特集 2013年11月8日

切れかかった蛍光灯「息切れ蛍光灯」を愛でる

赤ら顔の親分

古い商店街アーケードにいた息切れ蛍光灯。「赤色巨星」と同様、こちらもぼくが見たときは点滅していなかった。この状態の後に点滅期がやってくるのか、これの前なのか。あるいは点滅するケースと、最後までしないケースがあるのか。

ともあれ、この蛍光灯、最期が近いとはいえあまり悲壮な感じがしない。それはきっと、これがLEDに変わることはなくこのままずっと蛍光灯なんだろうな、と思わせる周辺の環境によるのだろう。後ろに煌々と明るい若い蛍光灯の列を従え、まるで何代目かの親分のようだ。
<もどる ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ

↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓