特集 2014年4月24日

たんすの角に足の小指をぶつけて骨折した

とにかく固定、動かさない

処置としては、小指と薬指の間にガーゼをはさんでテープで両指を固定、その下にアルミの板にスポンジがついたような副木を当ててまたテープで固定、包帯で巻くというもの。この状態で3週間をすごす。

経過がよければ残りの2週間は隣の薬指は解放して小指1本を固定するだけでよし、ということだった。
これがアルミの副木
これがアルミの副木
不器用すぎて自宅での再現に難儀したので2回目の診察のとき、最初から最後まで包帯のまき方を写真で撮らせてもらった
不器用すぎて自宅での再現に難儀したので2回目の診察のとき、最初から最後まで包帯のまき方を写真で撮らせてもらった
先生には「しばらく外出はつっかけサンダルだね!」といわれさすがにぎょっとしたのだが、病院にはいてきた大き目のスニーカーがはけた。

これで良いか聞いてみると、しめつけがなければOKということだった。
しかし確かに一番楽なのはつっかけサンダルだった
しかし確かに一番楽なのはつっかけサンダルだった
またお風呂も包帯巻きっぱなしで入るように、足の洗浄は包帯を取り替えるときに優しく行うべしということ。

私の場合、副木のおかげもあって歩行も日常生活もほとんど支障がないので、怪我をしているらしいところはスニーカーしかはけないほかは「風呂に入るときゴミ袋をはいている」という点くらいであった。
たんすで骨折豆知識
治るまではとにかく動かしてはいけない。
副木をあて包帯を巻き続ける日々を送ることになる。
細い靴がはけず、シャワーは足をカバーして入る。
シャワー時はこのようにゴミ袋を2重ではいております
シャワー時はこのようにゴミ袋を2重ではいております

1週間目に起きたこと

そうして足の小指の固定生活が始まった。

2日目にはまだ歩くとやや痛みがあり、このころから足の中指の下から包帯の中にかけて青紫の痣がひろがってきた。

3日目の夕方、会社から帰ろうというときに急に劇的に歩くときの痛みが解消されているのに気付いた。骨になにかあったのだろうか。

不思議だったのは、骨折後の1週間ずっと「前屈」が明らかにつらかったことだ。

床に落としたものを拾おうとするときなど、硬い体を無理に押されているような感じの痛さがあった。どちらかというと体は軟らかい方なのでおやと思った。

骨折で足全体が緊張したのか。
たんすで骨折豆知識
痣が到来するのは骨折から2日後。
劇的に治りを感じる瞬間がある
骨折すると体が硬くなる?
靴下をはいてしまうとけっこう見た目には分からない
靴下をはいてしまうとけっこう見た目には分からない

6日後に2度目の診察

6日後に再診。包帯を取り替えてもらってレントゲン撮影をすると素人目には様子が分からないのだが、治ってきてはいるということだった。
今回掲載しているのはこの2回目の診察のときのレントゲン写真。1回目のときはびびって写真を撮らせてもらうようお願いするどころではなかった
今回掲載しているのはこの2回目の診察のときのレントゲン写真。1回目のときはびびって写真を撮らせてもらうようお願いするどころではなかった
ここで油断して大胆に動かすと折れた場所で骨がずれてくっつくから注意するようにということであった。

私がまた調子にのって「ちょっとずれてもくっついてくれればいいかなあ」というと「そういうの、ぜったいだめ!」とたしなめられた次第である。
たんすで骨折豆知識
油断して動かすと骨がずれてくっつく。

10日後以降の怪

あとは私が固定を保ちさえすれば骨はくっついて完治へと向かうのだと思うのだが、2回目の診察を終えた10日目以降、なぜか生活していて固定している足の小指をたんすやら家具の角にぶつけることが妙に増えたのだ。

油断か、副木のずれが体を動かす感覚に影響をおよぼしているのかよくわからないが、骨折10日目前後はもしかしたら油断が入る頃なのかもしれない。

13日目にまた変化

事故から3日目に劇的に良くなる瞬間があったとは書いたが、その後13日目にも変化があった。あざが消え、それまで押したり窮屈な靴を試すと激痛があったのがまったくなくなったのだ。

3のつく日に何かあるのか。巣鴨の縁日か(それは4日だ)。

とりあえず、かなり骨はくっついてきているらしい。

なにしろ骨折は初めてなので先生のいうことをよく聞いて油断せず完治まで過ごそうと思って気を引き締めております。
14日目、腫れてはいるがあざは消えて痛みもほぼなくなりました
14日目、腫れてはいるがあざは消えて痛みもほぼなくなりました

バンド名が決まった

思えば私は短大生のころ同級生ら5人と「圧迫骨折」というバンドを組んでいた。

当時5人中で骨折経験者は1名だけであり、その1名の骨折も圧迫骨折ではなかった。「これでこのバンド名を名乗っていいのか」と武蔵境の養老乃瀧でメンバーで話し合ったこともあった。

解散してもう15年以上が経つ。今回の骨折で次のバンド名は「足趾骨折」ということが決定したわけで、早速ギターでも買おうか。

みなさまもどうか怪我にはお気を付けください。
モカシンも骨折にはちょうどはきやすいぞ
モカシンも骨折にはちょうどはきやすいぞ
<もどる ▽デイリーポータルZトップへ

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ

↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓