特集 2013年11月18日

食べ方のわからない食材をパンに塗って食べる

No.2「Pate de Campagne」

こういう瓶詰は長期保存できると思って買ってしまう。そしてたいていいつまでも食べない。
こういう瓶詰は長期保存できると思って買ってしまう。そしてたいていいつまでも食べない。
またタイトルから中身が想像できない食材である。ガラス越しに覗くのはハンバーグの種みたいな状態の肉。レバーペーストみたいなものだろうか。

いまレバーペーストみたいなものだろうか、とか偉そうに言ったけどレバーペーストすらどういうものなのかいまいち確証が持てない。うまいんだっけそれ。

ただ、瓶を開けたときに空気が入ってフタが「ポン!」って言ったのは可愛かった。僕の好きな「ごはんですよ」と同じ仕組みで期待できる。

いただきます。
掘った時に表面と内部の色とが違って怖かった。変色してるのか?
掘った時に表面と内部の色とが違って怖かった。変色してるのか?
出た、複雑系の味である。一言で言い表せない深みとコク。ただ、僕はあまり好んで食べる感じではなかった。まんまだが、焼く前のハンバーグみたいである。レアを通り越して生。これハンバーグみたいに焼いたらだめなんですか。

かなりの割合で油が入っているのだけれど、香辛料の香りも強いのでそれほどしつこくは感じなかった。しかし繰り返すが、焼いた方がうまいんじゃないかと思う。邦題を付けるとすると「深い味わいのなめらかな肉、ただし焼く前」か。

正解

「Pate de Campagne」

豚肉と豚レバーの入ったパテ。フランスの代表的な前菜である。そのままフランスパンに乗せて食べてもいいし、カツみたいにパン粉をつけて揚げるのもアリなのだとか。それうまそう。
<もどる ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ

↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓