特集 2015年3月10日

ベトナム家庭の大晦日で文化の違いにいちいちビックリ

!
子供の頃、「突撃!隣の晩ごはん」という番組コーナーをよく目にしていた。知っている人も多いはず、落語家のヨネスケさんがアポなしで家庭の食卓にお邪魔するというものだ。

ベトナムの食卓を外国人(日本人)が本当に突撃すると警察を呼ばれ兼ねないが、純粋に食卓にお邪魔したい。そもそも私は、「親しい人は食卓に誘う」というこのベトナム文化において、いまだにベトナム人の友人の食卓に招かれたことがあんまりないのだ。コノヤロー。
1984年大阪生まれ、2011年からベトナムなどの東南アジアをうろついています。今はタイ在住。ドリアンの造形が好きで、写真のように被ったり着たりしています。

前の記事:ベトナムで500円のメコン川クルーズもどきを堪能する

> 個人サイト ネルソン水嶋.jp

招かれる前に招かせる…と思ったらピンポイントで大晦日

という訳で、静岡に10年間住んでいた、ベトナム人の友人・アンちゃんに連絡してみる。
彼女はホーチミン市に実家があったはずだ(なるべく近距離で済ます)。


ネルソン 「晩ごはんに行ってもいい?」
アンちゃん「えー、この時期に?」
ネルソン 「この時期?」
アンちゃん「テトだよ!」
ネルソン 「あちゃー!」

そーでしたー!テトでしたーー!!


テトとは、ベトナムでの正月のこと。

ベトナムでは日本と違って新暦ではなく旧暦を祝います。
この元旦に当たる日が毎年、1月下旬~2月中旬の時期になるのです。

奇しくも調整をお願いした日程(18日)は大晦日、あーそりゃ無理だ。テト明けを待つしかない…。


アンちゃん「まぁ、いいけど
ネルソン 「あ、いいんかい
アンちゃん「でも、昼に来てね。その方が準備風景が見られるから」
ネルソン 「わかりました」


晩ごはんが昼ごはんになってしまったが、まー食卓には違いない。むしろ配慮だ。
アンちゃんの家へ向かいます。
街中の電柱や街灯には国旗が括り付けられ、年末らしくテトを祝う看板で溢れている。
街中の電柱や街灯には国旗が括り付けられ、年末らしくテトを祝う看板で溢れている。
国旗の盛り合わせ、何に使うの?おめでたい時に振り回すの?
国旗の盛り合わせ、何に使うの?おめでたい時に振り回すの?
到着!アンちゃんの家。
到着!アンちゃんの家。
ちなみに、ホーチミン市内中心地に持ち家がある人は珍しい。

東京と同じく、ホーチミン市は地方出身者で成り立っている。
▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ

↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓