特集 2013年11月15日

小さすぎる公園めぐり(渋谷・新宿・池袋方面)

新宿区/百人町三丁目ポケットパーク群

ここからようやく新宿区に突入。新宿区と豊島区は、区のホームページに公園の面積が記載されているので効率的に探すことができるのだ。

新宿区の公園で特に小さいのは、新大久保駅と高田馬場駅の間にある百人町地区の「ポケットパーク」。小さなもので50平方メートルほどの小さな公園が密集しているのだ。
格子状の街並みが続く百人町
格子状の街並みが続く百人町
何もない空き地がある、と思ったら
何もない空き地がある、と思ったら
百人町三丁目ポケットパーク18b
百人町三丁目ポケットパーク18b
椅子の上におもちゃの客車が忘れられていた
椅子の上におもちゃの客車が忘れられていた
このほとんど入れるスペースのない公園は
このほとんど入れるスペースのない公園は
百人町三丁目ポケットパーク3
百人町三丁目ポケットパーク3
ここはポケットパーク化待ちだろうか
ここはポケットパーク化待ちだろうか
ここがポケットパーク化しないのはなぜだろう
ここがポケットパーク化しないのはなぜだろう
これもポケットパーク
これもポケットパーク
これもポケットパーク
これもポケットパーク
植物がやたら元気なポケットパークもあれば
植物がやたら元気なポケットパークもあれば
ゴミ置き場にしか見えないポケットパークもあった
ゴミ置き場にしか見えないポケットパークもあった
ポケットパークはこの百人町三丁目界隈にだけやたらと密集していた。遊具の類いは一切なく、ただそこに街のポケットが存在している感じであった。

豊島区/目白四丁目仮児童遊園

今回最後に訪れた豊島区。なぜなら、豊島区も新宿区と同じく、ホームページに区立公園の面積が掲載されているのだ。

それで事前調査したところ、訪れるべき小さすぎる公園はただ1つ。山手線の目白駅と、西武池袋線の椎名町の間付近にある目白四丁目仮児童遊園である。その面積は豊島区でダントツに小さく、なんとおよそ30平方メートル。単純に考えて5m×6mの空間である。さらに仮とつくのが期待を倍増させる。
小さな公園を見に目白駅で降りた
小さな公園を見に目白駅で降りた
住宅街を歩いてきた
住宅街を歩いてきた
目白駅で降り、閑静な住宅街を15分ほど歩いてきた。西武池袋線の線路に当たって行き止まりとなる道を進むと、カーブの先にその小さすぎる公園が見えてきた。

なんじゃありゃあ!
道路の一部が公園になっている
道路の一部が公園になっている
なぜか一部が斜めに切り取られている
なぜか一部が斜めに切り取られている
看板も仮っぽい
看板も仮っぽい
揺れるライドはなぜか宝くじ号
揺れるライドはなぜか宝くじ号
ここにきて、ついに自宅近くの小さすぎる公園と互角に戦える小さすぎる公園に出会った。こんな公園が隠れているから公園めぐりは楽しいのだ。

あまりにも小さすぎた

今回めぐった公園も、やっぱり小さすぎるものばかりで楽しかった。

特に最後の目白四丁目仮児童遊園は、視界に入った瞬間うぉっ!と声が出るほど驚かされた。そして、まだまだこのレベルの公園があちこちに隠れているんじゃないかと思うので、いずれまためぐってみたいと思う。もし小さすぎる公園を知っていたらぜひ教えてください。
ただひとつ気になったのはどの公園でも子供が遊んでいなかった
ただひとつ気になったのはどの公園でも子供が遊んでいなかった
<もどる ▽デイリーポータルZトップへ

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ

↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓