特集 2015年11月7日

地味な仮装160人のハロウィンパーティー

シチュエーションで攻める仮装

チームで完成する仮装もあった。全員同じ仮装をしたチームは通常のハロウィンでも見かけるが(全員魔女とか)、役割分担がされているのが地味ハロウィンのウィットである。
オタサーの姫とオタク
オタサーの姫とオタク
このメンバー、普段から決してこうではなく、夫婦と弟だそうだ。親族で集まって地味な服装をしているわけで、広義の法事みたいなものである(適当書いたぜ)。
高尾山帰りの一家
高尾山帰りの一家
高尾山行ったの?と聞くと「ロープウェイ、楽しかった…」と子どもが答えた。これが本当なのか、それふくめての仮装なのか。後者だとしたらこの子、天才である。

即席シチュエーション

別々の仮装でも並んで立ってもらうことでシーンが生まれた。
サブカルしばり。左から、東北のサブカル女子大生、下北沢のカップル、ヴィレバンの店員
サブカルしばり。左から、東北のサブカル女子大生、下北沢のカップル、ヴィレバンの店員。ここだけ駅前劇場の階段に。
作業着の人も多かったので集まってもらった。
作業着の人も多かったので集まってもらった。
作業着でならぶと会社案内のパンフレットっぽさがすごい。「明るい職場です!」という文字を重ねたくなる(ワードアートみたいな文字で)。
風邪の人と人間ドッグの人。病院の待合室での出会い。
風邪の人と人間ドッグの人。病院の待合室での出会い。
涙の会見
女性議員、涙の会見
タイから買い物に来た人を報道するメディア
タイから買い物に来た人を報道するメディア
妙なリアリティがあるが、どれもすべて仮装である。何ひとつ本当がない。あっぱれである。
歌舞伎町
歌舞伎町
右の男性は「ホストの普段着」だそうだ。妙にリアルだが来る前に美容院でセットしてもらったとのこと。もともとこういうタイプではないですから!と言っていた。よかった。

紹介しきれてない仮装もあります

イベントが5時間に及んで僕も全部の仮装を撮影できたわけではないので、ここに載ってない仮装もたくさんある。

もっと仮装が見たいぞ!という方は当日のtwitter中継や参加された方のブログをチェックしてください(いきなり人に任せた!)


1年待てない

地味なハロウィンパーティーの最中、SNSを見て「いま渋谷がハロウィンで大変なことになってるらしいよ」などと言っている人がいた。渋谷で乗り換えの人は帰れるか心配していた。

いや、僕らがここでやっているのもハロウィンだぞ。これだって大変なことになっているのだけど、この弱さが地味ハロウィンっぽくていいなと思った。

楽しかったので来年まで待てるだろうか。待てずに勤労感謝仮装パーティーとかやってしまいそうである。
みなさん素晴らしいクリエイティビティでした!(クリックで拡大します)
みなさん素晴らしいクリエイティビティでした!(クリックで拡大します)
<もどる ▽デイリーポータルZトップへ

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ

↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓