特集 2014年11月19日

寿司で『イングレス』の説明をしたい

実際に街に出ると寿司はどうなっているのか?

ゲームの内容や大まかなルールは判っていただけただろうか。じゃあ実際に街に出てみよう。

下の写真は駅に向かう、なんの変哲もない並木道である。道の両側にお好み焼き屋さんや美容院、飲食店がある。
平和な午後の日常。
平和な午後の日常。
これをゲームの画面で見ると、こうなっているのだ。赤い線が上の写真の道路である。
こんな感じで寿司(ポータル)が並んでいる。
こんな感じで寿司(ポータル)が並んでいる。
最初の写真に寿司の場所を重ねてみるとこんな具合だ。いや、もう意味がわからなくなってきたから寿司っていうの辞めようか。寿司の事、本当はポータルって言うんです。

ポータルからは、白いつぶつぶ(いくら)が出ていて、近くを歩くとそれが自分に集まってきてヒットポイント(本当はXM)が回復する。
僕にはこう見えているわけです。脳内では。
僕にはこう見えているわけです。脳内では。
通勤や通学の途中にポータルがあると、経験値稼ぎが大変にはかどる。が、駅周辺なんかはみんなの通勤通学路なので、必然的に寿司、いや、ポータルの奪い合いになる。

朝は握り寿司陣営が優勢だったのに昼には軍艦巻陣営が優勢になっていたりする。

葛西駅前は激戦区

握り寿司陣営とか、まだ寿司を引きずっているが面倒になってきたのでちゃんと説明しよう。

ゲームの世界では握り寿司陣営と軍艦巻陣営ではなく、緑チームと青チームの2チームが戦っている。青魚チームとバランチームとしてもいいがやっぱりややこしくなりそうなので寿司はキッパリ忘れたい。

それぞれに中二病っぽいストーリーがあるのだが、恥ずかしい気もするので割愛。
駅前はこんな具合にポータルが密集してる。
駅前はこんな具合にポータルが密集してる。
で、この写真を撮りに行った時は緑が優勢だった。駅前のモニュメントとか銅像、時計塔など目立つものがポータルになっている事が多い。

写真に妄想ビューを重ねるとこんな具合になる。
僕の妄想ビュー。
僕の妄想ビュー。
自陣のポータルに来たら、寿司で言えばネタの鮮度が落ちてないか(結局寿司)、海苔が破れてないかなどメンテナンスをしつつ、つまみ食いをしてアイテムとわずかな経験値をゲットする。敵のポータルになっていた場合は、もし必要なら攻撃して軍艦巻にする。

なんて事をやっていると、近くに他のプレイヤーの存在を感じることが結構ある。目の前で自陣が攻撃されたり、自分が攻撃したポータルが回復したり。

振り返ればプレイヤーがいるのだ。まわりでスマホをいじってる人がみんなプレイヤー(エージェント)に見えてくる。
みんなエージェントに見える病。
みんなエージェントに見える病。
ちなみのこのゲーム、プレイヤーの事をエージェントと呼ぶ。格好良すぎて恥ずかしいので、寿司にちなんで『大将』って呼んだらどうだろう(ちなむな)。
大将大量発生。
大将大量発生。
いや、ややこしいか。寿司でイングレスの説明してるのきっと世界で僕だけだし。

遠くから見ると、スマホ見てる人全員が大将、じゃないや、エージェントに見えるのだ。敵か味方かは判らないけど。

あれ、今攻撃したのあの人?もしかしてあのおじいちゃん?ポータルを取ったら『これはばあさんの形見のポータル!若造にはわたさん!』とか言われないだろうか、なんて事を考える(考えすぎ)。
あの大将(エージェント)はきっとバスを待ちながら攻撃してる。
あの大将(エージェント)はきっとバスを待ちながら攻撃してる。
すっかり青チームに染まっている地域もある。というか、実は世界的には青チームが優勢なのだが。
ここら辺は青が優勢。多分、青が多く住んでる地域だ。
ここら辺は青が優勢。多分、青が多く住んでる地域だ。
上の写真の、線(海苔)が集中してるポータル(寿司)は結構強い。団地の近くなのだが、多分そこに住んでる人がメンテナンスしているのだろう。

実際にはどういうとこかというと、こういう東屋である。
大将らしきオジサンが座っていた。
大将らしきオジサンが座っていた。
昼間はのどかな散歩の休憩所。夕方になると餌やりオバサンが来るので猫が集まってくるほのぼのスポットだ。

そんな場所を僕らは必死で取ったり取り返したりしているのだ。国破れて山河あり。たまに冷静になると、なにを必死にやってるんだろう、という気持ちになる。

人間はそもそも争うのが好きなのかも知れない。
ちょっとマニアックな話が続いてしまったので、ウニ軍艦の写真をお楽しみください。ゲーム内の言葉で言えばレベル8ポータル。
ちょっとマニアックな話が続いてしまったので、ウニ軍艦の写真をお楽しみください。ゲーム内の言葉で言えばレベル8ポータル。
葛西臨海公園の観覧車もポータルになっている。家族やカップルが楽しそうに乗っている観覧車の下で、僕らは戦うのだ。

なんだこれ。観覧車に普通に乗る人達の方が充実してるんじゃないか。
幸せな風景の裏で、僕らは戦う(あれ、楽しいのかな、これ)。
幸せな風景の裏で、僕らは戦う(あれ、楽しいのかな、これ)。
でも妄想ビューで見ると、パークトレインに乗る人達みんながエージェントに見えてくる。

あれに乗れば歩かずにポータルを回れて楽そうだなーとか思ってしまう。思考がすっかりイングレスになっていてヤバイ。
はい、僕は病気です。
はい、僕は病気です。
次のページでは、このゲームのプレイヤーが外から見るとどんな感じなのか紹介します。まー、不審者だよね。
<もどる ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ

↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓