特集 2016年6月23日

すてきな公開空地めぐり

ほぼ抜け道!細すぎる公開空地

森の次は都会の抜け道みたいなやつを紹介したい。
ここにも公開空地が
ここにも公開空地が
ただのビルに見えるけど、ここにも公開空地がばっちり写っている。
ビルの左脇の、通路みたいなところだ
ビルの左脇の、通路みたいなところだ
こういう抜け道状の空地はとても便利だと思う。

ふつう東京とかだとビルとビルの間にすきまがなくて、向こうに渡れない。でもこういう場所があれば渡れる。それに日陰になって、休むことができる。
奥のほうでアクティビティを誘発している
奥のほうでアクティビティを誘発している
最初のページで「ベンチがあっても座ってない」と書いたけど、あれは大通りに面してみんなに見られる場所だったからだと思う。あそこに座る勇気はなかなかない。

でも抜け道みたいな所なら休みたくなる。
ここも、奥まった場所だから座りやすい
ここも、奥まった場所だから座りやすい
ビルとビルの隙間の公開空地。ここを狙うのが通である。

最後に、ここはどう使えばいいんだ?という場所を紹介したい。
謎の空間の入口
謎の空間の入口
入ると、
入ると、
すぐ出口。
すぐ出口。
編集部の石川さんが写真を送ってくれた場所で、「入口から出口まで直線距離で3mくらいでしょうか」とのこと。

もしかすると公開空地じゃないかもしれないんだけど、マンション側の心意気だろうか。最高の小道だと思う。

奥まった場所がいい

最初のページで紹介したようなだだっ広い空地は、見ているとほとんどの人はただ通り過ぎるだけで、だれも広場としては使っていない。

よくつかわれているのは、最後にみたような奥まったちょっと狭い場所だ。奥まった場所、いいなと思う。
<もどる ▽デイリーポータルZトップへ

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ

↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓