特集 2014年2月15日

冬の海ぶどうには使い捨てカイロが最適?

プチプチとした食感が美味しいです
プチプチとした食感が美味しいです
沖縄で年中売られている海ぶどう。
海ぶどうは寒さに弱く、冬に県外発送する場合は使い捨てカイロが必需品だと聞いた。カイロがある場合とない場合はどれぐらい違うのだろうか。県外に行く用事があったので実験してみた。
沖縄B級ポータルDEEokinawaです。沖縄のおもしろネタを平日毎日更新しています。

前の記事:瀬底島の砂文字を探して


海ぶどうは冷蔵庫に入れてはいけない

海ぶどうは九州南端から沖縄にかけてしか分布しないため、沖縄ではスーパーだけでなくお土産品としてもよく売られています。
しかし冬の時期、海ぶどうをそのまま沖縄県外へ持ち出すと残念なことになってしまうかもしれないのはご存知でしょうか。

こちらはスーパーで購入した海ぶどうのパックです。
!
パッケージの表記をよく見ると赤字で「冷蔵庫には入れないでください」と書いてあるのがわかります。
保存方法は常温(冷蔵庫には入れないで)
保存方法は常温(冷蔵庫には入れないで)
これは冷蔵庫で保存するとプチプチの食感の元でもある粒から液がしみ出してしまい、しぼんでしまうためなのだそう。

ちなみに冷蔵庫の通常の設定温度は0~10度。
1月の沖縄の平均気温は16.6度なので常温でも問題ないのですが、同じく1月の東京の平均気温は6度、鹿児島でも8度、北海道なんて全域でマイナスなのです。

つまり冷蔵庫には入れないでと言われても、冬に海ぶどうを沖縄県外に持って行くと常に冷蔵庫並みの気温にさらされてしまうのです。
北海道なんて冷凍庫並みです。

ではどうすれば海ぶどうを沖縄県外へ持ち出すことができるのでしょうか。
海ぶどうを使い捨てカイロで温めながら気温による変化を少なくして発送するそうです。

では、とても長い前フリでしたがここからが本日のテーマです。
寒さに弱い海ぶどう。そのまま県外に持って行くとどれぐらい弱ってしまうの?
そんなことを調べてみたいと思います。

海ぶどうを持って、沖縄県外へ出よう

用意したのは海ぶどう2パック。
!
1つは使い捨てカイロを貼り、もうひとつはそのまま持って行くことにします。
出発日は12月14日、海ぶどうの賞味期限は12月17日までだったので、丸4日間でどのぐらい変わるのかを比べたいと思います。
!
12月14日の沖縄は気温が24度でした。
12月とは思えない気温
12月とは思えない気温
寒さ問題とは別ですが、もうひとつ気になっていたのは飛行機の気圧で海ぶどうのプチプチが潰れたりしないのか?ということ。
機内にペットボトルを持ち込むと気圧の変化で膨らんだり凹んだりしますよね。
!
海ぶどうの粒はどうなっているのでしょうか。
!
変化ありませんでした
たしかにここで潰れたら県外発送が大変なんですが。

そして到着地岡山。
飛行機移動だけでは温めている方も、そのままの方も特に違いはないようです。
!
!

沖縄県外2日目(12月15日)

12月15日の岡山は最高気温が10度ぐらい。
!
この日は朝から夜まで外出していました。
それではエアコンなしで丸1日ホテルの部屋に置いていた海ぶどうをご覧ください。

そのままの海ぶどう

見た目は特に変化はなさそうです。
!

カイロで温めた海ぶどう

温めていたからかパックの底には水滴がついていました。
!
しかし粒はしぼんではおらず、こちらも特に変化はなさそうです。
!

2日目の経過

エアコンを消していたとはいえ、室内だったからか大きな変化は見られませんでした。

沖縄県外3日目(12月16日)

この日はホテルを出て岡山の山奥にある祖父母の家に向かいます。
田舎なのでやたら広い。倉もある祖父母宅
田舎なのでやたら広い。倉もある祖父母宅
午後についたのにまだ水が凍っている
午後についたのにまだ水が凍っている
山奥だからか、気温はぐっと下がって3度。
!
縁側横の廊下(めちゃ寒かった)に置いて変化をみたいと思います。
!
その日の夜。

そのままの海ぶどう

初日のような張りはなくなり、なんだか寂しいことになってきました。
!

カイロで温めた海ぶどう

前日よりも明らかに底にたまっている水が多いです。
!
カイロで温めても零下に近い廊下では厳しかったのでしょうか、こちらも弱っているようにも見えます。
!

3日目の経過

見た目からはどちらも同じように張りがなくなってきました。
もったいない気もしますが、賞味期限は残り1日。最後まで変化を見ていきましょう。

沖縄県外4日目(12月17日)

さて、とうとう賞味期限日。
祖父母の家を後にし、福岡に住む友人に会いに行きます。
電車から見た瀬戸内海
電車から見た瀬戸内海
その夜。
長旅を終えた海ぶどう。
カイロを貼っていたパッケージは毎日取り替えたのでもうボロボロです。
左がカイロ海ぶどう
左がカイロ海ぶどう

そのままの海ぶどう

!

カイロで温めた海ぶどう

!
見た目だけではそのままの方が美味しく見えますが実際にはどうなのでしょうか。
福岡の友人に試食してもらうことにしました。
以前沖縄に住んでいたこともあり、海ぶどうがお土産と聞いて喜ぶ友人
以前沖縄に住んでいたこともあり、海ぶどうがお土産と聞いて喜ぶ友人
では食べてもらいましょう。

そのままの海ぶどう

!
!
「海ぶどうって言ったのに、これなに?」

プチプチとした食感は消え、湿った塩辛いなにか
になっているそうです。
…ごめん。

カイロで温めた海ぶどう

!
!
「海ぶどう!!」

マジ!?

私も一口食べてみると「おおおお、海ぶどう!!!」

なんということでしょう噛んだらプチプチと弾けて口の中に塩味が広がります。
買ったばかりのものと比べると張りは少し減っている気もしますが、食感も味も海ぶどうそのものなのでした。

カイロはすごい!

というわけで、途中経過では失敗だと思っていた海ぶどう実験。
業者さんが言っていた冬は温めて美味しさを保つというのがこんなに効果的だなんて。

今回2日目、3日目の試食はできていないので、カイロ無しのものはいつからプチプチ感がなくなったのかわかりませんが、冬に海ぶどうを持って沖縄県外に行く際はカイロで温めて持って行くとある程度食感が損なわれずに済むはずです。
※状況にもよると思いますが。

ご参考までに。
▽デイリーポータルZトップへ

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ

↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓