特集 2015年9月15日

眼鏡の町のめがねフェスに行ってきた

出し物・屋台もめがね尽くし

食べ物以外にも、いろいろと眼鏡に関する出し物がある。

まず、会場内で開催されていたスタンプラリーが眼鏡だ。
受付でもらえるスタンプカード。
受付でもらえるスタンプカード。
印刷されている8人の顔のうち4人が眼鏡をかけていない。

ノー眼鏡な彼らの顔の上に、会場のあちこちに設置してある眼鏡スタンプを捺して回るのだ。
意外と目の位置にうまく捺すのが難しい。
意外と目の位置にうまく捺すのが難しい。
なかなかかわいいし、これはユルくないなーと思ったのだが、スタンプラリーでもらえる景品がとてつもなくユルかった。
眼鏡金太郎飴。だと思う。たぶん眼鏡。確信は持てない。
眼鏡金太郎飴。だと思う。たぶん眼鏡。確信は持てない。
景品は眼鏡拭き(こっちは普通)と眼鏡金太郎飴との二択だったのだが、あまりの脱力加減につい、こちらを選んでしまった。
めがねてぬぐい、かわいいので買っちゃった。
めがねてぬぐい、かわいいので買っちゃった。
福井県立科学技術高校が出していた屋台では、テキスタイルデザイン科の学生さんが作っためがねてぬぐいを売ってた。
金太郎飴と同じような眼鏡モチーフのデザインだが、こっちは普通にかわいい。

この学校では繊維染色技術の授業もあるようで、もちろん手ぬぐいはプリントじゃない、ちゃんと本格的な注染で作ってあるやつだ。
手作りアクセサリーも、素材は眼鏡。
手作りアクセサリーも、素材は眼鏡。
眼鏡フレームを作る時に出るアセテート(プラスチック系の素材)の端材を組み合わせて作るアクセサリーのワークショップもあり、こちらは常に参加者ががいっぱい。

僕も挑戦してみたかったのだが、空きのタイミングが無くて作れなかった。
眼鏡アイドルと眼鏡好きたちのコール&レスポンスがアツい。
眼鏡アイドルと眼鏡好きたちのコール&レスポンスがアツい。
会場端に設けられていたのはライブ会場。ここでは常に眼鏡パフォーマーによるライブが行われているらしい。
巨大眼鏡を片手に暴れるCutie Paiさん。
巨大眼鏡を片手に暴れるCutie Paiさん。
僕が観ていた時は、眼鏡アイドルにして福井県眼鏡協会公認めがね大使のCutie Paiさんがステージを繰り広げ中。

オリジナルの眼鏡ソングがなんか結構かわいい曲ばかりで、しばらく聞き込んでしまった。

あと、その日の夜まで延々と眼鏡ソングが脳内を回って困った。

眼鏡に燃えろ、メガネリンピック

さて、眼鏡ライブと並んでフェスの目玉とされているのが、眼鏡を使った競技会『メガネリンピック』である。
眼鏡っぽい五輪マークまでデザインされてる!
眼鏡っぽい五輪マークまでデザインされてる!
眼鏡を使った競技会、である。

これらの競技で争われるのは体力や知力ではない。その人の眼鏡かけ力なのだ。
もうこの時点で競技の内容は予想がつく。
もうこの時点で競技の内容は予想がつく。
まず僕が挑戦したのは『めがねリフティング』。

バスケットをくくりつけた眼鏡をかけ、このバスケットにゴルフボールを何個入れられるかを競うものだ。
つまり、こういうこと。
つまり、こういうこと。
で、こうだ。
で、こうだ。
これが意外と難しい。ゴルフボールも一気に入れると衝撃で眼鏡が落ちるので、少しずつそっとバスケットに入れるなどの工夫も必要だ。

この時、台風一過の晴天で気温29度。汗で眼鏡のツルが滑るので難易度は非常に高い。
成績上位者は貼り出されるぞ。めざせ世界記録。
成績上位者は貼り出されるぞ。めざせ世界記録。
他には、『めが盛り』という競技もあった。

一分間の間に眼鏡をどれだけ顔にかけられるかというものだ。
この体勢からスタートして。
この体勢からスタートして。
こうなる。まさに眼鏡かけ力の戦いだ。
こうなる。まさに眼鏡かけ力の戦いだ。
とにかく顔でも頭でも、首から上ならどこでもいいから眼鏡を装着するのだ。

ちなみにこれはギネスにもちゃんと認定されている競技とのことで、世界記録は1分間に23個。

僕の記録は12個。かなり難しいぞ。
よく見たら、めがねの「が」の濁点が眼鏡。細かい。
よく見たら、めがねの「が」の濁点が眼鏡。細かい。
ちなみにこちらはメガネリンピックではないが、立てられた眼鏡のテンプル(ツル)にレンズを抜いた眼鏡フレームを投げ込む『めがねわなげ』なる屋台もあった。

これは眼鏡かけ力ではなくて、眼鏡投げ力競技と言える。
<もどる ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ

↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓