特集 2015年12月29日

ヘボコン総集編2015~山口/富山編

受賞ロボット

第1回・優勝

west-village.net (以下、写真west-village.net (以下、写真キャプションは作者名です)は作者名です)
west-village.net (以下、写真キャプションは作者名です)
ハロウィンをテーマに、音に反応して動く6速歩行キットに家をかぶせたロボット。可愛い見た目ながら意外な押しの強さ 、そして投票判定でも観客の人気を集め優勝。

第1回・審査員賞 犬飼博士(eスポーツプロデューサー、ゲームクリエイター)

りゅーま
りゅーま
カメにトゲを抜かれたあのマシン。少し触っただけでトゲは抜けるわ粘土は落ちるわ、もっとも脆くそしてヘボかったとして審査員賞を受賞。ちなみにモデルはマッドマックスだそうです。

第2回・優勝

ますだ
ますだ
会場へまるごしでやってくる道中、コンビニで漫画本「まるごし刑事」をパーツとして購入。自身のまるごしぶりを漫画タイトルに投影した自省的ロボ。ゼンマイ式で試合開始後すぐ止まるのに、運だけで優勝。

第2回・審査員賞 林雄司(デイリーポータルZウェブマスター)

チョーコクン
チョーコクン
宇部市の公式キャラクター「チョーコクン」が公式参加。「後ろからシャボン玉のストローで吹いて進める」という非現実的な動力を搭載。
「見た目はもっともらしいのに動かそうという意思が感じられなかった。その割にふざけている様子がなく、ストローで吹く表情が完全に真顔。」という理由で受賞。

第3回・優勝

メカハリボテ(taka)
メカハリボテ(taka)
コントローラーの操作で首が上下に動き、左右に自由に旋回もできるなど、高機能を生かして優勝。ハリボテを外すと中身はキャタピラ駆動で、押しも強かった。

第3回・審査員賞 阿蘇カラクリ研究所

たぬきちゃん
たぬきちゃん
トレーラーの頭部分を坂の上に固定、連結部を切り離すことによって地元の銘菓「鶏卵せんべい」が荷台ごと滑り落ち突進する。そしてそのまま土俵外にはみ出て1回戦で敗退。「これロボットじゃないですね、ゴミですよね」という最高の褒め言葉により受賞。

第4回・優勝

田中祭
田中祭
「倒すか倒されるか」というヘボコンの緊張感をボーリングで表現。ボディに日本の技術の結晶であるプレステ2(の外装)を使用するも、それとは無関係にベースのおもちゃの馬力だけで優勝。

第4回・審査員賞 津田和俊(大阪大学創造工学センター、Fablab北加賀屋)

やりがい100%
やりがい100%
未来から来た力士(設定)。ボディがガムテープなので色黒。クワガタのキットを力士にするという強引ぶりも特徴だが、動作より形の作りやすさを優先したため、進行方向は後ろ向き。「相撲というコンセプトを忘れなかった唯一のマシン」として受賞。

第5回・優勝

やまだ
やまだ
コントロール性能のよさで細かく立ち回る。前面のプロペラは一応回るものの戦力にはつながらない飾りかと思われたが、決勝戦では相手をすくい上げて転ばせるのに活躍。

第5回・審査員賞 日髙良和(宇部工業高等専門学校)

べつやくれい
べつやくれい
当サイトライターのべつやくさん。本体は小さいが、前面に装備したハンガーの幅広さにより大きなロボットも押し出すことが可能。しかし実戦では意味なく飾りでつけていた尻尾が土俵から出て、敗退。見た目の素朴さと、「要らんパーツで負けた」点が評価された。


以上、各大会の結果を駆け足でご紹介した。下のダイジェスト映像では全出場ロボットの単体映像と、各大会の決勝戦が網羅されている。いろんな「ゴミっぽいもの」がこんなにたくさん見られる映像は他にないと思うので、ぜひご覧ください。
ミニヘボコン in 山口 ダイジェスト
<もどる ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ

↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓