特集 2014年7月16日

動く歩道を歩く歩道

!
動く歩道という設備がある。エスカレーターの水平移動バージョンみたいなやつで、Wikipediaでは「主として人間用の輸送機器」と書かれている。「主として人間用の輸送機器」ってかっこいい。

その動く歩道を僕はいつも「歩く歩道」と間違えて言ってしまう。歩道は歩くものだし、歩道自体は歩かない。ならば、一度歩く歩道を作ってみればわかりやすく区別出来るのではなかろうか。
1983年三重県生まれ、大阪在住の司法書士。
手土産を持参する際は消費期限当日の赤福で受け取る側に過度のプレッシャーを与える。

前の記事:たこ焼きの値段とは何か

> 個人サイト owariyoshiaki.com

歩く歩道の救世主

歩く歩道をずっと作りたかったのだけれど、なにぶん工作力が低いため歩く機構をどうすればいいかわからずにいた。
救世主。
救世主。
そんな時にタミヤのメカマンモスという商品がノッシノッシと歩くということを発見した。これだ。これを改造すれば歩く歩道が作れるハズだ。救世主は太古からやって来た。
電源の配線もすでに組まれてる。
電源の配線もすでに組まれてる。
配線の切り込みも入れていくれている。親切が行き届きすぎ。
配線の切り込みも入れていくれている。親切が行き届きすぎ。
メカマンモスを開封してみるとパーツが多くて「これ、作れるかなぁ…」と不安になったが余りにも行き届いた心遣いに恐縮する。高級な焼き肉屋で紙エプロンを付けてもらっている時みたいな気分になった。
不要部品が僕を惑わせる。
不要部品が僕を惑わせる。
が、それでもパーツが無い!ってなったり部品が組み合わさらない!と思ったりなどした。今後作る自分にアドバイス、「無いこと無いから」ちゃんと見なさい。むしろ不要なほどあるから。
歩いた!
歩いた!
なんとか組み上がったメカマンモス(歩けばいいのでマンモスの頭は付けていない)が歩いた。ちゃんと歩いてるっぽい歩き方をしていてうれしい。これで出来るぞ、歩く歩道が。

歩道も買った

歩く歩道の「歩く」部分は出来上がった。あとは歩道だ。
こんなのもあるんですね。
こんなのもあるんですね。
歩道についてもマンモスと共にバッチリ準備済み。今の世の中探してみたら予想以上に色々なものが売られている。歩く歩道に時代が味方したと言えるだろう。
あっ、これ、自分で着色しなきゃいけないやつだ…。
あっ、これ、自分で着色しなきゃいけないやつだ…。
開けて分かった、着色を自分でしなきゃいけないタイプ。着色によってかなり出来が左右される事になる…。これは大変なことになったぞ。

なんと、歩道がアマゾンで買えるらしい。
なんと、歩道がアマゾンで買えるらしい。
歩道のミニチュアのようなものがアマゾン買える。今の世の中探してみたら予想以上に色々なものが売られている。歩く歩道に時代が味方したと言えるだろう。
歩道セット
歩道セット
適当に買ってみたが予想以上にクオリティが高い。予想外に着色までされているので、なんとか歩道が作れそうな気がする。

歩道を作ろう

これは道路。
これは道路。
歩道パーツを使って歩道を作る。土台としての道路はダンボールに厚紙を貼り付けてパーツを配置していく。
事件性を感じる。
事件性を感じる。
配置を決めるために仮で置いてみたら人がバタバタ倒れていて事件性を感じる絵面になった。これも立てたらどうにかなるだろうか、接着剤でくっつける。
予想以上に歩道だ!
予想以上に歩道だ!
出来上がるにつれて醸し出される歩道感。すごい、予想以上に道路が、歩道が出来ている。これを歩かせれば歩く歩道と言うことが出来るのではないだろうか。
あれっ、かっこよくね…?
あれっ、かっこよくね…?
こういうことですな。
▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ

↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓