特集 2015年11月20日

ある戦後映像の謎を解く

「マ元帥送る兵隊 昭和26年4月16日」とある!
「マ元帥送る兵隊 昭和26年4月16日」とある!
昨年(2014年)の夏、友人のある"推理"を元に、羽田空港近くを探索した。これがものすごく楽しかったので、その話をしたい。

"推理"の元はある動画。ここに映っているのはどこなのか。いつ撮られたものなのか。

そしてぼくは「人の話聞かなきゃいけないな!」と思ったのでした。
もっぱら工場とか団地とかジャンクションを愛でています。著書に「工場萌え」「団地の見究」「ジャンクション」など。(動画インタビュー

前の記事:果物をかわいいガスタンクにする

> 個人サイト 住宅都市整理公団

動画「焼け残った戦後の日本の風景」

まずはその元となった動画をごらんいただこう。Youtube にあった「発掘映像 Coronet Instructional Films 焼け残った戦後の日本の風景」というものだ。
きれいな映像! これいつ頃の撮影だろう? そしてどこだろう?
どうですか。なんだかすごいよね。戦後、焼け残った建物と急ごしらえのバラックの広がる風景と砂塵でけぶる空。

これを教えてくれたのは尊敬する友人、米野さん。Facebook でこの映像に写っている場所に関する推理を披露していた。

ちなみに彼はGPS地上絵仲間でもある。成増にかわいいタイヤキの絵を描いた方だ。
米野さんによって特定されたルート。東から西に向かって移動しながら撮っている。
ともあれ、このモノクロ映像を見たら、だれだって「これどこだろう?」と知りたくなるだろう。

結論から言ってしまうと、羽田空港の西、大田区の弁天橋交差点から羽田二丁目交差点までのルートだ。最寄り駅で言うと京急と東京モノレールの天空橋駅のそばから、京急の大鳥居駅のそばまで。
米野さんによって特定されたルート。東から西に向かって移動しながら撮っている。
羽田空港はみなさんご存じだろうが、このエリアに詳しい人は地元の方以外にはあまりいないのではないか。行ってみれば、ふつうの街だ。

しかし、あの羽田事件の場所、といえば現在50代以上の方は そうなのか! と思うだろう。

あるいはこのすぐ南の多摩川べりは「水曜どうでしょう」の「2011年・原付日本列島制覇」のスタート地点である。といえば そうなのか! と思う人がもうちょっと増えるかもしれない。

ちなみに川を渡った川崎市側の比較的すぐのところに、ぼくは現在住んでいて、今そこで原稿を書いています。

特定の経緯がおもしろい

この場所を特定した米野さん。その推理の経緯がまたすごくおもしろい。前述のリンク先に書かれておられるのでそれをご覧いただけばいいのですが、せっかくなのでここでも詳しく解説しよう。

まずはお店の看板の文字に注目したそうだ。これだけきれいな映像だからこそ得られる手がかり。それにしても良い状態でフィルムが保管されていたものだ(これについては後述)。

目立つのは 00:32 に出てくる「トチヤ理容館」
動画開始から32秒のところに写ってる「トチヤ理容館」。右から左に読む右横書きだ。
動画開始から32秒のところに写ってる「トチヤ理容館」。右から左に読む右横書きだ。
この名前で検索すると群馬県伊勢崎市に「トチヤ理容所」という店があると分かる。(現在はこの映像が話題になったためトップに出てこないかも。最初に書いたように、この推理と後に紹介する現地探索が行われたのは1年以上前のこと)

しかし、地図で見ると道の形が映像と一致しない。ご覧の通り映像ではここを通り過ぎてすこし行くと(02:04 あたり)左にやんわりカーブするが問題の伊勢崎の店の前の道路はどちらかというと右に曲がって行っている。

まあ、道路の形が戦後から今にかけて変わったという可能性もなくはない。なんともいえない。

なんともいえないので、次の手がかり。01:07 あたりに登場する電柱に掲げられた看板だ。
電柱の看板に「伊與田写真館」とある。
電柱の看板に「伊與田写真館」とある。
「伊與田」の「與」は、映像からは読み取れなかったが、検索したら候補に「伊與田」が出てきたそうだ。Google すごい。

で、その現在存在する「伊與田写真館」は、結果的に特定された道から1kmほど離れた場所にある。

離れてはいるが、この地道な発見が、次の手がかりを補強して決定的なものとした。

それは 01:16 の「住吉屋呉服店」だ。
看板の形もかわいらしい住吉屋呉服店。
看板の形もかわいらしい住吉屋呉服店。
店の名前として特徴的ではないので、検索すると品川などにある同名の店がヒットしてしまう。

しかし、その中の一つの店が、さきほどの伊與田写真館のほど近くにあるではないか! それが、ここだったというわけ。
それがこの「住吉屋」。
それがこの「住吉屋」。
米野さんは地図とストリートビューでこの「住吉屋」をみつけ、道路の形などを照合し確信を得たという。さぞかし興奮したことだろう。

いわば立役者であるこの住吉屋。しかし、この店の底力はこれだけではなかった。そして一連の推理・調査から1年後の現在、ある結末を迎えることになる。
▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ

↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓