特集 2013年11月13日

黒帯と字幕で、かんたんに映画化できる

ざっと説明させていただきたい

例えば、こういう写真があったとする。
テーブルにリモコンやらキーボードやらあるのはこの記事の撮影をしてたからだがこの際置いておこう。
テーブルにリモコンやらキーボードやらあるのは、この記事の撮影をしてたからだがこの際置いておこう。
僕がフードコートでアイスを食べている写真だ。なんて事ない日常の一コマであろう。

これに黒帯と字幕を足してみるとどうなるか?
映画だ。
映画だ。
映画である。もう、一気呵成に映画になっただろう。これが黒帯と字幕の力だ。ただのオッサンが一転映画俳優である。銀幕デビューだ。

もっと見てみるかい?

妻です。カメラを構えたらなぜか走ってきました。
妻です。カメラを構えたらなぜか走ってきました。
これも映画化してしまおう。
村上春樹みたいな事を言わせるのも僕の自由だ。記念にパスタを茹でよう。
村上春樹みたいな事を言わせるのも僕の自由だ。記念にパスタを茹でよう。
フィクションなので被写体に何を言わせるのも自由である。現実の妻はこんな事言わない。『なに言ってるのかわからないわよ』とか言う。

僕が中学生なら、好きな子の写真を映画化して「松本くんの事が好きなの」とか字幕を付けちゃうだろう。映画化は楽しい。

全てを映画化してやろう

大体ノリは判っていただけたと思うので、こんな感じで作った映画化を見ていただきたい。
ターミネーター2のセリフである。
ターミネーター2のセリフである。
俗に言う死亡フラグだ。
俗に言う死亡フラグだ。
猛獣に襲われるとこ。こういうのはテレ東の『午後ロー』っぽい。ちなみに11月の木曜日はトレマーズ特集だ。
猛獣に襲われるとこ。こういうのはテレ東の『午後ロー』っぽい。ちなみに11月の木曜日はトレマーズ特集だ。
干物も映画的に見ると違って見える。
干物も映画的に見ると違って見える。
有名なセリフも台無しだ。
有名なセリフも台無しだ。
じゃれ合う外国人旅行者家族がMr.BOO!っぽく見えてくる。 ウォーデイリィバァーターコンツァイ♪
じゃれ合う外国人旅行者家族がMr.BOO!っぽく見えてくる。 ウォーデイリィバァーターコンツァイ♪
フルメタル・ジャケットである。
フルメタル・ジャケットである。
アイスばっか食うから太るんだ。
アイスばっか食うから太るんだ。
ジェダイ(すごい人)になるのも簡単だ(何事も言い切ることが大事だ)。
ジェダイ(すごい人)になるのも簡単だ(何事も言い切ることが大事だ)。
鬼瓦がダース・ベイダーみたいに見えてくるだろう。
鬼瓦がダース・ベイダーみたいに見えてくるだろう。
『実は父親カミングアウト』って、定番の設定だと思うので色々と映画化してみた。
こんな父さんは可愛すぎる。
こんな父さんは可愛すぎる。
こんな父さんは嫌すぎる。
こんな父さんは嫌すぎる。
こんな父さんは切なすぎる。
こんな父さんは切なすぎる。
父だし追いかけるし午後のロードショーだ。
父だし追いかけるし午後のロードショーだ。
もうちょっとこんな調子で遊びつつ、簡単にこういう写真を作れるアプリを作ってみたいと思います。

白黒にするとお洒落だ

白黒映画とか、却ってお洒落に見えたりするだろう。だから白黒にしてみた。
なんだこのおしゃれ感は。
なんだこのおしゃれ感は。
もう、完全に映画である。映画化決定である。全米初登場1位間違い無しである。

でも僕が写ると、途端にバカみたいになる(ほっとけ)。
最近はパフェのことをパルフェとか言うらしいんすよ。
最近はパフェのことをパルフェとか言うらしいんすよ。
白黒映画の時代からしたら2013年ってとんでもない未来だ。まさか普通に綿のTシャツ着てるとは思わなかった。
白黒映画の時代からしたら2013年ってとんでもない未来だ。まさか普通に綿のTシャツ着てるとは思わなかった。
白黒にすればこんな都庁だってアリに見えてくるだろう。だって白黒時代だし。
白黒にすればこんな都庁だってアリに見えてくるだろう。だって白黒時代だし。
上杉謙信だって母親がいたし、ハンバーグだって(もし食べたら)好きになるに違いない。
上杉謙信だって母親がいたし、ハンバーグだって(もし食べたら)好きになるに違いない。
ちょっと映画化関係無くなってきた。でもこのまま続けちゃう。
登ったは良いけど降りられないって事、よくあるよね。
登ったは良いけど降りられないって事、よくあるよね。
ドラクエ映画化である。そして竜王。猫だけど。左にいるのはローラ姫。
ドラクエ映画化である。そして竜王。猫だけど。左にいるのはローラ姫。
実は見てないんだけど。
実は見てないんだけど。
さっきの降りられない人、父さんだったのか!
さっきの降りられない人、父さんだったのか!

楽をしたいのでアプリ化だ

これまでの写真は例によってPhotoshopを使って作った。正直めんどい。なのでアプリを作って楽をしたい。この展開、以前もやった。そう、ボラギノールの時と同じ展開である。
よくある映画に出てくるハッカー的セリフ。こんな機械で開発してます。
よくある映画に出てくるハッカー的セリフ。こんな機械で開発してます。
そういえばあの時配布したボラカメラだが、Appleの審査は何度やっても通らなかったしiPhoneのOSが新しくなったら動かなくなった。そこで新しく作り直した。ソースコードを配布するので、開発環境を持ってる人はダウンロードして遊んでください。

ボラカメラのソースコードはコチラ
出来たアプリはこんな画面である。色々雑だが動けばいいんだよ、こんなのは。右の画像部分をタップすると字幕編集画面が開きます。
出来たアプリはこんな画面である。色々雑だが動けばいいんだよ、こんなのは。右の画像部分をタップすると字幕編集画面が開きます。
字幕は選んで適当に編集すれば簡単に入れられる様にしてみた。横着機能を考えるのは得意です。
字幕は選んで適当に編集すれば簡単に入れられる様にしてみた。横着機能を考えるのは得意です。
黒帯のサイズは4種類。ビスタ、アメリカンビスタ、午後のロードショー風アメリカンビスタ、シネスコで選べるようにした。

次のページで実際に使ってみます。

黒帯カメラを持って外に出た

アプリは3時間くらいで出来てしまった(細かい部分で色々手抜きしてます)。出来たら外で撮影だ。世の中全てを映画化してやろうじゃないか。
エイリアン2で出てくるビショップというアンドロイドのセリフです。
エイリアン2で出てくるビショップというアンドロイドのセリフです。
花壇に立つ銅像は、手を取り合っていがみ合う。
花壇に立つ銅像は、手を取り合っていがみ合う。
公園ののどかなシーンが一転、プレデター潜むジャングルである。
公園ののどかなシーンが一転、プレデター潜むジャングルである。
鴨も父親カミングアウト。
鴨も父親カミングアウト。
ピクトさんも映画出演。
ピクトさんも映画出演。
僕が外に出るのは大体夕方です。
僕が外に出るのは大体夕方です。
多分20年後もこういう風景だと思う。
多分20年後もこういう風景だと思う。
猫がブルース・リー化。
猫がブルース・リー化。
ボロボロのポストが切ない。
ボロボロのポストが切ない。
豚肉はやっぱ切ない。
豚肉はやっぱ切ない。
黒猫が恐い。
黒猫が恐い。
唐突ですが、坊主にしてみました(筆者近影)。
唐突ですが、坊主にしてみました(筆者近影)。

どんどん映画化していこう

さて、黒帯カメラというアプリを作って遊んできたが今回もソースコードを配布するのでダウンロードして自分のiPhoneに入れて遊んで欲しい。字幕データはscript_jp.txtに入ってるので適当に書き換えて使えばいいと思うの。

黒帯カメラソースコード

ボラカメラソースコード


面白く映画化出来たらTwitterとかfacebookに投稿しようぜ!なお、動作にはiOS7とカメラ付きのiOS端末が必要です。
<もどる ▽デイリーポータルZトップへ

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ

↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓