広告企画♪ 2015年10月5日

こっくりさんをハイテク化したら怖さがなくなりました

こっくりさんこっくりさん。
こっくりさんこっくりさん。
「こっくりさん」を知っているだろうか。

やったことがない人も聞いたことくらいあるのではないか。「こっくりさんこっくりさん」と話しかけると文字盤の上で10円玉がするする動くあれである。子どもの頃流行った。

でもあれ、ちょっと怖くないか。

そう思ってハイテク化したらまったく怖くなくなったうえ、便利な使い方もできることがわかったのでご紹介します。
1975年愛知県生まれ。行く先々で「うちの会社にはいないタイプだよね」と言われるが、本人はそんなこともないと思っている。(動画インタビュー)

前の記事:平等に痛い「平等バスター」を開発しました

> 個人サイト むかない安藤 Twitter

「こっくりさん」から怖さをなくしました

「こっくりさん」を知っているだろうか。

文字盤の上に10円玉を置き、友だちとその上に指をそろえて唱えるのだ

「こっくりさんこっくりさん、でてきてください」。

するとあら不思議、10円玉が動き出す。
これがこっくりさん。
これがこっくりさん。
こうやって遊びます。
こうやって遊びます。
こっくりさんは質問事項に10円玉の軌跡で答えてくれる。

子どもの頃遊んだ人も多いんじゃないだろうか。でもちょっと待ってくれ、こっくりさんってなんだ。どうして10円玉が動くんだ。

怖いだろう。

こっくりさんの怖さを克服すべく、われわれはついにこっくりさんをハイテク化することに成功したのでその動きを見てもらいたい。
すばらしい。自画自賛だがもう一度いう、すばらしい。

なにせこれで怖い思いをいっさいせずに、好きなだけこっくりさんをプレイできるのだ。

今回ハイテク化したことであえて「プレイ」なんていう不謹慎な言葉を使ったが、悪気はないのでこっくりさん、僕のことを呪ったりしないでください。

使い方いろいろ、ハイテクこっくりさん

ハイテクこっくりさんはいろいろなシーンで使うことができる。たとえばこちら
こっくりさんが明日の天気を予想。

ハイテクこっくりさんはもはや指を乗せる必要すらない。

またハイテクこっくりさんは完璧に電子制御されているので、こちらの言いたいことを10円玉の軌跡で全部言ってくれる。

今回の記事は、「金麦〈琥珀のくつろぎ〉」とのコラボ企画なので、金麦のキーワード「くつろぎ族」の説明だって自在である。

この記事が広告企画だっていうこと自体が怖い。
普段の広告企画だとあまりストレートに宣伝っぽいことを言わないのだが、こっくりさんが言えば嫌味がない。ちなみに「くつろぎ族」とは、自宅でくつろぎながら「金麦〈琥珀のくつろぎ〉」を飲む人たちのことです。

これは使い方によっては言いたいことが言えない現代人の強い味方になってくれるのではないか。ものすごいものを発明してしまった気がする。

作りたくなった多くの人向けに、次のページで作り方を説明しよう。


はじめ金麦〈琥珀のくつろぎ〉の缶が盤上を走り回るようにしたかった(周りから止められた)。


▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ

↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓