特集 2014年7月4日

気合いで信号を変える選手権

青に...変われ!!
青に...変われ!!
いまとなってはどうしてか分からないが、そのときは確かに思ってしまったのだ。気合いで信号を変えられるんじゃないか、いやきっと変えられる、変えてみせると。

そんな、僕と同じように急な暑さで頭が沸騰してしまった人のために、その難しさと、そしてキモチよさを記録しておこうと思う。
1974年東京生まれ。最近、史上初と思う「ダムライター」を名乗りはじめましたが特になにも変化はありません。著書に写真集「ダム」「車両基地」など。
個人サイト:ダムサイト

前の記事:ダムの放流に1200人が集まった


気合いで信号は変わりません

あと一週間で僕も不惑を迎える。もちろん、気合いで信号が変えられるかどうかなんてマトモに考えていない。

では何をしたいのか。まずこの動画を見ていただきたい。
なぜ信号を見てないのかとか赤は変えないのかとかツッコミどころは置いておいて
キマった!指先から放たれた僕の気合いが信号機に伝わって、思わず黄色いLEDが点灯してしまったのだ。だとすると大丈夫かこれ。ひょっとして道路交通法とか犯してしまっているんじゃないか。

でも、もちろん本当に気合いで変わっているワケではないので大丈夫。ではどうやっているのか。その秘密はこれだ。
信号シーケンスのカンニングメモ
信号シーケンスのカンニングメモ
ここは1本の道路に横断歩道があるだけのシンプルな信号。事前に、ここで車道、横断歩道それぞれの信号の変わる順番やタイミングを調べておいたのだ。
でも1ヶ所調べるだけで30分くらいかかってしまった
でも1ヶ所調べるだけで30分くらいかかってしまった
つまり上の動画では車道の信号が青になったタイミングでストップウォッチを作動させ、61秒後に信号に向かって気合いを送れば黄色に変わる、という計算だ。いや計算すらしてない。

でもこれが、自分の指と信号がピッタリ合うとなかなかキモチいいのだ。
最初は簡単にできてしまったのでそれほど感動はなかった
これでこの記事のやりたかったことと種明かしをすべてしてしまったわけだけど、まだ終わらない。

簡単そうに見えて、これが意外と難しかったのだ。
「赤!」と言おうとしてタイミングを外した
「赤!」と言おうとしてタイミングを外した
▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ

↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓