特集 2015年1月7日

豊川稲荷はおいなりさんの天国

手に垂れたタレが気になる。
手に垂れたタレが気になる。
お正月の初詣に愛知県の豊川稲荷に行ってきた。以前、当サイトでも紹介していて、寺なのに稲荷を祀っていて狐の像がすごい。

そして、稲荷だけあって周りのいなり寿司が充実していてとても良かった。天国であった。
1983年三重県生まれ、大阪在住の司法書士。
手土産を持参する際は消費期限当日の赤福で受け取る側に過度のプレッシャーを与える。

前の記事:朝うどんのすすめ

> 個人サイト owariyoshiaki.com

聞いてたんとちゃう

豊川稲荷の「霊狐塚」がすごいという当サイトの記事を読んでから豊川稲荷が気になっていて、お正月に愛知に来たので喜んで向かった。
豊川稲荷の「霊狐塚」がすごい(ほそいあやさんの記事より)
豊川稲荷の「霊狐塚」がすごい(ほそいあやさんの記事より)
日本三大稲荷に数えられる豊川稲荷は狐の像がたくさんあって異世界っぽい。これはぜひ見てみたい。
すごい現実感。
すごい現実感。
ウキウキ気分で行ってみるとすごい人混み。「狐エリアは人が少なめ」と書かれていたが狐エリアに入るのに行列しなきゃいけないレベルの混雑。

地元っぽい人が「ここって、こんなに混んでたっけ…?」とか言っていた。
きつねさんがアピールされ始めているのかもしれない。関係ないけどコンソメで手を作った、コンソメパンチを思い出した。
きつねさんがアピールされ始めているのかもしれない。関係ないけどコンソメで手を作った、コンソメパンチを思い出した。
完全に狐より人のほうが多い。大勢でそれより少ない数を「多い多い」と見て喜んでいて不思議に思う。

私は(人が)多いと言って退散し、家に帰ってほそいあやさんの記事をもう一回読んだ。よかった。
ジャラジャラーって、パチンコ球が飲み込まれていく機械みたい。
ジャラジャラーって、パチンコ球が飲み込まれていく機械みたい。
そもそも正月三が日に来たのがまずかったのかもしれない。ちょっと今回は失敗だったかと思ったのだけれど、それでは終わらずにいなり寿司が凄く良かったんです。
あと、境内には「神秘」が売られていた。
あと、境内には「神秘」が売られていた。

主役に躍り出たいなり寿司の美味さよ

ウインナーの天ぷらっぽい見た目。
ウインナーの天ぷらっぽい見た目。
豊川稲荷は不完全燃焼な感じで後にしたが、その後のいなり寿司天国で大満足した。中でも一番美味しかったのがこれ。「大葉天ぷらいなり」。
ふぁっ、ふ、ふまい!!!!ってなった。マジ美味い。
ふぁっ、ふ、ふまい!!!!ってなった。マジ美味い。
商店街の中で物珍しさに惹かれて買った稲荷ずしの天ぷらが尋常じゃない美味しさ。カリッと衣を噛むと小籠包のスープの様に大葉の香りが溢れて、ムフーッっと鼻腔を通る息が美味い。畳み掛けるように広がる衣の甘さが幸せで包み込む。
揚げる前のいなり寿司のウインナー感すごい。
揚げる前のいなり寿司のウインナー感すごい。
すごいすごいすごい、地味な存在のいなり寿司がこんなイロモノっぽくされてるのに、衝撃的に美味い。ここのいなり寿司、凄いぞ…!と息巻いて食べまくってきた。
▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ

↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓