特集 2015年4月22日

滋賀の選挙は『のぼり旗』が乱立している

青陣営に聞いてみた

青陣営は駐車場にテントを建てて本部としていた。そこには沢山ののぼり旗を積んだ軽トラが停まっていて、近くにニコニコしたおじさんが立っていたので、どういう事なのか聞いてみることにした
軽トラにでのぼり旗を配達に行くらしい。
軽トラにでのぼり旗を配達に行くらしい。
筆者「他の県ではこういう、単色の旗を選挙で使うのを見た事がないんですが、この色はどうやって決まってるんですか?」

オジサン「よそではやってないんですか。色はね、それぞれ勝手に決めるんですよ」

筆者「え、選挙管理員会が決めるとか話し合いとかじゃないんですか?」

オジサン「そういうのはないですよ。要は早いもの勝ちで、空いてる色を選ぶんよ。今回この人は発選挙なんだけど、青は誰も使ってなかったから青を使ってるわけ。琵琶湖の青って意味もあるけど」

との事だった。まさか勝手に色を決めて勝手にやってるだけだったとは。イメージカラーなので、一度その色と人が関連づけられてしまうと、別の人が同じ選挙で同じ色を使っても、先に使った人を有利にするだけって事なのだ。

オジサン「だから、今回は県の選挙だけど国の選挙になれば他の人が青を使う事になるんですよ」

なるほど、そしたら例えば有名な国会議員と同じ色を使うと、町議会の選挙なんかで良いイメージが付いたり、逆に汚職議員と同じ色だと不利になったりしそう。色選びも簡単じゃない。
選挙自体ののぼり旗は白。この旗自体あんまり他では見ない気がする。
選挙自体ののぼり旗は白。この旗自体あんまり他では見ない気がする。
ところで、青陣営で話を聞いていると、なんだかチラチラと視線が気になる。あ、と気付いたのだが、緑色のライトダウンを来ていたのだった。
敵のスパイとでも思われただろうか。
敵のスパイとでも思われただろうか。

次は緑陣営だ

緑陣営だ、と言っても選挙事務所がどこにあるのか判らない。地元に住んでいる義母の運転であちこちを探して、ようやくあったと思ったらモスバーガーだった。
緑陣営!かと思ったら、
緑陣営!かと思ったら、
モスバーガーでした。
モスバーガーでした。

発見、緑陣営だ

緑陣営の事務所前にはたくさんの緑な人たちがいて、のぼり旗の配布などをしていたっぽい。みんな緑色のジャンパーと帽子を装備していた。

いきなり現われた僕らに「誰だこいつら」って顔をしつつ、緑色のダウンを着てるので「あれ、支持者か?」みたいな戸惑いが感じられた。
みんなおそろいだぜ。
みんなおそろいだぜ。
写真を撮らせてもらっていたら、義母がずいずいと選挙事務所に入っていった。え、なにしてるんですか。
新品っぽいので、選挙のたびに作るのだろう。大変だ。
新品っぽいので、選挙のたびに作るのだろう。大変だ。
<もどる ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ

↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓