特集 2013年11月18日

食べ方のわからない食材をパンに塗って食べる

No.6「Sharwood's MANGO CHUTNEY」

マンゴーチャツネ。名前だけはなんとなく聞いたことがある。ごんぎつねみたいな名前だな、と思って買ってきたのを覚えている。マンゴーはあの美味いやつだろう、チャツネがわからない。
実は今回の本命である。
実は今回の本命である。
このマンゴーチャツネ、見た感じマンゴージャムだ。パンに塗って食べるなら絶対これだろう、と期待を込めてラインナップに入れた。
ようこそ!
ようこそ!
うまそう、と思って口に運ぼうとした瞬間である。

「ちょっと待てよ」

本能が警告を発した。いや、本能というか嗅覚が反応したのだ。ものすごい酸っぱい匂いがする。
酸っぱい要素がどこにも見当たらないのに。
酸っぱい要素がどこにも見当たらないのに。
原材料に酢の標記はない。なのにこれだけ酸っぱい匂いはなんだ。

食べると予想通りものすごく酸っぱかった。マンゴーの甘さはみじんも感じられない。これたぶんジャムじゃない。チャツネって言ってるんだからジャムじゃないのは明白なんだけど、見た目がジャムっぽいのに甘くないと裏切られた気分になる。チャツネは酸っぱい、という知識と引き換えに、僕は信じてきた友に裏切られたような気がした。

正解

「Sharwood's MANGO CHUTNEY」

厚切りのマンゴーと砂糖、香辛料をとろ火でじっくり煮詰め、その後樽で熟成させたインド料理の調味料。深みのある酸味はカレーの隠し味として最適。
熟成させていたのか。とろ火でじっくり煮詰めた時点のが食べたかった。
<もどる ▽デイリーポータルZトップへ

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ

↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓