特集 2015年11月19日

地元の人頼りの旅 in 和歌山県九度山

イケメン陶芸家がつくった巨大な陶像と
イケメン陶芸家がつくった巨大な陶像と
ガイドブックに頼るよりも、地元の人におすすめを聞きながらまちを周るほうが断然ワクワクする。

地元の人が好きな風景、たべもの、ちょっと変わったもの。そういうのを見てまわって旅したい。

今回は、来年大河ドラマでフューチャーされる武将「真田幸村」が14年間すごしたまち、和歌山県の九度山(くどやま)にやってきた。
東京葛飾生まれ。江戸っ子ぽいとよく言われますが、新潟と茨城のハーフです。
好物は酸っぱいもの全般とイクラ。ペットは犬2匹と睡魔。土日で40時間寝てしまったりするので日々の目標は「あまり寝過ぎない」(動画インタビュー)

前の記事:こういう場所だったのか!日帰り温泉めぐりで熱海を知る

> 個人サイト twitter

幸村の第二の故郷、九度山

2016年の大河ドラマは、戦国武将の真田幸村が取り上げられる。幸村といえば、生まれの地でもあり、活躍を見せた長野県上田というまちが有名だ。

一方、今回訪れた九度山は、関ヶ原の戦いに敗れた幸村が父・昌幸とおとなしく蟄居(謹慎)したまちである。
九度山駅。来年の大河に備えて工事中だった。
九度山駅。来年の大河に備えて工事中だった。
戦いに敗れた武将が謹慎していたまち、と言ってしまうと寂しい印象だ。しかし幸村の波乱の生涯の中で、家族たちと一緒に穏やかに暮らせた14年間はとても貴重であったに違いない。

いったいどんなまちなのだろう。
駅から徒歩7分ほどの市役所に来た。ここで自転車を借りられるのだ。
駅から徒歩7分ほどの市役所に来た。ここで自転車を借りられるのだ。

新品の自転車をゲット

役所では今年の9月から自転車のレンタル(1日500円)を始めたそうだ。これも大河ドラマのお陰だろう。新品というのは嬉しい。しかも3段ギアつきだ。
幸村の息子の名前をとった「大助号」。3号めなので先客がふたりいるぽい
幸村の息子の名前をとった「大助号」。3号めなので先客がふたりいるぽい
もう10月の頭だが、役所の方は「こんなにレンタルされるの初めて」と喜んでいた。貸し出しの手順もまだ不慣れな様子である。大河ドラマ効果はまだこれからのようだ。

ついでにオススメの場所をいくつか聞いた。
週末なのでラフな格好の役所の方たち。お散歩マップをもらい、オススメを聞いた。
週末なのでラフな格好の役所の方たち。お散歩マップをもらい、オススメを聞いた。
「真田のみち」という通りを抜けて向かう。昔ながらの商店が静かに並ぶ。
「真田のみち」という通りを抜けて向かう。昔ながらの商店が静かに並ぶ。
まちのあちこちで鎧の飾りがかかっている。風に揺れて可愛い。
まちのあちこちで鎧の飾りがかかっている。風に揺れて可愛い。

おすすめスポット1:「真田いこい茶屋」の名物おばちゃん

まず初めに向かったのは、いきなりだが休憩処である。

ここには話好きな名物おばちゃんがいて、まちの詳しい情報が得られるそうなのだ。私が店に入るなりどこから来たの、お茶飲む? と笑顔で話しかけてくれた。
軽食をとったり、真田グッズや、名産である柿をつかった商品などを買うことができる。
軽食をとったり、真田グッズや、名産である柿をつかった商品などを買うことができる。
なんでもこの茶屋は、地元のおばちゃん達がボランティアで運営しているそうだ。団体予約をすれば、九度山ならではのお弁当もおばちゃんたちが早起きして作ってくれるそう。
手づくりしてくれるお弁当の一つ「おっぱい弁当」。乳がん平癒祈願で有名なお寺「慈尊院」の絵馬をモチーフにしている。ご飯に梅干し乗せるだけでおっぱいになるのかと感心した。
手づくりしてくれるお弁当の一つ「おっぱい弁当」。乳がん平癒祈願で有名なお寺「慈尊院」の絵馬をモチーフにしている。ご飯に梅干し乗せるだけでおっぱいになるのかと感心した。
まちのあちこちで見かけた兜の飾りも、おばちゃん達が作ったものだった。耐水性だ。
まちのあちこちで見かけた兜の飾りも、おばちゃん達が作ったものだった。耐水性だ。
おばちゃんは噂通りお話好きだった。私がオススメの場所を聞く前に、色んな場所をススメてくれた。
レンタル自転車を見て驚くおばちゃん。初めて見たそうだ。
レンタル自転車を見て驚くおばちゃん。初めて見たそうだ。
次の場所へ。それにしてもすごくワクワクする町並みだ。なんだろうこれ。
次の場所へ。それにしてもすごくワクワクする町並みだ。なんだろうこれ。
四方に山が見えるのと、良い坂道が多いからかな。
四方に山が見えるのと、良い坂道が多いからかな。

おすすめスポット2:イケメン陶芸家がつくった米金の像

次に向かったのは、役所のお姉さんが教えてくれた像である。
1916年ごろ作。ちょうど100年前か。陶像にしては大きい2メートル。
1916年ごろ作。ちょうど100年前か。陶像にしては大きい2メートル。
作者の「井端壮平」さんがイケメンだ。
作者の「井端壮平」さんがイケメンだ。
むかし、この辺りは良い土に恵まれていたそうで、陶芸家の井端さんは後援者の協力を得て窯を築き、たくさんの作品を残したそうだ。ワイルドな風貌なだけあって思い切った作品である。
▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ

↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓