全に
完全に
転けた
転けた
Galaxy S7 edgeは大丈夫なのか、と心配になったけれど、ジップロックのおかげか、どうやら濡れずに済んだようだった。いま一つの答えが出た気がする。ジップロックがあればいいのではないか、という答えだ。
私はびしょ濡れだけど、スマホは大丈夫!
私はびしょ濡れだけど、スマホは大丈夫!
濡れるとすごい疲れる
濡れるとすごい疲れる

竹馬作戦

ボディーボードはダメだった。ただジップロックという可能性に気がついた。しかし安藤さんは「ジップロックだっていつでもあるわけではないだろう」と言いながら、竹馬を取り出してきた。竹馬の方がいつでもないだろ、と思うけれど。
次は竹馬を使います
次は竹馬を使います
こういう作戦です
こういう作戦です
竹馬に乗ることで、自分は濡れずに対岸に行ける、とのことだった。自分が濡れないということは、Galaxy S7 edgeも濡れないのだ。なるほど、と思うけれど、川の中で上手く竹馬を操作できるか心配ではある。
竹馬に乗る
竹馬に乗る
一歩ずつ、
一歩ずつ、
着実に、、、
着実に、、、
転ぶよね
転ぶよね
完全に転んだね
完全に転んだね

そもそも論

さっきも見たような光景だった。ボディーボードと同じだ。川に竹馬の操縦を取られ、盛大に転んだ。転ぶ瞬間はやっぱりスローモーションに見えた。人は川で転ぶとスローモーションに見えるのかもしれない。
もう一度進む
もう一度進む
ボディーボードは沈んだのでどうにもならないけれど、竹馬ならば、沈む心配はないので、足を取られなければ、対岸にスマホを濡らさずに届けることができるかもしれない。私は安藤さんが準備してくれた竹馬に希望を感じたのだ。安藤さんを信じているのだ。
慎重に一歩ずつ、
慎重に一歩ずつ、
進む
進む
ダメだ、これ
ダメだよ、これ
だいたい竹馬が短いのだ。写真にはないけれど、全身浸かってしまうところもあった。もはやどうしていいのかわからない。水深が竹馬より深く、全身浸かる。つまりGalaxy S7 edgeが濡れるのだ。竹馬の意味が全くない。
ビッショリだよね
ビッショリだよね
信じた俺がバカだった
信じた俺がバカだった


Galaxyは無事なのか。

<もどる ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ

↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓