特集 2015年12月16日

本場名古屋のコメダ珈琲の奥深さ

最近のコメダでも変わりコメダが

先ほどのコメダは最古のお店なので特に変わっていたのだが、最近出来たであろうお店でも名古屋では変わったお店をたまに見かける。
小屋感がすごい。中は普通の内装であった。
小屋感がすごい。中は普通の内装であった。
マンションに続く階段の踊場みたいな所のコメダ。である。マンション専属感が凄いけれど、実際にこのマンションに住んでたら使うかな?隣の部屋の人と頻繁に顔合わせそうで避けるかな…。でもコーヒーチケットとか買っておいたら超便利だろうな…。

などと全くする必要のない想像が掻き立てられる。私は、欲しい。このコメダ、超ほしい。
ロードサイドコメダ。
ロードサイドコメダ。
続いてはロードサイドコメダ。道沿いにあるコメダでとても一般的な感じに見える。
しかし中に入ってみると。
しかし中に入ってみると。
カウンター席の真ん中に池?がある。
カウンター席の真ん中に池?がある。
普通っぽい外観をしておいて入ったら池。居抜き物件なのか、バブルっぽさが凄い。

最近新規出店するコメダはコメダとして作られ、コメダコメダしい作りとなっているが、名古屋ではこういうコメダがちょくちょくあるのがステキである。
ちなみにここではミニチョコノワールを食べた。熱々のデニッシュに冷たいソフトクリームが乗ってチョコがかかった激ヤバ案件。
ちなみにここではミニチョコノワールを食べた。熱々のデニッシュに冷たいソフトクリームが乗ってチョコがかかった激ヤバ案件。

パラレルコメダ

コメダっぽいけど…?
コメダっぽいけど…?
内装の雰囲気からそこはかとないコメダ感を覚えるが、決定的に違う椅子の色。これは…?おやおや…?と思うが
シロノワールがある。
シロノワールがある。
このコップは、たっぷりアイスコーヒーのコップ!
このコップは、たっぷりアイスコーヒーのコップ!
更に随所から感じるコメダ感。実はここ、コメダが運営する「おかげ庵」という甘味喫茶なのである。なので色々と共通点があったりするが、抹茶シロノワールはここでしか食べられないという特別感である。

もちろん席は広いし隣席との間隔も広い。雑誌や新聞も完備しているしコメダ要素は満たしている。さっきの最古のコメダがコメダなのであれば、ここもコメダなのではないだろうかと思ってしまう(くらいには感覚がわからなくなっている)。
はい美味い~。はいサイコー。
はい美味い~。はいサイコー。
そしてこの緑のコメダでは鉄板ナポリタンが食べられるのだ(メニュー名はレトロスパゲッティ)。そんなにピックアップされないが、鉄板ナポリタンは名古屋メシの一つでめっぽう美味い。
レトロスパゲッティと名乗っているが結構モダンな味付けだったので、チーズたっぷりとタバスコをかけてジャンクさを増して卵のまろやかさと合わせるとすっげぇ美味い。
レトロスパゲッティと名乗っているが結構モダンな味付けだったので、チーズたっぷりとタバスコをかけてジャンクさを増して卵のまろやかさと合わせるとすっげぇ美味い。
様々なところに出店して、名古屋名物感が薄れてきたコメダ珈琲であるが、この緑のコメダは愛知県内にしかなく、ここでしか食べられない抹茶シロノワールや名古屋メシも食べられるので県外からの方に良いのではないか。
団子って、焼き具合でかなり味変わるのな…。
団子って、焼き具合でかなり味変わるのな…。
それに加え自分でお団子を焼いて食べられたりとまだまだ引き出しがあるので緑のコメダは侮れないぞ…!(緑のコメダではなく「おかげ庵」です)
うまい。
うまい。
<もどる ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ

↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓