特集 2016年2月24日

ものすごく大きいエビの姿を見てみたかった

!
名古屋名物と言われるエビフライ。引っ越してきてからずーっと気になっていたお店があった。

それが冒頭の写真のエビフライである。

なんだこの大きさは。おかしいだろう。そんなエビがいるのか!?食べてみたい。
1983年三重県生まれ、大阪在住の司法書士。
手土産を持参する際は消費期限当日の赤福で受け取る側に過度のプレッシャーを与える。

前の記事:歴史に名を残せエスカルゴ牧場

> 個人サイト owariyoshiaki.com

ほんとにデカくて凄くヤバイ

エビフライというものはなかなかに信頼出来ない食べ物である。見本とはぜんぜん違うものが出てくる可能性はもちろん、実際に大きい物が出てきても衣の中身はわからない。
大きさおかしいだろう。食品サンプル作った人も「これはちょっと誇張してるやろ…」って思ったハズ。
大きさおかしいだろう。食品サンプル作った人も「これはちょっと誇張してるやろ…」って思ったハズ。
これだけデカいと、これだけデカいのが出てくるのか?中身は詰まっているのか?そもそも一匹なのか?と様々な疑問が沸き上がる。

一本で2000円という値段に怯んでいたが、これは食べるしか無いだろう。ワクワクしながら待っていると、そいつは、来た…。
本当にデカい!おかしい!
本当にデカい!おかしい!
提供されたエビフライはまさにディスプレイのまんま。普通の商品でもなかなかディスプレイのまんま出てこないのに、異常なディスプレイが異常なまんま現れた。

デカい。長い。だがしかし、まだ衣だ。中がどうなっているかはわからない。衣がすっごいのかもしれない。
大変にわけの分からない写真になってしまった。
大変にわけの分からない写真になってしまった。
切ってお召し上がりくださいと言われたが、まずはそのままかぶりつかねばなるまい。と思って食べてみたらば、エビフライのアスキーアートみたいな状態になった。段々現実離れしてきた。
ハムッ ハフハフ、ハフッ!!
ハムッ ハフハフ、ハフッ!!
かじるとブリィーンッ!!と恐ろしいほどの身の詰まり具合、歯ごたえ!衝撃で顔がギャグマンガっぽい感じになってしまった。デカすぎるエビフライにギャグマンガの登場人物と、写真の要素がほぼすべて現実離れしている。
大きさだけを求めたけれど、大きいとブリンブリン感が強くなって美味い。
大きさだけを求めたけれど、大きいとブリンブリン感が強くなって美味い。
食べてみるときっちり大きく、身も詰まっていて確かに一本だ。こんなものが、本当に存在するなんて…!
生活感あるものと並べると妙なことになる。2リットルのペットボトルより長いエビフライ
生活感あるものと並べると妙なことになる。2リットルのペットボトルより長いエビフライ
持ち帰りもできたので一本持ち帰ってみた。日常生活に現れると35センチという長さが更に際立つ。エビじゃない、龍だ。たぶんこれは龍のフライだ。

これからは普通のエビフライと区別するために、このデカいエビフライのことをドラゴンフライと呼ぶ。

生のデカいエビを見てみたい

ドラゴンフライ級のドラゴン(デカいエビ)は揚げる前は一体どんな姿なのか。蛇みたいなのか、龍なのか。それともデカいエビなのか。

見てみたいと思い、市場にやってきた。名古屋では、名古屋駅から徒歩5分くらいでガチの市場がある。
市場にやってきた。
市場にやってきた。
身が殻からはみ出す「貝殻の意味分かってないやろ貝」がたくさん売られている。
身が殻からはみ出す「貝殻の意味分かってないやろ貝」がたくさん売られている。
ここならばドラゴンも売ってるだろうと思ったが、なかなかドラゴンは見つからない。
エビ専門店来た!
エビ専門店来た!
エビ専門店の方に、昨日買ったドラゴンフライを見せて「これと同じくらいのエビはありませんか?」って聞いたら「無いね」と即答。えっ。
身の部分だと、半分くらいの長さかな~。とりあえず5匹買った。
身の部分だと、半分くらいの長さかな~。とりあえず5匹買った。
「どこかでこれと同じくらいのエビを買えるところってありませんか?」と聞くも「そもそもその大きさは無いんじゃないかな」という答え。

えっ、俺が今持っているのは一体何なんだ…?

一回りくらい小さいものなら冷凍エビ屋さんにあるかもね。って言われたので、行ってみたが、そのサイズもなし。名古屋の市場でも手に入らない大きさのドラゴン…?俺は今、幻を手にしているのか。

しょうがない、じゃあドラゴンフライ自分で作ってみるか。
▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ

↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓