特集 2013年11月18日

食べ方のわからない食材をパンに塗って食べる

No.4「GABAN GREEN PEPPER」

コショウなのに液体に漬かっている。
コショウなのに液体に漬かっている。
これはわかる。GABANというのはよくコショウの缶に書かれているブランドだし、グリーンペッパーも緑コショウっていうことだろう。明快だ。

しかし、なぜコショウが液に漬かっているのかがわからない。これではラーメンにかけられないじゃないか。パンに乗せる用だろうか。
キャビアみたいだ。
キャビアみたいだ。
パンに乗せたらキャビアみたいになった。これは期待できるんではなかろうか。ひとつ問題があるとすると、僕がキャビアの味をよく知らないので比較できないということくらいである。

いただこう。
からぇっぷ。
からぇっぷ。
これは不正解だ、一瞬でわかる。正直食べる前からその匂いで違うとわかった。

鮮烈なコショウの味と香りである。噛むと生姜のような食感、その後ビリビリと差し込む刺激に舌が痺れる。刺激物だ。これはパンに乗せて食べるためのものではないと思う。他にどうしたらいいのかは分からないが、違うことだけはわかる。

少し口の痛みが引いてきてからまた確かめたくなって、今記事を書きながら一粒ずつ食べているのだが、これ眠気覚ましにはすごくいい。フリスクよりも抜群に効く。こうやって仁丹みたいに食べるものなのかもしれない。

正解

「GABAN GREEN PEPPER」

胡椒をまだ未熟なグリーンのうちに採り、塩水に漬けこんだもの。色を活かして粒のままステーキや肉料理に添える。ナイフの腹で軽く潰して食べる。
仁丹じゃなかった。
<もどる ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ

↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓